#家具と道具

スツール 60 アルテック

3/

31

景色に合う家具

とりあえずの家具はアルテックのスツール60だろう。これがない生活というのは最早考えられない。座るだけではなく、床族化すれば小さなテーブルとしても使える。注意したらば踏み台としても、、、ダメなんだけどネ。複数個並べれば、それなりに飲み会も可。不要な時はスタッキングしておけば場所もとらない。毎日、絶対に使う物ではないのだけれど、あると安心で、ないとそれは困る。神戸の新しいマンションへも、とりあえず3個持ち込んでみた。さてさて、やっと物の入れ込みが終わった。テラスの向こうに夕陽が見える。そんな新しい景色を眺めながら、スツール60をテーブル替わりにお疲れサン!と一杯やる。その時にフッと気づいた事がある。テラス近くだったり、テラスだったり、外が広く見える場所にスツール60はよく似合うんだなぁって。神戸 続きを読む

1/

5

ツノ付き、めちゃかけコートハンガー

このコートハンガーといいますか、 掛けるヤツ、サンプルを愛用する事、 既に3年は経過しておりまして お試し期間が妙に長くなってしまった のは僕が気に入っていない訳ではなく、 気に入り取扱いしようと思った時には 輸入元さんが取扱をやめていたから どうしようかな?ってだけでして、 今や僕の生活には無くてはならない。 僕は素晴らしく気に入ってます。 どーです?これ、あんまですかね? で、輸入する事にしたから 間もなく入ってくるんですけど、 一つ気になってる事があります。 僕の愛用歴が長いからスコープの写真 にチョイチョイ登場してるんですけど 全くもって問い合わせなし。 引越しの時には業者さんから 最も注目を集めたピカイチ家具なのに どうも、どうも、問い合わせがない。 誰にも気にされていない。実はそ 続きを読む

12/

19

座れる、頼れる、床上収納

可燃ゴミ袋、不燃ゴミ袋、 資源ゴミ袋、溢れるレジ袋。 三角コーナーネット、キッチンタオル アルミホイル、ラップの買い置き、 重たい2Lの水とお茶。 キッチンの必須アイテムなのに、 収納スペースから溢れがちなものが、 キッチンテーブルの真下、 ファティーに収納されていています。 そして時々引っ張り出して、 イスとして座ったりもしています。 口が半開きなのは、 何度も開けたり閉めたりするので、 とうとうロックするのが面倒になり、 さらに調子にのっていろいろと 詰め込み過ぎたから、の結果図。 バッチンとロックされていると もっとカッコ良いんですけどねぇ。 Schmidinger module / Fatty Containers https://www.scope.ne.jp/schmidinge 続きを読む

9/

16

1930年代 stool60の、 座面ファブリックを ひっぺがしてみっぺ。

stool60の事なら、なんでも知っている。 おそらく日本で一番stool60が分かる人物、 「北欧家具 talo」のオーナー、 太郎さんが、来スコ。 シャチョウが資料として買い集めた、 1930年代から 第二次世界大戦を経て 1970年代までのスツール約170脚を 太郎さん&シャチョウの2人で、 レッツ年代別グループ分け。 ↑これだけあれば、分かるっぺ。 太郎さんの知る定説に沿って グループ分け&時代を解明。 これはどうなの?という物が出てきたり、 定説自体に疑問を抱くような部分が あったようですが、最終的には、 解明した!!と言ってました。 太郎さん&シャチョウ見解の 『stool60の見分け方』、 そのうち伝授してくれるはずです。 で、その解明がひと段落した後、 「後で被せたファブリッ 続きを読む