ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

#A2Care

8/

29

ゲル

A2Care

息を止めているなら、A2ゲルを置こう。

キッチンからそこはかとな~く臭うゴミ箱のニオイ。フタの機能でなんとか食い止めようと気密性の高いゴミ箱を吟味して選んだものの、その気密性のおかげで開けた時の衝撃がすんご~いじゃん、逆に。長く生きているので、フタを開ける時は無意識に息を止められる能力くらいはついているのですが、最近スタッフ松尾が「 ゴミ箱の底にA2ゲルを置いておくと開けた時にウォッってならないですよ~。」と爽やかに言い放っていたのを聞き、欲深い私は無臭を期待して、置き式のA2ゲルをゴミ箱の下に置いてゴミ袋をセットして使ってみました。さすがに、無臭ではなかった。無臭だったらむしろ怖い。が、鼻をゴミ箱に近づければ臭うというレベルで、開けた時の不快感は断然軽減。息、できまーす。A2ゲルは冷蔵庫、車内、トイレなど閉鎖された空間の消臭に効 続きを読む

6/

15

除菌 消臭剤

A2Care

生乾きのニオイがしない人が好き。

先日、カーリング女子が出ていたバラエティ番組で「タイプの男性は?」という質問を投げかけられたお一人が、「生乾きのニオイがしない人」と答えていまして、「そんな人の方が少ないわ!」と司会者にツッコミを入れられていましたが、私は(わかる。)と、お茶の間で静かに頷いていました。ただ、私はその生乾き臭をクリアする技を知っていますから、ここに好みのタイプから除外されてしまった該当者(そこの男子ィ~!)がいましたら、以下よく読んでください。そもそも、生乾き臭が起こる原因は乾くまでの間に「菌」が繁殖すること。乾くまでの時間が長ければ長いほど菌は喜んで増殖してファ~ンと臭いを放ちますから、ジメジメした雨の日なんかは、もう最初からA2を噴霧して菌を抑えておけば良いのです。A2は成分のほとんどが水で出来ている無臭 続きを読む

5/

23

A2Care 300mlスプレーの握る部分が硬く、握ったあと、元に戻らないのですが?

300mlスプレーは、以前一部ロットで握り部分が戻らないという不具合が発生し、その後、改良されていますが、該当の商品がお届けとなっていたのかもしれません。噴射部の不具合については、代替品の送付対応もあわせて行っています。お手数をお掛けしますが、A2 Care コールセンターまでお問い合わせをお願いします。 A2 Care コールセンター 0570-028-029 受付時間:9:00~17:00(土日祝は除く) もし、お問い合わせ後に何か不都合や対応に問題が起こった際は scope-sa@scope.ne.jp までご連絡ください。スムーズな対応が出来ますよう弊社からも依頼いたします。 続きを読む

4/

13

除菌 消臭剤

A2Care

ウォシュレットのノズルと、A2ケア

ウォシュレットのノズルってどうしてる? そんな話をしていた時、 「ウォシュレットを掃除したい時はさ、 一旦便座に座ってから洗浄ボタンを押して、 ノズルがビーンと出てきた瞬間にサッと 立ち上がってA2を噴霧するといいんだよ!」 とスタッフ花井が、 秘伝の裏技をドヤ顔で教えてくれました。 その話を聞いたシャチョウ、 「わざわざそんな事してるの? 俺はノズルをティッシュで掴んで グイッと引き出して掃除してるよ。 普通に引っ張れば出るんだからさ。」 と、スマートなドヤドヤ顔で返してきました。 「そんな無理に引っ張ったら壊れますよ。」 の女子達の反論に、 「ノズルの下にツマミがちゃんとあるんだわ。 無理にじゃないわ。」とシャチョウ。 ノズル談議が最高潮を迎えたところ、 静かに聞いていた若手女子スタッフ 続きを読む

