• カート

ミムラ夫人(Mymble’s mom) (ムーミン 20ストーリー)

ミムラ夫人(Mymble’s mom) RARE LEVEL:☆ 2012- 2012年に発売されたばかり。 ミムラ夫人の子どもはなんと36人! 『ムーミンパパの思い出』(講談社)の ラストシーンにチラリと登場、 スナフキンとミイがきょうだいだという 衝撃の事実を明らかにしたミムラ夫人。 日本語では「ミムラ夫人」ですが、 正確には「ミムラの婦人」、 英語では「ミムラ母」です。 マグにも描かれているとおり、 少なくとも36人の子だくさん! ですが、ミムラ夫は存在せず、 スナフキンとミムラ&ミイが 異父きょうだいであることからも わかるとおり、 お相手は複数いたようです。 (あまりに次々と生まれるので、 ひとりでに子どもができる 単為生殖なのではないか!?という俗説も 囁かれているほどです)。 マグに使われている絵は、コミックス 『恋するムーミン』(筑摩書房)収録の 『家をたてよう』で、ムーミン屋敷に 17人の子どもを連れて押しかけた エピソードからの引用。 コミックスでは、このときが ムーミン一家とミイの初顔合わせです。 ミムラ夫人の子育てはダイナミック。 叱るのが嫌いで、 子どもたちがケンカしても ちょろっと水を掛けてお終い。 ムーミンママは台所を荒らされ、 ムーミンは部屋を占拠されて、大弱り。 困り果てたムーミン一家は策を巡らせ、 なんとかお引き取りいただくものの、 こっそり隠れていたちびのミイが 居すわってしまいます。 ムーミンパパが電話をかけますが、 「子どもに不自由はしてないから」と ミムラ夫人は引き取りを拒否。 ミイはムーミン屋敷で 暮らし始めるのでした。 さて、ターコイズブルーが爽やかな ミムラ夫人のマグには シリアルとフルーツ、 ヨーグルトを入れてみました。 子どもが何十人いても 手間なく食べさせられるシリアルは 忙しい朝にぴったり。 ヨーグルトではなく牛乳で さらさらと食べてももちろんOK。 マグでは物足りない方は 同じ絵柄のボウルで召し上がれ。 text:萩原まみ(too)

text:シャチョウ