twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#Birds by Toikka

10/

4

個別販売とワケアリの考え方 (必読)

個別販売というのに燃えています。 バードなどに取り入れている 全て個体撮影をしちゃいますよ的な 甘栗むいちゃいました的な やたら手間の掛かる手法なのですが、 物によっては、その激しい個体差を 「どうぞ味としてお楽しみください」 の一言で片づけるには少々強行突破 過ぎますよね~と僕は感じますから チマチマと個別に撮影をしまして それぞれの味をじっくり噛みしめ これと思う、我が味をピックアップ! 最も気に入った個体を迎え入れるが ベスト電気!を可能とするべく 日々精進しております。 そして、これから徐々に対象商品の 幅を広げていこうと考えてますから、 ここで一度、個別販売と訳ありに ついての考え方を説明しておきます。 実は個別販売をスタートするまでに 紆余曲折し現在の形に至っています。 最初は少 続きを読む

festive

10/

1

Festive Mistle Thrush

Juhla Kulorastas(フィンランド語名) Festive Mistle Thrush:2013 ヤドリギツグミ 2013年にヌータヤルヴィ工場が220周年を迎えた時に220体作られた限定バード。 この年のアニュアルバード、Mistle Thrushと同じ、ホワイトのボディにグレーオパールのラッカーをちりばめるという技法で作られています。 翌年のアニュアルも同じくちりばめ系のバードなので、この技法がこの頃のオイバのブームだったのかもしれません。脚付きのFestive Mistle Thrushと脚なしのMistle Thrushはつがいのようにも見えます。 Festive Mistle Thrushのほうが斑点模様が強くはっきりしているなと思ったら、モデルとなったヤドリギツグミも雌 続きを読む

jalo

9/

1

Jewelled Kiwi

Jalo Kiwi(フィンランド語名) Jewelled Kiwi:2002 ダチョウ目キーウィ科 ジュエルド キーウィ つま先からくちばしまでジュエリーを一杯まとって、おとぎ話から飛び出してきたかのようなバード、ジュエルド(宝石)キーウィ。 バードシリーズは実在する鳥を忠実に再現したバードもあれば、このバードのように想像力を掻き立てる空想的なバードもいて、オイバ・トイッカのポップな一面を感じさせる象徴的なバードとなっています。 全世界5000体限定で販売され、裏面には一体ずつナンバリング。元々このバードには、アニュアルバードのように同じ柄のエッグが750個限定で同時に生産されていました。 続きを読む

8/

30

Sieppo4

Birds by Oiva Toikka

フィンランドのフリマでシエッポを見かける事はあまりない。

スコープ別注sieppoもいよいよ第4弾。 いいんです。第3弾まで集めたら ある程度数もまとまるし、 ボディーカラーもサンド以外は 全部揃うようにシャチョウが 仕組んでくれたので、 あとは眺めているだけでも。 でも先日のフィンランド出張の時、 フリーマーケットでシエッポを 一度も見かけなかったこと。 やっと見つけたビンテージショップで おひとつ、350EUR前後ナリと 私には到底手が出せないくらいの 価値が付いていたこと。 出張中見つけたビンテージに比べて 自分の持っているスコープシエッポの方が 出来が良いように感じられ、 ひょっとして今のiittala職人さんの方が クオリティー高いんじゃないかい?! と思ったこと。 そんな事を現地で感じ、 日本でこんな身近にsieppoが 買えるなんてこ 続きを読む

6/

17

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

シエッポを沢山作った理由、つい、忘れておりました。

いよいよ第三弾となるシエッポ! ここまでくると、それなりに 数の揃った方もいらっしゃって その小さなシエッポの群れが バードを綺麗に飾ることを簡単に してくれ、バランスを取り易くして くれるという事実に気づかれる そんな方が既にいらっしゃる。 バード友の会掲示板に寄せられた コメントを見て僕は思い出しました。 こんなに沢山のシエッポを作った その理由が、なんだか 僕の中から抜け落ちていました。 シエッポの醍醐味。 それは数が増えると色合わせが どうというより、色々ある様が とても綺麗なのです。 ある程度数が揃うと、 適当に並べただけで絵になる。 更にサイズの違う様々なバードを 並べる時にも、複数のシエッポを 一緒に置く事で非常にバランスが とり易くなる。 バードフェスを開催し 僕の集めたビン 続きを読む

5/

16

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

夏が似会うリゾートシエッポ、ヤッベェゾ!

