• カート

ユハンヌス

毎年6月20日~26日の週末は
ユハンヌス(夏至祭)なのだそうです。

ユハンヌスには、自分のサマーハウスや実家でのんびり過ごすべし!
ってことで、レストランもお店もほとんどが閉まってる。
だからヘルシンキに来ても何もすることないし、誰もつかまらないだろうし
レストランもお店も開いてなくてきっと困るから来ないほうがいい。
そう聞いてたんだけど諸事情から狙ったかのように
ユハンヌス ベタヅケでヘルシンキへやってきました。

そしたら竹山ちゃんが教えてくれたんだけど
ヘルシンキっ子が毎年楽しみにしているコッコ(焚火)なイベント
セウラサーリ島の夏至祭の日だった。ヘルシンキ到着間もないんだけど
24番バスに乗っていってきました。
 
到着したのは7時。小さな焚火には点火されてるんだけど
メインの焚火に点火されるのは10時と3時間後。
更に、雨も激しくなってきて、日本時間でいえば既に深夜だから
ふらふらしてくるし、眠くなってくるし、腹もへってくる。
これから、ここで3時間は無理だ by 爆風スランプ。

そしたら、民族衣装に身を包んだ方々が現れた。
 
それを見たら何だか満足しちゃって
結局島には入らないで帰りました。滞在時間20分。

もう少し余裕があって、雨も降ってなかったら
酒飲んで泥酔して完全なる卍解だったんだけどなー。
そんで次の日は痛風全開だったかもしんないけど(笑)
セーフ!ぎりセーフ!

text:シャチョウ