twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#東屋

3/

30

茶箱

東屋

体積を求めて、茶箱のサイズを決める。

茶箱のサイズが決められない悩み。 ブランケット3枚が入るサイズは? お米20kgを入れるにはどれ? キッチンストックに丁度良いサイズは? スコープにそんな質問がある度に 受注担当の石川が、 ご質問のブツを実際に入れて写真に撮り 個別にお応えしていたのですが、 入れる物の組み合わせは無限大。 muge ん 無理っぽい。 見かねた問題解決隊長のシャチョウが ついに、理数系ならではの一言。 体積、出せば、いいんじゃね? 1. 入れたい物の体積を出す 2. 長辺が茶箱の内寸に納まるか計る この2点から調べてみれば おのずと必要なサイズが見えてくる。 …とシャチョウは簡単に言うけれど、 体積って…なんだすの。 どうやって求めるのかも忘れました。 数字に弱いので、早速吐き気が…。 思い出せ c㎥ !そう 続きを読む

9/

7

薬味俎板 檜

東屋

俎板増えて、手間が減る、私の料理大革命。

東屋の薬味俎板。 見た目はただの木の板だから、派手さも、 キャッチーさもないのだけど、 オマケにはこれがいいねと、 そうなったのには、ワケがある。 2015年の秋、スコープに小さな俎板が届いた。 薬味俎板の試作品、一度使ってみてと、 東屋の社長が送ってくれたものだ。 私たちは早速、スコープの撮影合宿の台所に、 それを持ち込んだ。 最初は、薬味を切る為に使うもの、 という頭でいたから、素直に薬味を切った。 ニンニクやしょうが、少し切るだけなら、 これくらいのサイズがあれば十分。 他の食材に臭いが移る心配もないし、 料理を手伝ってもらう時も、俎板が もう一つあると作業しやすい。 これは案外便利なもんだと、 それだけで、十分満足していた。 ところが、さらに2~3枚、枚数を 増やしてみると、使い方が 続きを読む

7/

1

バンクトレー

東屋

整理整頓のための物も

銀行で使われている皿型のトレー。 それを模してヘラ絞りで作られた 真鍮製の東屋バンクトレー。 真鍮まんまに、銀メッキも添えて。 スコープ倉庫の引っ越し前に (今年8月から来年に変更ですが) 現在の仕組みを大幅に改良してみた。 そこに優秀な物流コンサルタントが 入ってくれた事もありスコープ倉庫 は劇的な変貌を遂げております。 大事だったのは整理整頓と準備、 そして誰も迷わない明解な仕組みだと 僕は理解しました。 そんな事をしながら、 自身の生活空間をサンプルにして スコープ的生活の整理整頓プランを 進めています。そんなアイテム開発。 それはよくある箱でまとめ整理整頓 という考えですけれども、 ただスコープ流が大きく違うのは、 まとめ入れる物が、100円ショップで 調達できる樹脂製品ではなく 素 続きを読む

5/

31

コップ、ステム

東屋

海の上で、騒ぐ人たち。

全くそぐわない人間でも、ここに足を踏み入れると、 とたんに気持ちが解放されて、はしゃいでしまう。 海に面した、絶好のロケーションだから、 多かれ少なかれ、そんなところもあるだろう。 しかし、今日のそれは、少し度を越している。 それは、極度の緊張状態を乗り越えた、オシボリユウジが トム・クルーズ張りの名演技をやってのけたから、かもしれないし、 ティーマのロングプラターに、イタリアン3種盛りしてみっか、という、 シャチョウのアイデアが、案外いい感じにまとまったから、かもしれないし、 まだ4月というのに、いい大人が冷たい海に飛び込んで、 プールの後みたいな、心地よいけだるさに襲われているから、かもしれない。 否、そのどれよりも、大きな引き金となったのは、このグラスだ。 パーティー始まりの合図に、チーンと鳴らした音が 高く澄んで、心地よく海に響いたから、 まだ一口も飲んでいないうちから、出来あがってしまった。 カチンと、スイッチが入ったのだった。 京都の丹波で作られるグラスは、職人によって、 一つ一つ丁寧に成形して作られる、揺らぎのあるグラス。 少し無骨な佇まいは、信用できる骨董屋に並んでいるような、 大物ヴィンテージグラスの雰囲気すら漂っている。 適度な重みと厚みで、手にしっくりとなじんで、 いいグラスで酒を飲んでいる、という満足感もある。 一週間続いた合宿の最終日。 『ルネッサーンス』なんて、ベタなギャグが飛び出してしまう程に、 私たちは完全に浮かれているんだけど、どうかここは目をつぶってほしい。 よそ者だなんて、笑わないでほしい。 海にせりだしたこの空間で、湘南の風を浴びた私たちは、 少しばかり、バカになっているのだから。