シエッポ折り返しましての第三弾!完全なる全力投球なぁ、ギミギミシェイクなぁ、夏を感じるナイスな三配色をここで一気にブッこんでみました。まだ中盤なのにメインどころをガツンといっちゃったから、今後が少々不安です。この第三弾にて、ほぼボディの色は網羅できちゃうって仕組みですからね。だから、これ以降は完全に失速するのも目に見えていますので、やっちまったぜぃ!ってな感覚強めですが、周りからはマジすか、って声が聞こえてきますが、いいんだ、これで、夏だからよ。もう、気分は夏だからさ。撮影した場所が海に近いって事もあって、テンション上がってたから、先の事なんて考えちゃーいない。この一瞬が輝いていればそれでいい!アメジスト+グリーン、セビリア+クリア、ライトブルー+セビリア、ナイス!超ナイス!アメイジングアメ 続きを読む

4/

20

オイバトイッカのLollipop

ポムポムに続いてロリポップも作っちゃうぜ!ってのは僕にとっては凄い話なんですけれども、どうも社内スタッフの テンション、特に女子スタッフのテンションが低い。日本でついにプレミアム価格ではなく、通常価格にてロリポップを手に入れるチャンス到来って凄い事だと思うんだけど。でも、まぁ、そうか、数年前にロリポップをフィンランドで買ってきて利益ほとんど無しで販売した時、全然売れなかったもんね。確かに。どうしよう、僕は100個もオーダーしようとしているよ。ロリポップ100個、まぁ、そんぐらいですわね。適正ロットは。実は多くの支持者がいるって事を僕は早く知って安心したいと思っています。安心してください!って100人から言って欲しい。時期未定だけど早くやりたい。

iittala / Birds by Toikka Sieppo

3/

22

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

超絶お手頃だったって、いつか強く思う日がくる。きっとくる。くるんだよー。

僕の今いる場所にもバードが いくつか置かれてます。でも、 前に借りておりました スコープアパートメントみたいに バードを何十個も置けるような 広い場所は残念ながらない。 だから、ちょこちょこバードを 置いてます。それはビデオテープ レコーダーの上だったり ダイニングの端だったり、 コンポの上だったりキッチンの 小さな窓のサンだったり、 目線よりも上、少し高い位置に ある壁の段差だったり ベッドサイドテーブルの上や スツール60の上に花瓶と一緒に おいてみたり、チョコチョコと。 そういった隙間に置く。 よく考えるとオイバの家でも 棚に飾られたバード達より、 本箱の上、天井すれすれ位置に ズラリとバードを並べた光景が 実にリアルで印象的だった。 部屋を飾る。いや、 部屋の隙間を飾る。 そんな事に 続きを読む

2/

12

シベリアンジェジェジェイ!

スコープの検品スタッフだけが 見ることのできるナニコレ風景。 ブリザードから身を守る ペンギンの群れみたいなこの様子、 フィンランドから到着したバードが 箱から出され、検品の順番待ち。 こちらはスコープの岐阜サテライト、 スタッフ3名で検品中。 今回は人気のシベリアンジェイが 2015年末に生産終了、 ジェジェジェ!カビラジエイ!ということで、 シャチョウが、がっちりマンデー! 在庫を積んでくれたようです。 全羽検品が終わってみれば、 あまり個体差がなかったようで、 だったら個性派ジェイを除いた安定派ジェイを まずは個体写真なしで販売してみる? その代わり価格は、激しくお得にしちゃう? ということになりました。 久々の運命の出会い系方式。 ザックリで全然かまわない人や、 個体写真だと迷いすぎ 続きを読む

