twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#寝具と羽織る

9/

6

ショール ウィズ ポケット

LAPUAN KANKURIT

酒井の腰巾着

僕はスタッフがどんな物を 買っているのかが気になります。 それは他店でどういった物を買って いるのかという事ではなく、 スコープ取扱品のどの辺を皆が買い 愛用しているのか?といった所です。 スタッフの多くが愛用している物、 スタッフの多くが買っている物は、 実際にとても人気になるからです。 だから在庫を積んでおいた方がいい と判断する一つの指標になります。 そんな風な眼鏡でスコープ事務所を 見渡してみると、一番目立つのは 厚い暑いヤツ。7席あって6席にある 毛布やショール、そんな冬物語。 ちなみに今は9月初旬、まだ夏です。 遡って7、8月でも状況は変わらず、 つまりは真夏であっても、 そこにthoseはあるわけです。 夏といえども体感温度の違いから 毛布・ショールが必要な時代となり 大冷暖時 続きを読む

5/

19

USVA リネン

LAPUAN KANKURIT

USVAリネンが何時間で乾くのか「待つ」という仕事。

佐島でのスコープ動画撮影も、 無事?クランクアップした 4月下旬の撮影合宿最終日、 暇を持て余した俳優オシボリユウジが USVAリネンが乾くのを待つ。という仕事を 誰もリクエストしてないのにやってくれた。 そういえば昔、ドモホルンリンクルのCMで 滴り落ちる水滴をただ見ているだけの 「待つという仕事」というのが 衝撃的だったけど、それと同じくらい 羨ましい仕事がこんな身近にあるとは。 と、羨ましがっていたら思い出した。 実は2年前に私も同じような、というか 全く同じ乾く実験をしたことを。 私の方が「待つ仕事」の先駆者だった。 直属の上司を、暇呼ばわりして 本当にどうも申し訳ございません。 毎日、敷くわ、掛けるわで大活躍中、 洗う暇ナシ!に思えるUSVAリネンを、 普通に洗濯すると、乾くまでに 続きを読む

LAPUAN KANKURIT / USVA リネン

4/

21

USVA リネン

LAPUAN KANKURIT

冬をしまって夏をだす

そろそろウールのセーターや ウールのズボンやウールのマフラーや ウールのカーデガンやウールのスロー ああ毛布もいらないよなって 周りからシャチョウなんだか 変わった匂いがしますねって 体臭気になる指摘を3日連続で頂戴し 夏なんだなーって実感しちゃったから 物の入れ替えをしました。 クローゼットの高い所に上げてあった 茶箱40kg平を下して蓋を開けたら 半ズボンと大量のTシャツとUSVAが 出てきました。USVA!ラプアンのリネン。 冬はエコラ、夏はウスバにお世話になり ますスコープライフです。 ずっと長いことタオルケットを 開発しなくては!と何年も苦労を続けて きましたけれども、これが登場する事で なんか、もういいのかなってなった物。 だから、つまり、家のタオルケットが これに置き換えられた 続きを読む

10/

9

巻いて巻いて!ミナ ペルホネン

スタッフ成戸が、ミナ ペルホネンの ストールを首に集中的に巻いていた。 巻いて、巻いて、 マフラーみたいに使うといいんだな。 私は巻モノをオシャレに巻くのが 苦手だから、大抵は肩にかけるか、 回してもせいぜい一回転。 まてよ、最近はフィギュアだって 三回転は当たり前じゃないか。 もっと積極的に巻いてかないと。 が、これだけは悠長にしてられない。 ミナのショールはいつ発売ですかー? と、問い合わせも多いと聞いたから 販売開始までに柄を選んでおこう。 そして今年は、首集中巻きデビュー してみようじゃない。 あっ、私の場合、 むちうちか?って言われる可能性も あるなー。それあるわー。 続きを読む

