twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#Sieppo

8/

30

Sieppo4

Birds by Oiva Toikka

フィンランドのフリマでシエッポを見かける事はあまりない。

スコープ別注sieppoもいよいよ第4弾。 いいんです。第3弾まで集めたら ある程度数もまとまるし、 ボディーカラーもサンド以外は 全部揃うようにシャチョウが 仕組んでくれたので、 あとは眺めているだけでも。 でも先日のフィンランド出張の時、 フリーマーケットでシエッポを 一度も見かけなかったこと。 やっと見つけたビンテージショップで おひとつ、350EUR前後ナリと 私には到底手が出せないくらいの 価値が付いていたこと。 出張中見つけたビンテージに比べて 自分の持っているスコープシエッポの方が 出来が良いように感じられ、 ひょっとして今のiittala職人さんの方が クオリティー高いんじゃないかい?! と思ったこと。 そんな事を現地で感じ、 日本でこんな身近にsieppoが 買えるなんてこ 続きを読む

6/

17

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

シエッポを沢山作った理由、つい、忘れておりました。

いよいよ第三弾となるシエッポ! ここまでくると、それなりに 数の揃った方もいらっしゃって その小さなシエッポの群れが バードを綺麗に飾ることを簡単に してくれ、バランスを取り易くして くれるという事実に気づかれる そんな方が既にいらっしゃる。 バード友の会掲示板に寄せられた コメントを見て僕は思い出しました。 こんなに沢山のシエッポを作った その理由が、なんだか 僕の中から抜け落ちていました。 シエッポの醍醐味。 それは数が増えると色合わせが どうというより、色々ある様が とても綺麗なのです。 ある程度数が揃うと、 適当に並べただけで絵になる。 更にサイズの違う様々なバードを 並べる時にも、複数のシエッポを 一緒に置く事で非常にバランスが とり易くなる。 バードフェスを開催し 僕の集めたビン 続きを読む

5/

16

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

夏が似会うリゾートシエッポ、ヤッベェゾ!

シエッポ折り返しましての第三弾!完全なる全力投球なぁ、ギミギミシェイクなぁ、夏を感じるナイスな三配色をここで一気にブッこんでみました。まだ中盤なのにメインどころをガツンといっちゃったから、今後が少々不安です。この第三弾にて、ほぼボディの色は網羅できちゃうって仕組みですからね。だから、これ以降は完全に失速するのも目に見えていますので、やっちまったぜぃ!ってな感覚強めですが、周りからはマジすか、って声が聞こえてきますが、いいんだ、これで、夏だからよ。もう、気分は夏だからさ。撮影した場所が海に近いって事もあって、テンション上がってたから、先の事なんて考えちゃーいない。この一瞬が輝いていればそれでいい!アメジスト+グリーン、セビリア+クリア、ライトブルー+セビリア、ナイス!超ナイス!アメイジングアメ 続きを読む

iittala / Birds by Toikka Sieppo

3/

22

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

超絶お手頃だったって、いつか強く思う日がくる。きっとくる。くるんだよー。

僕の今いる場所にもバードが いくつか置かれてます。でも、 前に借りておりました スコープアパートメントみたいに バードを何十個も置けるような 広い場所は残念ながらない。 だから、ちょこちょこバードを 置いてます。それはビデオテープ レコーダーの上だったり ダイニングの端だったり、 コンポの上だったりキッチンの 小さな窓のサンだったり、 目線よりも上、少し高い位置に ある壁の段差だったり ベッドサイドテーブルの上や スツール60の上に花瓶と一緒に おいてみたり、チョコチョコと。 そういった隙間に置く。 よく考えるとオイバの家でも 棚に飾られたバード達より、 本箱の上、天井すれすれ位置に ズラリとバードを並べた光景が 実にリアルで印象的だった。 部屋を飾る。いや、 部屋の隙間を飾る。 そんな事に 続きを読む