12/

5

除菌 消臭剤

A2Care

水切り用ティータオルのお供に、A2

ティータオルを敷いて水切りとして使う スコープ的生活を、私生活でも継続中です。 自然乾燥という名に甘んじて 水切りかごに食器を山積みにしておく、 マイクロズボラをしていた私にとっては、 ナルハヤで拭いて片付けるという習慣が 自分に定着しつつある事が奇跡であり、 喜ぶべき人間的成長と感じている今日この頃。 ちょっと頑張って片付けてしまえば シンクの上には何も残らずスッキリ。 水切りかごに山積みの風景よりも 素晴らしいと、知ってしまったのです。 それに加えて、最近使いどころを体得しつつある A2使いによって水切りに使ったティータオルを カビさせない技を身につけました。 敷いたティータオルにA2を噴霧しておくと、 すぐに食器を拭けない場面や、 使った後の、洗濯タイミング待ちの間にも、 断然カビ菌が 続きを読む

10/

3

すでにキテる、まな板の黒カビをA2で食い止める。

まな板は直接食品を切るもの だから、除菌目的とはいえ、 よく分からないものを噴き付けたくない。 でもA2は万が一飲み込んでも安全性が 確認されている無臭の除菌消臭剤。 よく分からないものではない。 A2をまな板に使えたら、 食中毒の時期も安心だし、 黒カビも防げるから末永く 気持ち良く使えるのに。。。 嗚呼使いたい。そもそもA2って 俎板に使っちゃダメなんだっけ? 改めて確認してみるとまな板にも 使用できるということが判明! ただ、A2は食品添加物ではないので 『使用する前に洗い流してから使う』 というのが大事なポイント。 とは言え、まな板を使う時は、 大抵一度水で流すものだから、 特に意識しなくても大丈夫そう。 しかしお恥ずかしながら 家の俎板は長い間管理が悪かったせいで、 黒カビが既に結 続きを読む

6/

15

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

A2で部屋干しタオルは臭わない。

タオルで顔を拭いた瞬間、生乾き臭ポワ~ン、 風呂上りの爽快感が台無しやないかい。 誰もが経験していると思いたい生乾き臭問題。 この臭いは《雑菌の繁殖》によるもの。 濡れている状態が長ければ長いほど、 雑菌は喜び喜んで増え続け、臭いを放つ。 湿度の高い雨の日の部屋干しはそれすなわち、 雑菌を培養しているようなもの。 では、そんなヤバイ状況の時、 私はいったい何をすれば良いのか。 乾燥機があればよかったけどウチにはないから、 扇風機を回しておこうと考えるも、 留守中にコンセントから発火したら ボロ家は全焼し、隣の白亜の新築に 燃え移ったりして人生お終いか。。。 結局、干したタオルにA2を噴霧しておく という方法が、最も安全&簡単で効果が高い。 A2は雑菌の繁殖を抑える効果があるので、 濡れてる状 続きを読む

5/

23

除菌 消臭剤

A2Care

A2で、真っ白なカバーを真っ白く使い続けるのだ。

真っ白いカバーを使っていると 特に気になる黄ばみとか臭いとか。 それなのに、なかなかアレですわ、 毎日の洗濯物の兼ね合いと お天気の都合もあって 頻繁には洗濯できないのが現状。 でも真っ白いカバーが好き。 そろそろ6月も近づき、 寝汗もかくし布団がじめっとしてきた。 そんな時期の布団メンテナンスに、 去年から随分助けられているのがA2ケア。 これをシュッとしておくと、 夜すごく気持ち良く布団に入れるのです。 黄ばみは皮脂汚れや汗によるもので、 その原因のほとんどが『菌』。 もちろん臭いもここからやってきます。 A2はその『菌』の繁殖を抑えてくれるので 黄ばみを押さえ、臭いが消えるのです。 効果を分かりやすく感じたいならば、 大変失礼ながら失礼して、 お父さんの枕で試してみるといいかも。 A2 続きを読む

