ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

7/

19

ROYAL

Holmegaard

終わって、また始まる。

高校を卒業して 友達が大阪の大学へ入学した。 その最初の夏休み、 地元で数カ月ぶりに会ったら 妙な大阪弁だった。 ほんまぁ~おれ大阪弁? むっちゃ楽なんやわー。 その妙な大阪弁を聞いた時、 何だかチョット遠い物を感じた。 それ以来、なんでだかそんなに 会わなくなってしまった。 そんな風に少しの事で 終わる事もあるけれど 終わってまた始まる事もある。 仲の良い大学時代の友達から 久しぶりに電話があって 遊びに来ることになった。 それは結構嬉しい事だったから 近くに住んでる友達にも連絡し 張り切ってお酒の準備をした。 久々に会う友達は、何だか 昔と違ってギラギラしていた。 ではあるけれど友は友である。 お酒を酌み交わしながら 昔話に話を咲かせれば、なんだ 何も変わってないじゃないか。 そう思った 続きを読む

5/

31

コップ、ステム

東屋

海の上で、騒ぐ人たち。

全くそぐわない人間でも、ここに足を踏み入れると、 とたんに気持ちが解放されて、はしゃいでしまう。 海に面した、絶好のロケーションだから、 多かれ少なかれ、そんなところもあるだろう。 しかし、今日のそれは、少し度を越している。 それは、極度の緊張状態を乗り越えた、オシボリユウジが トム・クルーズ張りの名演技をやってのけたから、かもしれないし、 ティーマのロングプラターに、イタリアン3種盛りしてみっか、という、 シャチョウのアイデアが、案外いい感じにまとまったから、かもしれないし、 まだ4月というのに、いい大人が冷たい海に飛び込んで、 プールの後みたいな、心地よいけだるさに襲われているから、かもしれない。 否、そのどれよりも、大きな引き金となったのは、このグラスだ。 パーティー始まりの合図に、チーンと鳴らした音が 高く澄んで、心地よく海に響いたから、 まだ一口も飲んでいないうちから、出来あがってしまった。 カチンと、スイッチが入ったのだった。 京都の丹波で作られるグラスは、職人によって、 一つ一つ丁寧に成形して作られる、揺らぎのあるグラス。 少し無骨な佇まいは、信用できる骨董屋に並んでいるような、 大物ヴィンテージグラスの雰囲気すら漂っている。 適度な重みと厚みで、手にしっくりとなじんで、 いいグラスで酒を飲んでいる、という満足感もある。 一週間続いた合宿の最終日。 『ルネッサーンス』なんて、ベタなギャグが飛び出してしまう程に、 私たちは完全に浮かれているんだけど、どうかここは目をつぶってほしい。 よそ者だなんて、笑わないでほしい。 海にせりだしたこの空間で、湘南の風を浴びた私たちは、 少しばかり、バカになっているのだから。

4/

12

Kartioタンブラー・ハイボール

iittala

上司の顔に、水をひっかける。

カルティオグラスの撮影中に『じゃあそこで水、かけてみよっか。』の声。少し戸惑いをみせつつ、監督が言うなら仕方ない。そこは思い切ってやる。かける方も、かけられる方も、その周りも、演者はずぶの素人。ただカメラを握る監督が、プロなのだ。だからそこは、言われたことに忠実に、全力で臨むしかない。するとそのうちに、正体不明の役者根性が顔を出し、おかしな空気が漂いはじめるのだから、まったく、なにをやってるんだか。こらえたけど、我慢できずに少し笑ってしまったこと、それが心残り。 一番最初に買ったイッタラの商品、それがたしか、カルティオだったと思う。この何の変哲もないグラスを手にするということが、おしゃれ人間への第一歩のような気がして、そして、そういうことがわかりはじめた自分にも、少し満足していた、若かりし日 続きを読む