1/

27

フクロウの群れに、ちぃフクロウ

2年前、フェイスブックで紹介した スタッフが枕元に飾っているという フクロウ2羽、UglaとLittle Barn Owlが 印象的でずっと忘れられなかった。 ↓コレ バードの群れの中にシエッポがいると バランスがよくなるように、 フクロウの群れに、ちぃフクロウは必須かも? そう思って、その後、 うちのUglaにも子分をつけてやりました。 この小さいフクロウ、目の描き方で 表情がおもしろいほど違うので もう買った後だと言うのに、 入荷のたびに全羽顔チェックしに ページを覗いてしまいます。 ハナレ目、ヨリ目、ズレ目、 バカボンの本官さんみたいなの。 今夜もまた、私が目をかけていた フクロウがまだ残っているかどうか 見にいっちゃいそうだー。 続きを読む

12/

21

エッグノッグとエッグ

風邪をひくと母親が 酒抜きの玉子酒をいつも作ってくれた。 酒抜きの玉子酒、砂糖と卵をお湯で 濃いめに溶いただけの甘い玉子湯。 それを寝しなに飲みたくて 風邪をひいたようだってチョイチョイ 嘘をついていた事を、 思いっきり欧米気取りで飲んだ エッグノッグで思い出した。 エッグノッグってのは、 僕が昔に好んで飲んでいた玉子酒を 少しミルキーにしただけのものなんだな。 お湯が牛乳に変わっただけ? これもなかなか、甘くておいしい。 欧米ではクリスマスシーズンに 広く飲まれているそうだから、 寒い冬は何処に住んでる人であっても、 こってりとした甘い飲み物が 飲みたくなるのカナ。それも玉子かぶり。 大人になったので、 砂糖をちょっと控えめにして、 ウィスキーやブランデーを入れよう。 マデイラ酒でもいいと 続きを読む

12/

11

家宝にポムポム2015

Bird、Lolipop、Puteli、そしてPomPom。 いいのがオークションに 出てやしないかと長年に渡り チェックを欠かさない日々なのだけれど、 中でもPomPomは激しく高値で全く買える 気がしない物の一つになってきた。 完全に世界中から注目を 浴びまくっちゃってすみません! そんな気配びんびん物語なのです。 オイバのアートピース物、 これからいよいよ手に入れるのが 難しくなりそう、完全に。 もし見つけたとしても、 めちゃ高そう、完全に。 オイバ作品の価値を 世界中の人々が認めてるっていうのは 嬉しい事だけれど、我が物にできないのは 寂しい事でもあるので、 だったら作ればいいじゃない、と マリーアントワネット状態で オイバに話してみたところ、 やってみるか? とあっけなく歴史が動い 続きを読む

12/

8

スロ&ソルヤは譲らずの鳥なのか。

この世に五万とビンテージバードは 存在するのだけれども、その中で どれが一番見つからないかって 我が人生を振り返り、そこ、そこに 問いかけていただけましたのなら、 僕はスロ&ソルヤだと即答することでしょう。 勿論、数個、数十個のバードならば、 それはまぁ、見つからないのは 当然だけれど、極端に数の少ない バードは試作に近いものが多く、 ブッチャケ変わったものが多いから、 あんま惹かれない。 本に出ているバードの中で、 アンバーのような渋い色目にして、 尾は明るいパウダーガラスという、 非常にエキセントリックな組み合わせで 渋いながら斬新という、 つまり標準学生服着ているのに 頭は紫のリーゼントぐらいに 洒落た組み合わせなのだから、 スロ&ソルヤを欲しいと思うは当然か。 それに加え、更に覆いか 続きを読む

