ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#グラス

12/

19

Flora

iittala

ジントニックと柑橘の関係

オイバ・トイッカに何を飲む?と聞けば、必ずジントニックというから、僕も気づけばジントニックばかり飲むようになっていた。 前に四国へ行った際、ホテルで食前にジントニックをオーダーすると、スダチをいれたジントニックはどうですか?と薦めるものだから、言われるがまま、それにした。すると、なにを血迷ったか、スダチを3個もカットし、全てグラスへ入れているではないか。流石にそれはやり過ぎだろう、そう思い一口飲んでみると、実はそれがとても美味かった。その味を引きずり、翌日も同じ物をオーダーしてみると、流石に店員も昨日はやり過ぎたと思ったのか、スダチのストックが少なかったのか、半分にカットしたスダチが1つだけ入っていた。もちろんマズイわけではないのだが、実に想像通りの味であり、その日の僕には少しばかり残念な味 続きを読む

12/

15

Bar

東屋

チョコレートとラム

ずっとラムは飲まないままにいたのだけれど、チョコレートが手元にやってきた途端、不思議とラムを飲みたくなった。 バーでチョコをオーダーする事は多い。でも、ラムを飲んだことはない。つながる感があるようで僕の中には実はなかった。だが、何故だか二つを同時に開封して口にしてみると、これがまた底抜けにうまかった。合う、それだけの事なのだが、今ではラムを見るとチョコを思い出し、チョコをみるとラムを思い出す。 ラムはそう無くなるものではないので1本これだというのがあればいい。だがチョコは無駄に食べてしまう。でもお気に入りのチョコが冷蔵庫に常備されている状況というのが、今とっても心地よい。 まだ、あのチョコがある。人が遊びにきた時にも、夜を長く過ごす時にも、今ではチョコこそ良き友である。 特にサティというメー 続きを読む

8/

24

Glass

俺ッチのドゥリンク最高だっぺ! #スコープ計画003

スコープのインスタグラム scope_japanフォローしてね。 スコープインスタグラム企画 俺ッチのドゥリンク最高だっぺ! #スコープ計画003 外出してナニカを飲む。 それは特別で美味しい。 そりゃそうだ、お店はお金を貰うんだから 家で普通には飲めないお酒やジュース 特別にデコレイトした飲み物を出さないと 誰も満足してくれやしない。 でも、ちょっと思えばお店がお金を貰うために 知恵を働かせて、一生懸命美味しい飲み物を 作るように、僕らも誰かを喜ばせるために 知恵を絞ればお店よりも贅沢でヨリ美味なる ドゥリンクを出せちゃったりするんじゃない? 旅行した先で飲んだジュースやお茶、お酒を ネットで調べ買って再現してみたり、バーへ いって好きなカクテルで使ってるお酒を聞き 家で作ってみるとか。そ 続きを読む

5/

31

コップ、ステム

東屋

海の上で、騒ぐ人たち。

全くそぐわない人間でも、ここに足を踏み入れると、 とたんに気持ちが解放されて、はしゃいでしまう。 海に面した、絶好のロケーションだから、 多かれ少なかれ、そんなところもあるだろう。 しかし、今日のそれは、少し度を越している。 それは、極度の緊張状態を乗り越えた、オシボリユウジが トム・クルーズ張りの名演技をやってのけたから、かもしれないし、 ティーマのロングプラターに、イタリアン3種盛りしてみっか、という、 シャチョウのアイデアが、案外いい感じにまとまったから、かもしれないし、 まだ4月というのに、いい大人が冷たい海に飛び込んで、 プールの後みたいな、心地よいけだるさに襲われているから、かもしれない。 否、そのどれよりも、大きな引き金となったのは、このグラスだ。 パーティー始まりの合図に、チーンと鳴らした音が 高く澄んで、心地よく海に響いたから、 まだ一口も飲んでいないうちから、出来あがってしまった。 カチンと、スイッチが入ったのだった。 京都の丹波で作られるグラスは、職人によって、 一つ一つ丁寧に成形して作られる、揺らぎのあるグラス。 少し無骨な佇まいは、信用できる骨董屋に並んでいるような、 大物ヴィンテージグラスの雰囲気すら漂っている。 適度な重みと厚みで、手にしっくりとなじんで、 いいグラスで酒を飲んでいる、という満足感もある。 一週間続いた合宿の最終日。 『ルネッサーンス』なんて、ベタなギャグが飛び出してしまう程に、 私たちは完全に浮かれているんだけど、どうかここは目をつぶってほしい。 よそ者だなんて、笑わないでほしい。 海にせりだしたこの空間で、湘南の風を浴びた私たちは、 少しばかり、バカになっているのだから。

4/

25

ROYAL

Holmegaard

アルネ・ヤコブセンのグラス

近代デザインの礎を築いたとも評されるデザイン界の巨匠、ArneJacobsen(アルネ・ヤコブセン)がSASロイヤルホテル用にデザインし、実際に使われていたグラスシリーズ。製造はホルムガードです。ワングラスは過去に再生産された事もあるのですが、これだけごっそり作られるのは初めてではないでしょうか?この再生産、何年もスコープからホルムガードへリクエストを続けていたのですが、ようやく2016年実現しまして日本ではスコープだけの取扱いという事でスタートを切ります。だから、まぁ、価格もそれなりにグッドな所へ持っていけると思いますからご期待ください。6月には販売開始できるんじゃないかな。