スツール 60 アルテック

3/

31

景色に合う家具

とりあえずの家具はアルテックのスツール60だろう。これがない生活というのは最早考えられない。座るだけではなく、床族化すれば小さなテーブルとしても使える。注意したらば踏み台としても、、、ダメなんだけどネ。複数個並べれば、それなりに飲み会も可。不要な時はスタッキングしておけば場所もとらない。毎日、絶対に使う物ではないのだけれど、あると安心で、ないとそれは困る。神戸の新しいマンションへも、とりあえず3個持ち込んでみた。さてさて、やっと物の入れ込みが終わった。テラスの向こうに夕陽が見える。そんな新しい景色を眺めながら、スツール60をテーブル替わりにお疲れサン!と一杯やる。その時にフッと気づいた事がある。テラス近くだったり、テラスだったり、外が広く見える場所にスツール60はよく似合うんだなぁって。神戸 続きを読む

六寸皿 印判鳥獣五画

3/

30

結局これナンダ

神戸のマンションは床が杉、洋的にカッコつけた内装だけど杉ちゃんです。そこが少し珍しく、少し面白い。そして何だか落ち着くのだ。無塗装の杉は柔らかく、簡単に凹む。だから床材に使われることは少ないらしいが、洋の中に少しだけ和が持ち込まれ、雰囲気も少し和らいでいるから悪くはない。すべてがすべて僕らの住む場所が北欧スタイルであったり、いや、洋風であったりすると、少し行き過ぎた感じ、つまり本物でない感じが出てくるのは残念ながら否めない。ここは日本だぜ!って事だろう。だから杉の床は良かったんだ。そして手持ちが全て洋食器だと、なんだか行き過ぎてしまうから、多少なりとも和食器を組み込みたくなる。となると、まずは此れクラウスの六寸皿。和食器としても洋食器としても使える。使えばわかるけれど、今の僕らの生活で最も使 続きを読む

クラウス ハーパニエミ クッションカバー

3/

29

硬くても寒くても床派

床にゴロゴロと横になるのが好きだ。どうしようもない堕落具合、救いようの無い無気力感、ゴロンと横になると、体からたちまちドロドロしたものがあふれ出して、立ち上がれなくなる。そうなったら半日捨てたようなもの。そこにクッションがあろうものなら尚のこと。そして実際に、僕はそうして、休日の大半を過ごしてしまう。それが自分にとっての自然な使い方だから、神戸のマンションにもクッションを持ち込んだ。日の入る暖かな窓辺は、クッションスペースにもってこい。太った猫のように、いやトトロのようにゴロゴロするのが、今から楽しみで仕方ない。その前に、どこから入ってくるのか見当もつかない、大量のカメムシを駆除せねば。『このクッション、どうするんですか?』と不思議な顔をして運ぶスタッフに『その辺に置いておいて』と指示だけ伝 続きを読む

クラウス ハーパニエミ ハサミ

3/

28

僕には好きなハサミがある

今まで自分がどんなハサミを使ってきたかなんて、ハッキリとは覚えていない。ハサミでもカッターでも近くにある物を使ってきたから、こだわりなんて持ち合わせていなかったのだけれど、クラウス・ハーパニエミがプレゼントしてくれたフィスカルスのハサミを使い始めて、あぁ、そういえば気に入ったハサミに出会った事が無かったんだと気が付いた。それで意識したからかハサミが近くにあるというのは実に便利だと沁みている。自分なりに気に入った物に満たされた生活だとは思っていたが、まだハサミという余地があったか。ここ最近はハサミがないと、どうにも不便で敵わない。そして、ここまで個性的な物を好きになってしまうと代用も聞かないから廃番なんてのは大問題なのである。それで別注した。そう、このハサミは廃番なのだ。フィンランドのフィスカ 続きを読む

アンド トラディション スピニングライト

3/

25

静かな夜への第一歩

もうずっと前から、明る過ぎる部屋に嫌気がさしている。海外の家や、ホテルじゃ、それぞれの生活や活動範囲にあった照明が設えてあって、明かりの緩急が陰影を作り出す。なのに日本はというと全部がのべっと非常に明るい。そもそも、日本も行燈みたいなもので、部分的に灯りをとっていたはずなのに、いつからこうなってしまったのだろう。僕が最初にこの照明を見たのは、コペンハーゲンのイルムスだった。そこで気に入ったものだから、何年も前に初代スコープアパートメントの備品を選ぶ際、少々ルール違反ではあったけれども組み込んでみた。それ以来、ずっと愛用し続けている。そして遂に僕が望む条件にて取り扱いできるようになった。二代目スコープアパートメントin神戸にも、この照明を持ち込んだ。ずっと続いていくってのはイイネ!次はフロアラ 続きを読む

