twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#チーズボード・ナイフ

12/

15

アンチョビとバターと東屋のカッティングボード

何回言うねん、しつこいわ!と 怒られるかもしれないけど、もう一度。 バゲットにカルピスバターと カンタブリア産アンチョビのせると美味です。 スコープの撮影でも定番化していて、 まさにスコープあるある、バゲットに アンチョビバターのせがち~どんだけ~。 ただ、その時に バゲットをのせるチーズボードが 雰囲気はいいんだけど小さい。 美味しいからバゲット消費スピードマックス、 すぐに補充が必要となってしまう。 カットしたバゲット1本ぐらいのらないもんか。 もちろんチーズボードにそこを求めるのも おかしな話で、それは小さくて当然。 チーズや果物を切るのには ベストなサイズだから、それはそれでいい。 では、大きいのを作ろうよって 東屋さんに話そうかと思っていたら、 先方から『大きなサイズを作って みた 続きを読む

7/

16

カンタブリア産アンチョビ+厚めに切ったカルピスバター+フランスパン

東京のイタリア料理店で最初に出てきた アンチョビが乗ったパンが美味しくて、 しかも、簡単そうだったからと、 シャチョウが素材と作り方を お店の人に聞いてきてくれたので、 今日の撮影ランチで再現してみた。 フランスパンに、 厚めに切ったカルピスバターと カンタブリア産アンチョビフィレをのせる。 これがレシピ。簡単。 知ってます。 簡単なレシピは素材が勝負。 カンタブリア産のアンチョビとやら、 調べてみたらアンチョビ界の最高級。 そんじょそこらでは手に入らない、 頼みの綱、成城石井にもおいてない。 ということで、お取り寄せでゲッツ。 ゲッツしてくれたスタッフに 「一缶、いくらだった?」 と下品な質問を投げかけてみたところ、 「教えませんよ。」と言われたから お値段、お察し申し上げておきます。 こ 続きを読む

6/

22

東屋のチーズナイフで果物を切ったりできた。

刃付けされてて、果物も切れるから 刃物好きにも結構注目されてんだ、 なんて話を聞いたのは随分前の話。 それを取材で話しちゃったから、 流れでやってみせる事になった時は、 冷静を装ってましたけれども、 心内ドキドキ、内心ソーリーでした。 いつもやってます。 そんな雰囲気を醸してましたけど、 最近、果物の皮、剥いてないもんで。 でも結果オーライ。うまくいった。 小さなナイフが使い易く助かった。 そしてチーズボードにチーズナイフ、 果物のバランス、その見え方が とても綺麗で気に入った! 食事が終わると果物が出てきて 母親が剥く側から、皆で食べていく。 デザートって感じでもない 食事の延長線上、なんか思い出す。 チーズボードとチーズナイフを使って 食後の果物ってのもいいもんですねぇ。 昔はフルーチェ 続きを読む