12/

4

バードと飾りと餌入れ

普段は箱に入れてしまったまま。 スペースと家宝保存についての 考えもあるだろうし、買ったはいいけれど 家族に見つかると攻められそうで怖いから 箱にいれたままクローゼットに隠していたり、 人それぞれ事情があり 思うようにはできないのだから、 普段は飾っていないというのも、 まぁあります。誰でもそうです、きっと。 でも、お雛様も3月3日には飾りましょう じゃないけれど、オイバのバードも クリスマスには飾りましょう。 っていうのはどうですか? どうせなら、その時に 綺麗に拭いて並べるだけじゃなくて、 ヒバやマツボックリみたいにクリスマスの 雰囲気を少し出してバードの周りを飾り、 御披露目会にしてしまおう。 クリスマスの飾りと思えば 案外みんなの理解を得られるかも しれません、という戦略です。 そし 続きを読む

9/

28

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

黄色のシエッポ

太陽光では紫、 蛍光灯では青、 色が変わるクチバシをもつ 黄色のシエッポが 子供の心をつかんだようで、 庭の花を横に飾ってもらえるという 特別待遇を受けています。 続きを読む

9/

22

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

食器棚にシエッポ

シルバーウイーク中に食器を1/3に減らした。すっきりした食器棚の中にシエッポを混ぜてみたら開けるたびに気分が良くてとても気に入っている。

9/

10

2015 アニュアルバード

2015年のアニュアルバードが 今日発売なんだけれども、 今年を8ヶ月振り返ってみて、 記念にするような 出来事はさっぱり起こらなかった。 ここ数年起こってない。 まぁ、それはそれで良いとして、 興味があるのは、スコープで 今年このアニュアルバードを もらえるのは誰か?ってこと。  説明しよう。スコープでは、  スタッフに子供が生まれると  生まれ年のアニュアルバードを  皆からプレゼントしてもらえる  ありがたい風習があるのだ。  何人でも、何度でも。 で、今年めでたく該当するのは 受注チームのキムさん。 春生まれの男の子だから グリーンのバードで なんかちょうど良かったんじゃない? って、勝手に人のアニュアルバードで 楽しませてもらっている。 私も残り4ヶ月で 何かしらのミラコー起こすか 続きを読む

8/

28

iittala 2日目。試作が出来上がってきた!

iittala 2日目。 今朝も昨日の会議室からスタート。 扉を開けると昨日試作した ポムポムベースが! 昨日冷却コーナーへ入っていく ポムポムベースを見て、 大丈夫?オレンジ色を作ってない? と素人目に心配していた固体も、 熱が取れると、鮮やかな パウダーイエローになってました。 個人的にすごく惹かれるイエロー、 ファンタスティック。 それを見ながら、今、 デコレーションの数を揃えようかとか、 ブルーの色を変えようかとか、 カットは入れない方がいいかとか、 オイバに見てもらう前段階の試作を 詰めているところです。 それに加えて、 ポムポムミルクピッチャー、 ポムポムバードも作ったし、 フローラのユニークピースも 出来上がってきた。 いろいろ作りすぎて シャチョウパニック気味。 フローラのユ 続きを読む

8/

27

只今、絶賛ポムポム中。

只今、絶賛ポムポム中。 今試作をしてくれているのは ヌータヤルヴィ時代からの ガラス職人「みつるさん」。 左のメガネがピカってますが、 日本が誇る素晴らしい職人さんです。 朝のミーティングで、 シャチョウの希望する形のポムは 割れる可能性もある。 iittalaの方がそう言っていましたが、 ナイスブロワーみつるさんのおかげで いまのところ順調であります。 この後チャレンジするデカポムポムは、 更なる破損との戦いになりそうですが、 レッツ!チャレンジ!いってみよう! 以上、50度くらいありそうな釜付近から、 見てるだけの酒井がお伝えしました。 シーユーネクスタイム! 続きを読む

1 2