東屋 銅のやかん

3/

24

湯沸かし一番

お湯を沸かせなければ、何も始まらない。お茶もコーヒーも、カップラーメンもペヤングも作れない。それはカナリ、心細い。逆にお湯を沸かす事さえできれば、とりあえずは安心できてしまう。それも、なんだか少し可笑しい事なのだけれど。新しい場所で、まず新しい薬缶を箱から取り出し、包みをはがし、そして綺麗に洗い流して、お湯を沸かす。しばらくすると口から勢いよく湯気が吹き出す。こうして毎日使い、この薬缶もよい雰囲気に育てていきたい。電気ケトルをコンセントにつなげる時、こんな気持ちにはならないのダナ。何年先も一緒にいることを見据えて手にする道具は一味違う。この薬缶は口がすぼまっているから、そっと注げばドリップもうまくいく。家でも毎日これでコーヒーを淹れている僕は、薬缶に合わせた微妙な腕の角度も習得し、これでもう 続きを読む

東屋 ふきん

3/

23

拭くは避けて通レヌゆえ

新居に荷物を運び入れるのと同時に、新しいMQクロスとふきんを下ろした。新生活に何が必要かと吟味する以前に、新しい物を洗い、新しい場所を拭く、拭くは避けて通れない。まさにトイレットペーパーと同じレベルでMQクロスとふきんが、僕には必要だ。照明を箱から取り出す人、新品の食器を箱から出し洗う人、それぞれ自分の仕事を見つけセッセと働いている。サボっていると思われるのも癪だから、僕もMQクロスを手に、椅子を拭く、棚を拭く、窓を拭く、拭き奉行として、きれいさっぱりいろいろ拭いてやった。掃除は正直好きではないけどMQクロスでの拭き掃除に限れば嫌じゃない。窓ガラスが簡単に綺麗になり、効果がストレートにわかるから、単純な人間ほど癖になる。台所にはふきんを下ろした。パリッとした新品を、繰り返しお湯で洗い流して糊 続きを読む

アビルド キッチンタオル

3/

18

MANYキッチンタオルず

新しいキッチン、新しいキッチンタオルの上に、洗われた新しい食器がならんだ。洒落た水切りカゴを必死に探していた頃もあったけれど、思い付きで始めたキッチンタオルの上に洗った食器を並べて乾かすという方法が、どうも生活に染み付いてしまった。そして不服がない。キッチンも広く使えるから、これでいいんじゃないかとすら思っている。水切り籠があると調理スペースが狭くなって邪魔そうだし。そして、もう一ついい事がある。キッチンタオルが洗濯中だと食器を乾かせないから枚数が増える。枚数に余裕があれば、良きパートナーが洗って並べた傍から別のキッチンタオルでふき上げ、食器棚へ仕舞う、なんて事も可能になる。あっという間に食器が片付くのは気持ちがいい。だから、もうこれでいいんじゃないか。グラスを伏せておくと中が曇って乾かない 続きを読む

印判 茶碗 東屋

3/

17

まずは必要な分だけ

外食なる日々、洋食ばかり食べていると体の中に肉と油が詰まり、自分がソーセージになっていくような感覚が芽生える。だから僕はいつでも和食が恋しい。そして神戸にも和食器を持ちこんだ、まずは最低限の品数にて。料理も食器もまずは質素に必要な分だけを。花茶碗と漆椀、そして東屋の木箸。これでとりあえずは困らない。漆碗も木箸も、安物はいくらでもあるだろうけれど、直接口をつけるものだから、価格ではなく素材を大事に選ぶ。木箸は磨きだけで艶を出し妙な塗装はしておらず、漆椀も木地に本漆であるから使い続けるうちに段々と艶が増していく。神戸のマンションは、床が杉、と少し珍しい。無塗装の杉は柔らかいから、床材に使われることはあまり無いらしいが、この床が和の匂いを少しさせている。北欧のもので少しずつ埋まっていく部屋が、どこ 続きを読む