9/

16

スロー、ブランケット

ECOLÃ

ブランケットをいろんな特徴で比べてみました。

ブランケット、いろんな種類があるけど、実際どれがいいの??という疑問を持っている人は少なくないはず。しかし、どれにもそれぞれの特徴があるし、人によって気になるところも色々。ひとえにこれがいい!というのはとても難しいから、いろんな特徴で比べてみました、4種類。自分に合いそうな一枚はどれか…ぜひ参考にしてみてください。 ECOLÃ SINGLE : COB TRICOLOR 化学染料を使わず羊毛そのままの色を使用、洗浄も自然の湧水を使うという最も純粋な毛布。どのブランケットよりも素材に近いECOLAは、とにかくなにより暖かい。ただしチクチクや羊の臭いもあるし、使っていると毛玉もできてくるから、人によって合う合わないはあります。だけどほんとにあったかい。 約1350×1800mm 約1550g 原 続きを読む

ド☆メジャーなビーチ

7/

7

USVA リネン

LAPUAN KANKURIT

リネンマルチタオルを海に持って行ったら、フルコースで使えた。

梅雨の晴れ間に、浮き足立って出かけた海。 到着してみると、天気は良いけど 海は白波が立ち、風が猛烈強かった。 乾いた砂浜の砂が、肌を叩きつける。 痛い! 風速12メートルの風が、体温を奪う。 寒い! 『日除け』のつもりで持って行った ラプアンリネンマルチタオルで 顔以外の全てを覆い隠し、 アラビアのロレンス状態になり、 吹き付ける砂嵐の中 子供の一人遊びをただ見守る。 これがなければ、 即・撤退したことだろう。 砂避けと寒さ避けに 心から本気で助かった。 そして帰る時も、リネンは良い。 海で使ったタオルを、 帰りの車内で肌掛けとして使いたい時、 バスタオルだと、パイルの中に 砂が入り込んでしまうから、 時間差で砂がパラパラパラパラ。 リネンだと、バサッバサッとすれば 砂はほとんど落ちる。 車 続きを読む

私の番ですか?

5/

19

【3日目/前半】ECOLA 羊の刈取り

羊の毛を刈る現場を見に行ってきました。 冗談でINTO THE WILDなんてタイトルを付けたら 本当にワイルドな流れになってきた。 1年経つと、↑これぐらいの毛の量になるので、 5月頃の晴れて乾燥した日に刈取りされます。 刈取りは1年に1回。オオカミに噛まれたり 病気してたりする羊の毛は刈らない事もあって その場合は2年後に。でも2年すると毛が固く なるから、使えないそうなんだけど。 ちょっとかわいそうにも見えるんだけど、 脚を縛るのは羊が暴れて怪我をしないためだそうです。 とっても重要で、縛らないと死ぬ時もある って言ってました。 実際、刈る側も怪我するかもしれないですしね。 そして、これは超重労働。 薬を注射して羊の毛を簡単に抜く?方法を 採用したくなる気持ちもよくわかる。 僕の力じゃ 続きを読む

食べ放題

5/

19

【3日目/後半】ECOLA 羊の放牧

草をただのんびり食べてる羊の皆々さま。 羊飼いと犬に連れられ、 場所移動しているところ。 団体行動はお得意な模様。 非常にまとまりがあります。 移動した先は色々な花が咲く、 めちゃんこ綺麗なお花畑的場所でありました。 くーるー! 最高に気持ちいい! 本当に気持ちい! 知らない人間からは逃げる羊&ヤギですが、 こいつだけは僕に近づいてきました。 ちょっと変わってます。 続きを読む

ほっ。

5/

18

【2日目】 取材に来て取材されるぅ~の巻

ストライキの影響で飛ばないかも? と聞いていたポルト行便ですが なんの問題もなく予定通りに飛んでくれました。 セーフ!です。良かった。 空港に到着するとエコラのアントニオさんが 待っててくれて一緒にタクシーでマンテイガスへ。 今回は取材なのでスコープチームは総勢4名! スーツケース6個に手荷物4個という超大所帯!! で、アントニオさんとタクシーの運転手さんだから 凄い密度!(笑)窮屈ではありますが 乗れてよかったの気持ちの方が圧倒的に強い。 どうしようもなく乗れなかったら どうなったんであろうか(笑) 帰りのタクシーは同じ車を確実に予約しておかないと。 マンテイガスに大きなタクシーはこれ一台のみって 聞いているので。 マンテイガスヘ140kmで疾走中! でも、丁寧な運転だから気持ち良い。 高 続きを読む