• カート

ヌータヤルヴィで僕が吹いたガラスが到着しました。

多分船で来るから、到着は5月末ぐらいかなぁ~なんて思っていました ブツが届いちゃいました。エアーで送って頂いたみたいです。感謝です。 何が届いたかと言いますと、 2月の北欧出張でヌータヤルヴィへ行き工場見学。 その後オイバ・トイッカ様も同席して頂きながらのディナー! とゴージャスでスンゴーク楽しい1日を過ごす事ができたわけなのですが、 ディナーの時、参加者全員に1つづつガラスを拭かせてくれたのです。 その時のブツが届いたんです! 僕が作りたかったのはコレ↓もうこれが頭の中を占拠してた。 だから、Kartioみたいなスカッとした大きめのボウルが作りたい! とリクエスト。カラーは、やっぱスコープだしブルー! もう、この時点でHPの真中にあるブルーのボウルが完成してくる イメージもりもり!夢はモリモリ、森脇健司なんです。 だって吹くと言っても、僕らはほんとに言われるがままに吹くだけ でして、あとは全て!ヌータヤルヴィのガラス職人さんが作って くれるわけですから、できちゃうでしょ~。って思ってました(笑) 通訳はヌータヤルヴィで働く日本人のみつるさんですし。 そしてほぼ完成し、これでOKですかの確認があったのですが・・・ アレ?ちっ違う。全然違う。 これじゃない。これはKartioじゃない。 本心ではNoなのですが・・・ 残念ながらNoといえない日本人代表の僕。 ついつい、通訳してくれてる、みつるさんに 『OK』って伝えちゃいました。 みつるさんも 『いいですか?まだ修正できますよ?いいですか?』 って凄く何度も聞いてくれたのは彼も違うだろーって 思ってたんだろうなぁ(笑 先頭バッターだったし、何かやり直すのも申し訳ないような、 実際どこまでやって貰えるのかも、できるのかもわからなくて、 出た言葉は『OK』だったわけです。すみません。根性ナシで。 その後、参加していた日本チーム、アメリカチーム、韓国チーム、 イギリスチーム、あとイッタラチームと総勢15人が吹いたわけですが どんどんリクエストはハードになっていく。でも全部言ったとおりに なっていくわけですよ。 作品が出来る度にヘコム。 みつるさんは凄く気にしてくれて 『今度は工房借りておくので、またヌータヤルヴィに来て下さい! 日曜日にガラス吹きましょう!』って励ましてくれるしー。 おーーーみつるさん、名古屋へ来てくれたら僕も全力でパァーーっと 驕りますよ!僕は心も友だと思っております。いい人です。 でもホントまた行きたいなーヌータヤルヴィへ。 そんなこんなで思いでマルケな僕のガラス初作品。 今見たら、それなりにナイスな出来なんじゃん!なんて思います。
そして。このガラス製品をシッカリバッチリかっこよく撮ってくれ! と言うリクエストに応えて、頑張って撮ってくれたノッチ&ズッキー ご苦労様でした(笑

text:シャチョウ