俎板 東屋 まな板

3/

16

ボーダーではなく縦じまニテ

新しい俎板を箱から取りだし、キッチンには檜の香りが広がる。自然の清々しい香りは生活にも体にも心地よい風があり、なんだか不摂生な僕の体も浄化されているようで少しありがたい気すらする。出てないだろうけど、マイナスイオン効果か。東屋の商品は、まっさらな姿もいいけれど、使い続ける事が楽しみでいい。ただ、先の姿がまっくろくろすけ後悔と反省の日記、そんな残念な姿とならないよう、多少は気を掛けないといけない。とはいえ気を付けているのは使ったらすぐに洗って乾かす、加えて乾かす時の木目ぐらいだから、手間なんてことを感じる程じゃぁない。乾かすとき、その木目が縦になるように立てるのか、横になるように立てるのか。そこ、ボーダー好きな方々はご注意あれ。正解はボーダーではなく縦じまニテ。こういった良い素材を使い、余計な 続きを読む

鉄 フライパン 木屋

3/

15

打出しフライパン

木屋

最初が肝心デアル

食べて風呂に入り寝る、食べるのだから、料理することも必要、となると、なべやかん、そしてフライパンがいる。木屋の鉄のフライパン、新生活のお供にとてもいい日用品だ。ロウ引きの包み紙を広げ、さっと洗ったら、多めに油を入れ野菜くずを炒める。これから長年ご一緒する事になるフライパンとの最初の儀式。新しい物との少しヨソヨソしい距離感も、このステップを踏む事で少し縮まる。何事も最初が肝心デアル。最近はIHも多いから、此れを使えない場合もあるのだけれど、神戸のマンションはガスキッチン。これで存分に活用できるぞ、と少しホッとする。フライパンをじっくりと温めたら、じゃーっと勢いよく、クズを投入。ながーく芽が伸びた玉ねぎの端とピーマンの頭を炒めて、油をなじませる。食べられないクズなのに、こんなにいい音といい香りを 続きを読む

4040 テーブル スコープオリジナル

3/

14

オリジナルテーブル 4040

SCOPE

先回り心配症候群

新しい生活が始まる。まだ必要としていないのに先を予想して物を集めると、あれこれ沢山必要に思えてきて忙しくなり嫌気がさすのだけれど、必要になったら買うでいいんじゃないだろうか。先回りして心配し準備しても、あまりいい事はない。ただ最初からテーブルはいる。仕事もするし御飯も食べるから。でも、そのテーブルも先回りして心配すると、しっかり塗装されていて手入れが楽で、汚れも付きにくくて、木目も均一で節もない、そんな物に辿りつくのだけれど、それもあまりいい事はない。何もしてない厚い無垢材を使ったテーブルでいい、いや、それがいい。それが一番贅沢だ。良い食材を焼いただけですよ、そんな料理が美味しいのと一緒だ。逆にいえば、カビない腐らない永遠に同じ味の大根や肉なんて食べたくもない。無垢のテーブルを使っていくと表 続きを読む

サイド バイ サイド 鍋敷き

3/

11

なべやかんの居場所

気づいてしまった。TrivetはL寸があればいいってことに。こいつは無駄なく大は小を兼ねてしまう。だったらS寸はラインナップしなくてもいいんじゃないか。本当のところ、大は小を兼ねるという考え方は好きじゃない。普段使うにはこれで丁度いいのだけれど、大きいのが必要な時もあるカモしれないから…、そんなカモに備えることは、それを使うほとんどの時間を少し不自由にする。そしてカモな状況というのは、なかなかやって来ない。しかし、このTrivetは小さく使っても大きく使っても使い心地は同じだ。更にメインの使い道はL寸にある。S寸の利点が一つあるとすれば、それはキッチンツールキャニスターに入る、それだろうか。他はL寸で全て完璧にカバーできてしまう。神戸のキッチンはコンパクトなアイランド型。早速そこにTrive 続きを読む