1/

8

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

Sieppo復刻の第二弾

2015年は久しぶりにオイバ・トイッカと スコープのオリジナルバード製作再開の年となり、 スロ&ソルヤも復刻させたし、 新作キューヒューも作ったし、 何より僕がずっとやりたかった新色を含む シエッポ新章をスタートさせる事もできた。 オイバ・トイッカのアートワークス代表作、 ポムポムの魅力は色合わせにあり、 そのコンビネーションに美しさが 詰まっているのだけれども、 その要素をシエッポは引き継いでいて、 本体とクチバシの独特な色合わせ、 そしてそれらがまた小さくカラフルに 何匹も集まった様が、 まさにポムポム装飾のようであり、 オイバワールドであり、 シエッポ最大の魅力だから、 いつになく気合を入れまして 15色展開としてみちゃいました。 この超展開の目的は超色数を 増やす事だけでなく、 シエ 続きを読む

9/

28

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

黄色のシエッポ

太陽光では紫、 蛍光灯では青、 色が変わるクチバシをもつ 黄色のシエッポが 子供の心をつかんだようで、 庭の花を横に飾ってもらえるという 特別待遇を受けています。 続きを読む

9/

22

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

食器棚にシエッポ

シルバーウイーク中に食器を1/3に減らした。すっきりした食器棚の中にシエッポを混ぜてみたら開けるたびに気分が良くてとても気に入っている。

8/

25

ヘルシンキに着きました。

↑シャ鳥の愛鳥も同行。 昨日、中部国際空港を出まして、 ヘルシンキに到着しました。 今回の出張のメインは オイバと新しいものを試作すること。 他にも色々てんこもりもりスケジュール。 多忙なシャチョウに代わり、 できるだけ現場から お伝えしたいと思ってますー。 ↑秋の人と夏の人。 ヘルシンキの8月末の平均気温は15度。 昼は24度くらいなので 半そででも気持ち良いのですが、 朝夕は羽織ものがないとかなり肌寒い。 が、周りを見渡してみると、 ヘルシンキっ子のファッションは まだまだ肩出系。 特に朝夕重ね着して調整する様子もなく、 朝からタンケトップ! 夜までタンケトップ! 短い夏の日差しを 貪欲に浴びておく方向なんだなと感じています。 なので日差しも強めですが、 帽子とかかぶっている人もみかけま 続きを読む

8/

21

Sieppo1

Birds by Oiva Toikka

小鳥の宝石箱やぁ~。

今日のスコープは、 シエッポ1,000羽×3色 全羽検品&撮影の 壮絶現場からお伝えします。 壮絶なのは、 検品スタッフと撮影スタッフ。 ひよこ鑑定士も怯む数のシエッポを 一羽一羽手に取り検品。 特記事項をメモ。 シリアルナンバーをチェック。 そして撮影。 最初は、若干暗めの撮影場所での 手彫りのシリアルナンバーの確認に 文字が小さいわ、読み取りにくいわで、 相当な時間がかかったという 撮影スタッフの平山(昭和47年生)も、 1,000羽に近づくにつれて、裏返せば シリアルナンバーが浮いて見えてくるほど、 ナンバー読み取り機能(だけ)が 進化したと自慢してました。 もう手にする事ができないと思っていた オイバトイッカのバードの原点”sieppo”が、 一面に並んでいるという、奇跡的な風景。 続きを読む

2/

5

どーしても気になってしまってイッタラ工場へ(シエッポ製作四日目最終日)

さて、帰国の当日、ヘルシンキ経由で レンタカーを飛ばして空港へいけば それにて今回の出張は終わりなんだけど どーしても気になってしまって イッタラ工場へ寄り道して 午前中はシエッポチェーック! そして日本へ帰る事にしました。 (僕の作ったシエッポの極意書見ててくれております。) これにて4日連続イッタラ工場。 それも朝からずっといる(笑) こんな人は他にいないよねってイッタラ の人に話したら、まーそうだけど、 デザイナーはみんなこんな感じで、 オイバは君ほど細かくなかったみたいな 言葉が聞こえてきて何か笑えました。 でも、こんな風に物を作るのは面白い。 オイバがどんな風に考えて どこを大事にしてシエッポを作っていたのか、 それが現場に立って今少しわかった様な気が しています。実によい勉強にな 続きを読む