5/

11

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

A2で水替えの憂鬱を軽減。花持ちも長くな~る。

庭の枝モノをカットしてきて ホルムガードの花瓶フローラ24cmに飾り、 キッチンカウンターに飾るというのが、 実家の母のいつもの習慣。 24cmもある花瓶に大きな枝モノを ぶっこんでいるとなると、水替えするのも 結構大変なので、どんどん水が濁る。 Dr.コパが『よどんだ水、NG!』って 言ってたような記憶、甦る。 そんな濁った水を目にしていたので、 A2ケアを一本お裾分けしました。 「これを切口にシュッとしておくと菌が 増えにくいから水もこんなに濁らないよ。」 と言うと、何それ、怖いわ。という顔。 ほぼ水でできていて赤ちゃんのオモチャの 除菌に使っても大丈夫だという安全性を伝えると、 良く分からんけど安全な物ならもらっとくわ。 と半信半疑で使い始めたようです。 しばらくして、その効果を感じた 続きを読む

3/

3

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

A2非公認の技で、花粉のアレルゲンを消し去る方法。

花粉シーズン到来で、 家の中も花粉注意報発令。 A2Careニューボトルなら、超微粒子A2を 広範囲に噴霧できて、部屋に舞い散る 花粉アレルゲンを効率的に消せる。 でも、もっとズボラな私は思いついた。 アロマディフューザーや 加湿器の水にA2を使えば、 勝手に拡散してくれるのではないか。 ついでにタンクの除菌にもなって 一石二鳥なのではないか。 そういう使い方ってどうですかねぇ?と、 メーカーの方に確認してみたところ、 確かにアロマディフューザーも加湿器も 《超音波式》であれば、A2の効果 そのままに散布されるので非常に効果が あるというお返事(加熱式はNG)。 ですが、これはA2非公認。 多種多用な機種でのテストをすることが できないため、万が一故障した場合の 責任がとれないというわけです 続きを読む

2/

20

使用上の注意に、暗所の涼しい所に密栓して保管くださいとあり、夏場の保管場所をどうするか、思案しています。小さいものなら冷蔵庫に入れますが、4リットルは無理です。35度くらいになるところでも大丈夫でしょうか?

保管場所の温度のことですが、メーカーに問い合わせた時の返事では、A2は「熱」と「光」には弱いということでした。「光」に関しては、詰め替え用リフィル類もボトルも遮光されているため問題なし。(ただ透明のスプレーボトルに入れ替えて使ったりすると効果が薄れてしまうので注意です。) 「熱」については、温度が60度を超えると液剤の中での安定性がくずれて、除菌成分や消臭成分が急激に外気にでてしまうそうです。出てしまっても体に異常がでるような事はありませんが、60度の状態が長く続くと成分が抜けてしまって液体はただの水になってしまうということです。車内にA2ゲルや、A2ボトルを置いておく場合も真夏のボンネットの上でなければ、そうそうダメになってしまうことはなく、出窓など直射日光からの熱を避ければ、家の中のどこ 続きを読む

2/

20

花粉が気になる時期になってきて、A2ケアがすごくよさそうと思うんですが、4リットルは多すぎるかと思ったりしています。開封後どのくらいで使い切らないといけないものでしょうか?

僕らは20リットルっていう超ドデカパックを会社で買って使ってるんですけど、もう1年以上前ではありますが全く問題なく効果を発揮しております。メーカー的には開封後6カ月の検査と、未開封製造後6年の検査で、成分に変化はなかったから問題なく使う事ができます、という事ですから、開封後6カ月は全く問題なく使えます。ちょっと文面がわかりづらいですよね。正式な開封後検査ではないけれど、1,2年経っても普通に使えていて、揮発性の高い成分が含まれているわけではないから、何年でも問題なく使えるんじゃないか?とそんな事を取引先さんと話しておりました。なので、1年ぐらいは全く問題なく使えますから大丈夫です。 続きを読む