5/

30

コップ、ステム

東屋

混ぜるな危険!でもナイ

東屋の宙吹きコップとグラス 試作から使い込んでいるから、 新作ながら結構な長き日々 愛用しています。 フローラやカルティオも 愛用しまくる生活の中で ストイックな雰囲気をだして、 グラスはベルマンがあればいい、 なんて言っていたところに 東屋から宙吹きのコップが届く。 物の方向としては似ているから、 ベルマンがあるからいいじゃない、 いや東屋のコップに替えてみる? 色々考えてはみたんだけど、 正直よくわからないから 東屋の宙吹きコップを 生活に加え使ってみる事にした。 いやいや宙吹きはいいですねぇ。 愛用しているベルマンも 東屋のコップも手によく馴染み 重くもない。フル活用しても 問題なさそうな、扱いに気を 使わないでいい丈夫さがある。 まさに日常使いの逸品だ。 それでいて宙吹きだから テク 続きを読む

5/

23

茶葉 薩摩

東屋

今年の新茶は出来がいい。

今年も新茶が入荷した。 非常に地味な動きではありますが、毎年この季節になると、新茶が入荷しているのです。 スコープが取り扱っている、この『薩摩』というお茶、新茶じゃなくても十分美味しい。 そうではあるんですがー、新茶であればなおさら、だろう。タブン…怪。 あまり大きな声では言えませんが、実は私、お恥ずかしながら、 未だ『薩摩』の新茶を味わった事が無い。 はっと気づいた時にはいつも品切れ、全然お茶の波に乗れていなかったのです。 そんなことじゃいかんだろうと、新茶の良さをちゃんと広めなきゃダメでしょうと、 充分な大義名分ができましたから、 皆がせっせと仕事をしている最中、優雅に新茶を味わっているのです。 決してサボっているわけではありません。 いつもは大体の流れは押さえつつ、ざっくりやってしまい 続きを読む

5/

13

飯炊釜

東屋

土鍋の焦げが取れぬと掲示板に書き込みがあったゆえ取ってみた。

>お米を炊くのに土鍋を使ってます。 >炊飯器を捨てたのです。 >おこげがうますぎます。 >ただ、おこげが付く→ >無理してでも食べようと剥がす→ >土鍋の底ががざがざになる→ >洗ってもツルツルにならない >という、悪循環が溜まっています。 >どうやったらツルツルになりますかー!? >教えてください。 mikanさんから、 掲示板へご質問いただいたので、 やってみました。 こういう質問は大好物ですから。 いつもは中火18分で炊いている飯炊釜を 忘れてたテイで、さらに延長8分。 穴から噴出す蒸気にみずみずしさがなくなり、 台所におこげ臭が蔓延してきたところで 恐怖を感じてストップ。(ビビリなもんで) 当たり前だけど底べったりに お米が張り付いて取れない。 茶碗2杯分は焦げに持っていかれてる印象 続きを読む

