#OMK

7/

1

Nowhere but Sajima × scope

OMK

スコープ初の本は、他所むけ。

スコープがよく撮影合宿している、神奈川県佐島にある海辺のリゾート貸別荘 Nowhere but Sajima、好きが高じてとうとうコラボ。多くの日用品をスコープセレクトの日用品へ置き換えてもらいました。これから宿泊される方は、知ってる知らないに関わらずスコープの物に触れる事になる。それなら、スコープが選んだアイテムを紹介しつつのNowhere but Sajima 滞在レビューを、超個人的目線で書いてみようかな?そうやって、シャチョウが数ヶ月かけて完成させました。25タイトル、48ページのブック。別荘は週貸しだから、マックスでも年間で52冊しか必要ないじゃん?そんな事は良いんです。泊まった方が、佐島の想い出と共にこの一冊を持って帰ってくれたら。そして、泊まらなくても良いんです。スコープ本店の 続きを読む

4/

1

Nowhere but Sajima レビュー本

Nowhere but Sajima × scope

スコープが撮影によく使う、佐島にある貸別荘、Nowhere but Sajima。この場所、土地が好きになりすぎて、数ヶ月を費やし本を作ってしまいました。Nowhere but Sajimaで使うスコープの日用品を紹介しながらの、ここでの生活を通してのレビューらしき一冊です。

8/

26

ビンテージのカップ&ソーサーをいっぱい買いました。

ヘルシンキ出張2日目は、 ビンテージの買い付けデー。 シャチョウのお友達である ビンテージディーラーお2人の、 自宅&倉庫へ行ってきました。 ヘルシンキ出張で、私も買い付けに 同行させてもらえるのは初めて。 フリマやビンテージショップに 並ぶ前の宝の山を見られる機会なので 密かに楽しみにしていたのですー。 まずは自宅のベランダのサンルームに ビンテージ食器をストックしている ヘイッキさんの家からおじゃましますー。 楽しげな雰囲気の中、 値段の交渉をしながらしっかり数を揃え ちゃっちゃと進める玉木秘書。 気に入ったもので、数が揃うアイテムは 「カイッキ(全部)。」 「これもカイッキ。」と、 フィンランドワードで超高速決断。 次々にテーブルに積みあがる カップ&ソーサーのカイッキ分。 特にビンテ 続きを読む