2/

8

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

家族内ウイルス感染を防ぐのに、A2を使いまくる。

流行性ウイルスが猛威をふるう季節ど真ん中、 私ももれなく、世間が最も厄介だと思っている 例の流行性ウイルスにかかってしまい、 5日間の出勤自粛チーン。2年連続ヒット。 情けなくて消えたい気分。 そのうえ子供にうつして更に追加で5日間 休むような事態になったら切腹もんだわなと、 ウイルス対策に信頼を置いている A2ケアを使って最善を尽くす自宅謹慎デイズ。 其の一 マスクの外側にA2をシュッ。まずは 自分の菌を撒き散らさないように努める。 其の二 定期的な換気とA2噴霧。 これは空気がクリーンになった事を 体で感じることが出来て達成感アリ。 其の三 家族がよく触る場所の除菌。 そもそもウイルスは空気感染ではなく 飛沫感染なので、ウイルス含みの菌太郎が 付着しているであろう、テーブル、ドアノブ、 続きを読む

1/

16

ふとん乾燥機の前にエーツー、外干しナシで寝具清潔。

寒くなると、母親が寝る前に ふとん乾燥機をかけておいてくれた。 温かくて幸せな子供の頃の記憶。 そのナショナルのふとん乾燥機、 今も現役バリバリ。ハウスダストや ダニに弱い娘にも良いかもな~と 思って毎冬使い続けていたところに、 ふとん乾燥機を使う前に 布団・枕・マットにA2して乾燥させると 除菌消臭されて気持ち良いですよ。 と、A2ケアの方が 更なる布団クリーンテクを教えてくれた。 なるへそ!以前、布団にA2をした時 かなり布団が濡れてしまい、 しばらく干しておく時間と掛け布団を 広げるスペースが必要だなーと感じ、 そのまま継続しなかった経験有り。 でも、ふとん乾燥機をかける前なら 濡れを気にせず噴霧できる。 エーツーには花粉やダニアレルゲンを 直接消す効果があるからダブルでナイス! それ 続きを読む

12/

20

マット、シート、ハンドル、エアコン、車内掃除はA2とMQ

車は年中汚れていてもドンマイな私ですが、 さすがに掃除をせずに年末を迎えるのは 心落ち着かず…。今年一番の気合と 車内清掃最強の2アイテム、 A2ケアとMQクロスで汚れに挑む。 まずは掃除機。次にマットをA2して干す。 その間にエアコンを簡単クリーンナップ。 手順はこんな感じ↓ 1 エンジンをかける 2 車内循環モードでエアコン「強」 ※送風口は足元以外を選ぶ 3 吸気口のある助手席足元を めがけてA2を連続ブシュー ※運転席側の場合もある A2を吸い込ませることにより エアコン内部まで除菌消臭。 見えない部分だけにやっておく価値アリ。 ダッシュボードやシートを拭くのには、 ミクロのホコリも絡めとるMQクロスが 偉力発揮。シートの溝に埋まったゴミが 写真でお見せできない感じで取れた。 最後に 続きを読む

9/

24

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

実録!上司オシボリは、人知れず土曜にエーツーしていた。

最近、臭いどう? と、上司オシボリが皆に聞いてきた。 失礼にも、何がですか?と聞き返すと、 ここのところの雨続きで、 朝出社した女子スタッフが ウェブ事務所に入るやいなや 「酸っぱいニオイがする。」だの 「なんか臭い。」だの、 声高に臭いアピールしていたので、 原因は床のタイルカーペットではないかと、 皆が居ない先週の土曜日に一人出社し、 事務所の床全面にエーツーを 噴霧しておいてくれたのだと言う。 そういえばここ数日「臭い」と 言わなかった自分がいる。 臭くないと臭かった事も忘れるらしく、 誰かの心遣いと、 除菌消臭剤 A2Care のお陰で 快適に過ごせている事にも 気がつかないものだ。 役職名:取締役のオシボリが 一人でシュッシュしてくれたのかと思うと、 切なさと侘しさと有り難さとで、 続きを読む

