#Spinning Light

7/

18

ライティングレール(ダクトレール)への取り付けは出来ますか?

現在スコープで販売しています照明は、全て引っ掛けシーリングですのでライティングレールへ直接取り付ける事はできません。とはいいましても、パーツを一つ間に挟むだけで取り付けできますからレールへ引っ掛けシーリングの照明を取り付ける事は難しいことではありません。≪レール用の引っ掛けシーリングプラグ≫というパーツを、ホームセンターやネット通販で入手して下さい。それで取り付けは可能となります。 続きを読む

&Tradition / Spinning Light

3/

25

&traditionの、ずっと前から好きな照明

今、とても注目されて勢いのある デンマークブランド&tradition。 僕はここの照明がとても好きです。   中でもスピニングライトを 愛用してもう6年以上ですから それはもう好きです。 機能的にどうって事でもないですが これは雰囲気がいい。 で、この企画の注目ポイントは いろいろ無理しましたけれど それというのは現地価格に かなり近づけることに成功したと そういう事です。というと そんな難しい事ではないように 聞こえますが、元々の日本上代の 半分にするような事なので 利益圧縮では到達できない領域。 シンプルにいうと各300個単位で 仕入れる事が必須!そんな暴挙。 照明ってあんま売れた記憶ないの ですけれど、これから強めて いきたい分野だから頑張った。 更に、初回からこけるわけにも いかな 続きを読む

アンド トラディション スピニングライト

3/

25

静かな夜への第一歩

もうずっと前から、明る過ぎる部屋に嫌気がさしている。海外の家や、ホテルじゃ、それぞれの生活や活動範囲にあった照明が設えてあって、明かりの緩急が陰影を作り出す。なのに日本はというと全部がのべっと非常に明るい。そもそも、日本も行燈みたいなもので、部分的に灯りをとっていたはずなのに、いつからこうなってしまったのだろう。僕が最初にこの照明を見たのは、コペンハーゲンのイルムスだった。そこで気に入ったものだから、何年も前に初代スコープアパートメントの備品を選ぶ際、少々ルール違反ではあったけれども組み込んでみた。それ以来、ずっと愛用し続けている。そして遂に僕が望む条件にて取り扱いできるようになった。二代目スコープアパートメントin神戸にも、この照明を持ち込んだ。ずっと続いていくってのはイイネ!次はフロアラ 続きを読む

3/

24

【Spinning light 】吊るし方、とヒント。

これだ!という照明を手に入れたのに 吊るしたいポイントとソケットの位置が ビミョーにずれてる。 そんなペンダントライトあるある状態に 陥る方が多いんでないかと思います。 ペンダントライトは吊るす位置がかなり 重要ですからね。ここはバチっと合わせたいところ。   上の写真で使っているような「コードハンガー」を使うと見た目よく調整できます。 (ホームセンターなどを探せば手に入れることができます) これを使う場合の取り付け方を以下にまとめてみましたので 参考にしてやってみてください。 (ちなみに写真は、スコープの撮影場所の天井が ちょっと特殊でして、梁に直接いっちゃってますが 参考までに、ということでどうぞ。)     ※ヘタクソな図ですみません。 1、フックは野縁の 続きを読む

6/

13

照明のコードの長さを調整する事は出来ますか?

照明本体のみでのコードの長さ調整はできません。 電気店でぴったりの長さにコードを切ってもらうか、「コードリール」や「コードハンガー」を使って、長さ調整可能です。「コードハンガー」を使って、&Tradition スピニングライトを設置してみましたので、こちらの記事も参考にしてください。他の照明にも応用できると思いますので。 ペンダントライトの吊るし方、とヒント 【 Spinning light編 】 続きを読む

5/

17

照明でLED電球は使用できますか?

LED電球は消費電力が非常に少ないので、一番明るさのある100W相当も使用可能です。 今我が家に付けているのがシーリングライトなので部屋全体を照らせるようにはなっていますが、天井にペタっとついているのでなんか物足りない。 そこで我が家の照明をペンダントライトへ切り替える、そんな時の明るさを妄想すると、 ○リビング/ダイニング リビング/ダイニングは過ごす時間が長い場所。明るさも欲しいが、明るすぎても疲れてしまうので、100W相当の電球色か、自然な白の昼白色を選択しますが、元々ダウンライトが付いていたり間接照明がある場合には、60W相当のものに落としても、十分明るさは確保できると思いますね。 ○寝室 明るさは必要ないので、落ち着いた明るさで40W~60W相当の電球色(オレンジ色)がいいですね。 続きを読む