六寸皿 印判鳥獣五画

3/

30

結局これナンダ

神戸のマンションは床が杉、洋的にカッコつけた内装だけど杉ちゃんです。そこが少し珍しく、少し面白い。そして何だか落ち着くのだ。無塗装の杉は柔らかく、簡単に凹む。だから床材に使われることは少ないらしいが、洋の中に少しだけ和が持ち込まれ、雰囲気も少し和らいでいるから悪くはない。すべてがすべて僕らの住む場所が北欧スタイルであったり、いや、洋風であったりすると、少し行き過ぎた感じ、つまり本物でない感じが出てくるのは残念ながら否めない。ここは日本だぜ!って事だろう。だから杉の床は良かったんだ。そして手持ちが全て洋食器だと、なんだか行き過ぎてしまうから、多少なりとも和食器を組み込みたくなる。となると、まずは此れクラウスの六寸皿。和食器としても洋食器としても使える。使えばわかるけれど、今の僕らの生活で最も使 続きを読む

東屋 銅のやかん

3/

24

湯沸かし一番

お湯を沸かせなければ、何も始まらない。お茶もコーヒーも、カップラーメンもペヤングも作れない。それはカナリ、心細い。逆にお湯を沸かす事さえできれば、とりあえずは安心できてしまう。それも、なんだか少し可笑しい事なのだけれど。新しい場所で、まず新しい薬缶を箱から取り出し、包みをはがし、そして綺麗に洗い流して、お湯を沸かす。しばらくすると口から勢いよく湯気が吹き出す。こうして毎日使い、この薬缶もよい雰囲気に育てていきたい。電気ケトルをコンセントにつなげる時、こんな気持ちにはならないのダナ。何年先も一緒にいることを見据えて手にする道具は一味違う。この薬缶は口がすぼまっているから、そっと注げばドリップもうまくいく。家でも毎日これでコーヒーを淹れている僕は、薬缶に合わせた微妙な腕の角度も習得し、これでもう 続きを読む

東屋 ふきん

3/

23

拭くは避けて通レヌゆえ

新居に荷物を運び入れるのと同時に、新しいMQクロスとふきんを下ろした。新生活に何が必要かと吟味する以前に、新しい物を洗い、新しい場所を拭く、拭くは避けて通れない。まさにトイレットペーパーと同じレベルでMQクロスとふきんが、僕には必要だ。照明を箱から取り出す人、新品の食器を箱から出し洗う人、それぞれ自分の仕事を見つけセッセと働いている。サボっていると思われるのも癪だから、僕もMQクロスを手に、椅子を拭く、棚を拭く、窓を拭く、拭き奉行として、きれいさっぱりいろいろ拭いてやった。掃除は正直好きではないけどMQクロスでの拭き掃除に限れば嫌じゃない。窓ガラスが簡単に綺麗になり、効果がストレートにわかるから、単純な人間ほど癖になる。台所にはふきんを下ろした。パリッとした新品を、繰り返しお湯で洗い流して糊 続きを読む

印判 茶碗 東屋

3/

17

まずは必要な分だけ

外食なる日々、洋食ばかり食べていると体の中に肉と油が詰まり、自分がソーセージになっていくような感覚が芽生える。だから僕はいつでも和食が恋しい。そして神戸にも和食器を持ちこんだ、まずは最低限の品数にて。料理も食器もまずは質素に必要な分だけを。花茶碗と漆椀、そして東屋の木箸。これでとりあえずは困らない。漆碗も木箸も、安物はいくらでもあるだろうけれど、直接口をつけるものだから、価格ではなく素材を大事に選ぶ。木箸は磨きだけで艶を出し妙な塗装はしておらず、漆椀も木地に本漆であるから使い続けるうちに段々と艶が増していく。神戸のマンションは、床が杉、と少し珍しい。無塗装の杉は柔らかいから、床材に使われることはあまり無いらしいが、この床が和の匂いを少しさせている。北欧のもので少しずつ埋まっていく部屋が、どこ 続きを読む