ダンスク 鍋

3/

10

DANSKのサイズを選ぶなら

いろんな種類、サイズが次々と登場するDANSKの鍋。今までは2Lの片手鍋が一番のお気に入りだったんだけど、新しく出た3Lの深型、これがとても使い易いって事に気づいた。2Lサイズと直径は同じだから、置いた時の面積は変わらないし、見た目の印象もさほど違わないけれど、そのプラス1Lの深さが使っているとジワジワ効いてくる。野菜を丸ごとゆでる時、ほうれん草のような葉物をゆでる時、少し深いというのは便利だ。そして持ち手の対岸についている、フックのような小さい持ち手、これがまた水切りしやすく気が利いている。今、どれか一つを選ぶとしたらコレだなと思う程になり、神戸には人気のイエローを持ち込んだ。ナポリタン用のスパゲティをゆでるにも、この1L分の深さが効いてくる。沸騰したお湯にぱらぱらとパスタを投げ入れる時、 続きを読む

イッタラ カルティオ ガラス ボウル

3/

9

カルティオ ボウルは調理にも使うので

TEEMAシリアルボウルのガラス版、Kartioガラスボウルの使用頻度は高い。フルーツやヨーグルトを食べるのにも丁度よく、夏にはこれで冷たいスープなんていうのもやる。ビッ、ビシソワーズとか?そして食事の時だけじゃなく調理の時にも、その丁度良い大きさと、しっかりとした厚みからくる安心感のおかげで自然と手にしてしまう。スコープの撮影でも、野菜を下ごしらえしたり、切った食材を一時的に置く場所として使うのは大体これで、そんな風景をよく目にする。今日もナポリタンの材料、玉ねぎやピーマン、赤ウィンナーが、ボウルの中でフライパン行きを待っている。そんな様子もガラスだと清潔で気持ちがいい。でも、残念ながらイッタラでは既に生産終了。ティーマガラスボウルもカルティオガラスボウルもガラスボウルはどれもいいのに、ど 続きを読む

ドムスとチェア 69

3/

8

結局椅子は併用になる

チェア69とドムス。神戸にどちらを持ち込むか悩んだ挙句、両方にした。新スコープアパートメントはアアルト物をベースに構成しようと思いつき、チェア69にしたんだけど、がしかし、長時間それこそ丸一日、仕事で座っている事もあるのだからドムスは外しがたい。コンパクトでシンプル、邪魔にもならず、極スタンダードなチェア69、一方で座面も広く肘掛付き、ラウンジチェアに近い使用感すらあるドムス、どちらもそれぞれに良い部分があり、両方ラインナップしたのだ、ということを思い出し併用に納得する。それぞれの場所にはそれぞれのカラーをと思うのだけれど、器用ではないから結局どこも一緒になる。新しいマンションは、高台のてっぺんで裏は山に囲まれており、鳥のさえずりが聞こえるようなとても静かな場所。遠くに海が見える。ここで仕事 続きを読む

ツララ コートハンガー

3/

7

置く場所、掛ける場所

スコープアパートメントに到着し、まず最初にとりかかったのがTra-Raの組み立てだった。細い箱に収まる木の棒が数本、それでコートスタンドができるのだから、うまいことできている。割り箸を割るように、二股部分を開くのは思い切りがいるけれど、そこさえクリアすれば女子でも簡単。男子並みの日曜大工能力なんてのは不要。説明書とにらめっこすることも、ドライバーを手に途方に暮れることもない。まずこれを組み立てたのは、服の置き場所を決めるため。この季節はコートやマフラー、バッグと沢山のものを身につけているから、それらが部屋の中で散らばらず、迷うことなく収まる所が必要だと。それはこれからの生活でも言えること。身に着けるものは思った以上に多い。部屋の中にそれらをまとめられる場所を作る、そしたら部屋も整理される。シ 続きを読む

1 2