4/

12

Kartioタンブラー・ハイボール

iittala

上司の顔に、水をひっかける。

カルティオグラスの撮影中に『じゃあそこで水、かけてみよっか。』の声。少し戸惑いをみせつつ、監督が言うなら仕方ない。そこは思い切ってやる。かける方も、かけられる方も、その周りも、演者はずぶの素人。ただカメラを握る監督が、プロなのだ。だからそこは、言われたことに忠実に、全力で臨むしかない。するとそのうちに、正体不明の役者根性が顔を出し、おかしな空気が漂いはじめるのだから、まったく、なにをやってるんだか。こらえたけど、我慢できずに少し笑ってしまったこと、それが心残り。 一番最初に買ったイッタラの商品、それがたしか、カルティオだったと思う。この何の変哲もないグラスを手にするということが、おしゃれ人間への第一歩のような気がして、そして、そういうことがわかりはじめた自分にも、少し満足していた、若かりし日 続きを読む

11/

3

合宿日記11月3日 ジェンガな夜

写真から滲み出る年末感がハンパない 合宿の夜のくつろぎタイム。 今回はジェンガが空前のブームと なっております。 体格に似合わず繊細なテクニックで ブロックを積み上げるシャチョウ、 この合宿中に40段までチャレンジ するのが目標だそうです。 ちなみに40段は世界記録です。 現記録は32段、30段越えるの難しい。 合宿日記 葉山の和邸宅にて 続きを読む

8/

23

水出しアイスティー。

今年の夏から習慣化している 水出しアイスティー。 冷蔵庫に入ったままの 小粒、種あり、酸っぱい、の 三拍子揃ったマスカットを入れたら フルーツティーとして活かせるかと思って、 20粒くらい入れてみたけど 驚くほど味が変わらなかった。 アイスティーを飲んだあと、 マスカットを食べただけの結果。 沢山入れて潰したらよかったのか、 お湯から作ればよかったのか。 スコープのグラスページ担当スタッフが、 次は美味しいフルーツティーの作り方を 紹介してくれるような事を言ってたから、 それを大人しく待つ事にしよう。 続きを読む

7/

14

赤紫蘇ジュースの作り方も書いておきました。

今年も気が付くと畑の赤紫蘇が わさわさと景気よく育っていたので 夏恒例の紫蘇ジュースを作りました。 紫蘇ジュースを知らない人に話すと 高確率で「それ美味いの?」 って返事が返ってきます。 おそらく青紫蘇が青汁になる、 もしくは赤紫蘇が梅干に 変換されてジュースになる そんなイメージなのでしょう。 僕的にはエルダーフラワーと同じ ハーブドリンクの感覚で とても大好きな飲み物。 特にこれからの季節には欠かせません。 いつもは煮出した赤紫蘇の液体に砂糖と クエン酸を入れて仕上げるのですが、 今年は蜂蜜とレモンで作ってみました。 結果、小ぶりな国産レモン5個では 酸味が足らず無添加を目指したくせに 去年余ったクエン酸を ちょい足しして完成させるという 軟弱紫蘇ジュースとなりました。 紫蘇ジュースは酸 続きを読む

7/

5

フローラのセビリアは、何個買い足せばよいのだろー。

クリア 3 : セビリア 2 かな? スタッフ成戸が、 昼食のちまきの皮を 丁寧に紐でまとめながら フローラのセビリアオレンジを 何個買い足すか?という話題に 比率でアンサー。 半々じゃないんだー。 だよねー。私もそう思った。 と、ちまきのお裾分けを 解きながら、便乗そして同意。 早速、自宅にあるフローラクリアの数に セビリア比率をざっくり当てはめてみる。 うちにはクリアの36clと23clが 2コづつ、計4コある。 4人以上人が来ることはないから、 セビリア23clは2つ買い足すと 全体のバランスがよさそう。 ということで、2コ買い足し決定。 クリアが復刻されてから、 いつかフローラの色つきビンテージを 1つ2つ見つけて買い足し、クリアと 混ぜて使いたいと思っていたけれど、 それを私が実行 続きを読む

6/

11

丸高盆にsake グラスとシャチョウ自慢の骨董酒器

お盆の撮影をしていて、 久しぶりに出して使った丸高盆、 やっぱり乗せたいのは、日本酒。 早速シャチョウが、 お気に入りの酒「白老」をプッシュ。 スタッフにネットで調べてもらうも、 残念ながら小さい瓶でも720ml。 丸高盆にはちょっと大きいですね。 残念でしたね。 ということであえなく却下。 それで以前、 シャチョウが京都の大吉さんで買って、 自慢しまくっていた沖縄の骨董酒器に、 スコープ常駐酒、八海山を入れてみた。 TIME & STYLE ツユとリップルの sake グラスとシャチョウ自慢の 骨董酒器を丸高盆に乗せたら、 なかなかの雰囲気になった。 スコープでは、オリーブを入れたり ピック立てとして使う事が多い sake グラスだけど、 お酒を入れると良いんだなー。 あたりまえか 続きを読む