俎板 東屋 まな板

3/

16

ボーダーではなく縦じまニテ

新しい俎板を箱から取りだし、キッチンには檜の香りが広がる。自然の清々しい香りは生活にも体にも心地よい風があり、なんだか不摂生な僕の体も浄化されているようで少しありがたい気すらする。出てないだろうけど、マイナスイオン効果か。東屋の商品は、まっさらな姿もいいけれど、使い続ける事が楽しみでいい。ただ、先の姿がまっくろくろすけ後悔と反省の日記、そんな残念な姿とならないよう、多少は気を掛けないといけない。とはいえ気を付けているのは使ったらすぐに洗って乾かす、加えて乾かす時の木目ぐらいだから、手間なんてことを感じる程じゃぁない。乾かすとき、その木目が縦になるように立てるのか、横になるように立てるのか。そこ、ボーダー好きな方々はご注意あれ。正解はボーダーではなく縦じまニテ。こういった良い素材を使い、余計な 続きを読む

1/

30

バターケース・バターナイフ

東屋

合宿日記 バター薄斬り名人

バターが超・薄く切れる、 東屋のバターナイフ。 スタッフ野田は、毎朝家族のパンに バターを乗せる担当なんだそうで、 日々のお手伝い成果なのか、 バターを素晴らしくまっすぐ均等に、 1mm~2mmの薄さで切ることができる。 焼けたパンの上にナイフを 少し置いて温めておくといいよ。 と、もっと美しく切るための探求心は まだまだ止まない様子。 私の家のバターというと、 断面が常にナナメ。四方八方から ナイフを入れるから超多角形。 こんなところにも人となりが現れるような…。 四角い箱に四角いバターが 納まっている様子は美しかった。 バターとの向き合い方を考え直した朝。 2016年1月30日 佐島撮影合宿にて。 続きを読む

1/

8

茶箱

東屋

茶箱《深》の使い処 台所にて。

去年の夏の終わりに、 熱波ならぬ湿波みたいなのが来て、 腰から下の位置に収納していた 乾物のストックが、全滅。 干し椎茸って、 干してるのにカビるんだー。 海苔って乾燥剤入れてても ヘナヘナになるんだー。 地味なのに買うと結構高い乾物類が ダメになってしまってショック。 自宅の乾物保管について 新たな対策を考えていた正月。 そこで候補に挙がったのが 湿気、匂い、そして虫からも 食べ物を守ってくれる《茶箱》。 お茶屋や海苔屋で使われるくらいだから 食物保管は間違いない。 乾物が取り出しやすい深型タイプが 追加ラインナップされので ひとつキッチンに置きたいと思ってた。 次の梅雨までに買えばいいやと のんびり考えていたけど、 茶箱は1月15日から結構な値上がりに なると知ってしまったから、 今こう 続きを読む

12/

15

アンチョビとバターと東屋のカッティングボード

何回言うねん、しつこいわ!と 怒られるかもしれないけど、もう一度。 バゲットにカルピスバターと カンタブリア産アンチョビのせると美味です。 スコープの撮影でも定番化していて、 まさにスコープあるある、バゲットに アンチョビバターのせがち~どんだけ~。 ただ、その時に バゲットをのせるチーズボードが 雰囲気はいいんだけど小さい。 美味しいからバゲット消費スピードマックス、 すぐに補充が必要となってしまう。 カットしたバゲット1本ぐらいのらないもんか。 もちろんチーズボードにそこを求めるのも おかしな話で、それは小さくて当然。 チーズや果物を切るのには ベストなサイズだから、それはそれでいい。 では、大きいのを作ろうよって 東屋さんに話そうかと思っていたら、 先方から『大きなサイズを作って みた 続きを読む

11/

5

合宿日記11月5日 もてなし寄せ鍋の夜

鍋っちゅーもんは、 家にあるものを全部ぶっ込んで クッタクタに煮たらええんや。 と、母から教わった。 わけでもないのですが、 学生時代のどんちゃん騒ぎを経て とりあえず何でも土鍋で煮れば ダシが出て旨くなると思ってた。 少し、大人になり、 関西のうどんすき「美々卯」で、 湯通しされ、クルクルと巻かれて 盛り付けられた白菜ロールに出会い、 白菜って下茹でするの?と驚いた。 確かに、鍋で少し温めるだけで すぐにお皿に取れるし、 一度冷水で色止めしてあるから 鍋の中でも緑鮮やかが続く続く。 相当、大人になり、 辰巳芳子さんの料理本でも、 下茹でした白菜、蕪、人参、 塩とレモンで湯引きした鯛、 酒蒸しして片方の貝殻を外した貝、 など、下ごしらえに全パワーを 注ぐような寄せ鍋レシピを 紹介されているの 続きを読む