2/

4

今日はシエッポのできるまで解説しつつ(シエッポ製作三日目)

シエッポ製作三日目。 はい、なんとかうまく行きました。 多分、もう大丈夫です。 本日は、シエッポ製作工程を写真で 流しつつ、一日を振り返りましょう。 アッソーレ、ヨイショっと! (職人サンA:吹き竿にガラスをとりまーす) まさか、ここまで 苦労するとは思ってなかったです。 シエッポみたいに職人の手作業、 感覚が突出して完成形に影響する物で 更に古い物なら、研究しまくらないと うまくいかない。身に染みました。 サンプルがあるぐらいじゃー、無理ね。 (職人さんA:一度形を整えます) ここまでフリーな手法で作られている バードも今では少なくて、製作の機会も 少ないというのも今回難関化した ポイントだとも思います。 スコープオリジナルのラカティに近い 作り方。そして小さいとガラスが すぐに固まるから 続きを読む

2/

3

前のめりで下向き(シエッポ製作二日目)

シエッポ。難しすぎる。 その後の更新が途絶えたから 何事もなく無事進んでいると そう思われていたかもしれないけど、 実は完全にテンパってしまい、 胆力が極端に低い僕は そこから逃げ出したい そんな衝動に駆られていました。 あまりのストレスとプレッシャーに 強烈な胃痛と吐気がブッシャー!な程で、 正直二度と経験したくない、悲惨な二日目。 製作の方向的には前のめり下向きの二日目。 僕の姿勢は常に前のめり、 でも結果は超下向きな、そんな酷い二日目。 初日作った物の中から良い物を数個選び、 それを基準にして、実際の生産に入る。 その目論見は見事撃沈!!!!!ヒィイ。 初日良いと思った形も 完全に同じ物はできないから ある程度そこから幅がある物が 出来あがってくるのですが 初日オッケーした物を基準に作 続きを読む

2/

3

シエッポ復刻!そんな簡単な事ではないわな。人生山あり谷啓だ。がっ、頑張るわぁ。

イッタラでシエッポを作り始めたから 形がこれでOKかどうか?のチェックをしつつ 製作現場を撮影しようとイッタラへ行ったら ちょっと冷や汗マックスマーラー、 脇汗タランティーノな状況でございました。 会議テーブルの上に30個ぐらいの クリアシエッポ。横の木箱に更に50個ほど。 さー、この中からOKなのとダメなのとを わけて欲しい。品質の基準を作ろうと そう言われたけれど、こっ、これ全ボツ。 僕がOKをだしたサンプルと全く違う(涙) これ本当に焦ります。 文字でみたらインパクトあんまですが その現場にいたら本当泣きたくなります。 マジか。。もう作らないで。 他は全部キャンセルします。。。。。。 って諦めたくなる気持ち3000%です。 これを沢山仕入れないといけないのは 辛すぎます。 このままでは 続きを読む

1/

31

2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻! しちゃうよしちゃうよ。

えーっと、突然ですが シエッポを復刻します。 そんでもって、シエッポは布で包まれ 皆様のお手元に届く予定ですが その布は石本藤雄先生が新たにデザイン してくれます。というかしてくれました。 僕はシエッポを復刻したかった。 そしてオイバと石本先生はとても仲良く されていて、よく二人並んでいる。 そんな光景が僕の頭によく浮かびます。 それらが混ざり2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻が組みあがっていきます。 シエッポ復刻が大体決まり、その発売時 に、何か特別な事をできないだろうか? そんな事を考え続けていた2014年12月の ヘルシンキ出張中に、あっ!と閃きました。 復刻するシエッポをフローラのように 布で包もう、その布を石本先生にデザイン して貰おう。そうキラッときたわけです。 まぁ、これ 続きを読む