8/

31

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

夏だからって素足で履いちゃったんだろぉ? 子供の運動靴に、エーツー。

小学校の長い夏休みが終わる。 子供の運動靴がいよいよ ヤバイことになっている。 かかとを踏んでサンダル履きしたり、 ザリガニ釣りで池にはまったり、 靴が傷む原因は色々あるのだけど、 一番ヤバイのは、臭い。夏だからって、 素足で履いちゃったんだろぉ? そんな時には、エーツー。 シュッと噴霧するだけで除菌消臭。 無臭の液体で臭いを分解するから、 フローラルな香りを被せる消臭剤と 靴の臭いが相俟ってオエップな ダブルパンチを食らうこともなく、 丸洗いする以外で一番効果的で 簡単なケアができる。 以前フェイスブックのコメントに 中学生男子の部活スニーカーの ニオイが消えたと、喜びのコメントを 下さった方が実際にいらっしゃったので、 あながち大げさな話でもないのです。 我家では運動靴の他に、 毎週持っ 続きを読む

6/

29

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

濡れた折りたたみ傘を放置してしまったニオイに、エーツー。

シャチョウの折り畳み傘が臭いらしい。 スコープで別注してまで継続しているほど、 超☆お気に入りの傘、 SENZ×minaperhonenのTwigが、 広げる度にブルーな気分になる ニオイ付き傘に仕上がってると、 悲しい表情のシャチョウ。 原因はなんとなく想像できる。 出張先で雨が降る→折り畳み傘を使う→ 濡れた傘をビニール袋に入れる(付属の 傘袋など、とっくの昔に失くしている)→ バッグに仕舞う→蒸らし→出張から帰る→ バッグの中でそのまま寝かす→熟成。 こんなことなんじゃないだろうか。 半ば諦めモードで 「エーツーしたら消えるんかなぁ。」 とボヤいていたシャチョウですが、 その後自宅でエーツーを 猛烈シュッシュすること4回戦。 1回目の噴霧&乾燥では、 ニオイは完全に消えなかったものの、 続きを読む

ハウスタオル ブルー

6/

9

A2Care 除菌 消臭剤

A2Care

タオルの生乾き臭はエーツーで消えるのか。

長く使っているタオルを 部屋干しで乾かすと、 うっすらと生乾き臭がしてくる。 長雨が続いた時に 「今日のタオル、学校の雑巾と 同じ臭いがする。オエッ。」 と娘に言われた時は、 雑巾なことあるかいバカチンが。 と、ムッとしたけど、 まぁ、正直一歩手前の臭いではあった。 ニオイの原因は、雑菌。 湿度も温度も高くなるこれからの季節、 乾くまでの時間が長ければ長いほど、 雑菌が繁殖するのに好条件。 そんなのは知ってる。 でも、だが、しかし、乾燥機のない酒井家は、 脱水&部屋干しで梅雨シーズンを やり過ごすしかない。 ならば最後の砦、必殺 A2care を 使ってみたらどうだろう? 雑菌が繁殖しなければ、 ニオイが発生しないのでは? 臭わなかったらこりゃすごい報告ができる! そう思って雨続きの日に試し 続きを読む

3/

7

除菌 消臭剤

A2Care

フローリング掃除にA2 Care。花粉のアレルゲン消え~る。

家に入ってしまった花粉っていうのは、 掃除機をかけてもその排気で逆に舞い散る って聞いた。目には見えない世界だけど それはなんか、イメージできる。 特にフローリングなんか、 何のひっかかりもなく、ツルツルしていて 飛び散るのには絶好の床素材だから 私が花粉なら、もちろんスライディングして どこまで遠くに行けるか、ダニやホコリと 競い合い、はしゃぎまわるだろう。 掃除機が逆効果と言うなら、 フローリングにはクイックルワイパー的な そっとかき集める方式を 選択することになるけど、ここで、 無駄にはしゃごうとする花粉達を 黙らすことができるアイテムが、エーツー。 A2 Careのスコープ担当の方が、 自宅でいつもやっている花粉対策を 教えてくれたので、そのままお伝えしますと、 エーツーをクイックル 続きを読む

1 2