11/

4

合宿日記11月4日 海鼠釉でフラパー

昨日の晩ご飯はフライパーティ。 コロッケと、あらゆる種類のフライ。 と、ビール。 あえてキャベツやらは載せず フライだけで固められた 海鼠釉の大皿。 なんかかっこいい。 大皿いっぱいのフライなんて 子供の頃以来だったから 実は内心盛り上がってました。 シャチョウの 「カキフライは1人1個やからな!」 のセリフにも なんか懐かしさを感じました。 そんな合宿4日目の夕方。 海鼠釉の9寸皿、 スコープ的には大変気に入って よく使っておりますので 東屋さんにもう1回作って もらう予定です。 合宿日記 葉山の和邸宅にて 続きを読む

11/

2

合宿日記11月2日 小俎板を使ってみてます

毎度の事ながら、今回の撮影合宿にも いくつかの未発売アイテムを持ち込み 使ってみています。 その中で早くも 「これすごく使いやすい!」と 脚光を浴びているものが。 その1つ、東屋さんから届いた小俎板。 調理中のキッチン周りを チョロチョロして撮影していると、 通常サイズの俎板と並んで これが使われているのを毎回見ます。 使い始める前は 「ニンニクとか、薬味のネギとか、 くさいもの専用にするといいよね。」 と言っていた、料理担当の成戸。 確かに、前回の合宿中に、 口に含んだイチゴを ニンニクの香りが追いかけてくる という事件があったもんな。 それいいかも。 なんて納得していたら 今朝、小俎板でトマト切ってる所、 見てしまいました。 イ、イチゴよりはいいか。。 合宿日記 葉山の和邸宅にて 続きを読む

10/

31

合宿日記10月31日 愛知県民はゆで卵が好き

只今、撮影合宿中です。 合宿始めの今朝の朝食は、 スコープの坂東英二、 シャチョウのテンションを上げてこう! って事で、大好物のゆで卵付きでスタート。 合宿や出張で、何度も食事を共にしていると 育ってきた各家庭の家の習慣や ルールなんかが見えてきます。 シャチョウの《ゆで卵転がし剥き》も そのひとつ。コメダ珈琲のモーニングの ゆで卵を、転がして剥くのを見る度に、 なんですか、その剥き方は。 って言っているのですが、 今朝もやっぱり、転がしてました。 え?みんなやらない? 俺の家族はみんなこうやって転がすけど。 シャチョウはそう言うけれど、 今までに転がして剥く人には 会った事がないと言うから、 やっぱりシャチョウん家だけです。 そこにゆで卵があったなら、 まず手に取りテーブルにドンと叩きつけ 続きを読む

10/

5

若木信吾さん、スコープに現る。

型吹きBarグラスの撮影日。 昼間っから飲むのが仕事という日。 辛いわー。ほんと辛い。 まあ、そんな、 たまに訪れるラッキーデーに なんと、写真家の若木信吾さんが 来てくださるという、 更なるラッキー重なる。 若木さんは撮影に来られたわけではなく、 シャチョウと何やらミーティング。 何か新しいことがスタートしそうな? 気になるワードを小耳に挟みつつ、 こちらはこちらでBarシリーズの撮影準備。 で、若木信吾さんの前で 撮影する事態となった 撮影担当の花井が弱音を吐く。 「全くいい写真が撮れる気がしない。」 そりゃそうだ。同情する。 料理担当の成戸は手元が狂い マッシュポテトに水分を入れすぎて ドロドロパニックになる。 あーそりゃそうだ。 普段とはちがうスタッフの表情に キンチョー?キンチョー 続きを読む

1 2