• カート

#出張

私の番ですか?

5/

19

【3日目/前半】ECOLA 羊の刈取り

羊の毛を刈る現場を見に行ってきました。 冗談でINTO THE WILDなんてタイトルを付けたら 本当にワイルドな流れになってきた。 1年経つと、↑これぐらいの毛の量になるので、 5月頃の晴れて乾燥した日に刈取りされます。 刈取りは1年に1回。オオカミに噛まれたり 病気してたりする羊の毛は刈らない事もあって その場合は2年後に。でも2年すると毛が固く なるから、使えないそうなんだけど。 ちょっとかわいそうにも見えるんだけど、 脚を縛るのは羊が暴れて怪我をしないためだそうです。 とっても重要で、縛らないと死ぬ時もある って言ってました。 実際、刈る側も怪我するかもしれないですしね。 そして、これは超重労働。 薬を注射して羊の毛を簡単に抜く?方法を 採用したくなる気持ちもよくわかる。 僕の力じゃ 続きを読む

食べ放題

5/

19

【3日目/後半】ECOLA 羊の放牧

草をただのんびり食べてる羊の皆々さま。 羊飼いと犬に連れられ、 場所移動しているところ。 団体行動はお得意な模様。 非常にまとまりがあります。 移動した先は色々な花が咲く、 めちゃんこ綺麗なお花畑的場所でありました。 くーるー! 最高に気持ちいい! 本当に気持ちい! 知らない人間からは逃げる羊&ヤギですが、 こいつだけは僕に近づいてきました。 ちょっと変わってます。 続きを読む

ほっ。

5/

18

【2日目】 取材に来て取材されるぅ~の巻

ストライキの影響で飛ばないかも? と聞いていたポルト行便ですが なんの問題もなく予定通りに飛んでくれました。 セーフ!です。良かった。 空港に到着するとエコラのアントニオさんが 待っててくれて一緒にタクシーでマンテイガスへ。 今回は取材なのでスコープチームは総勢4名! スーツケース6個に手荷物4個という超大所帯!! で、アントニオさんとタクシーの運転手さんだから 凄い密度!(笑)窮屈ではありますが 乗れてよかったの気持ちの方が圧倒的に強い。 どうしようもなく乗れなかったら どうなったんであろうか(笑) 帰りのタクシーは同じ車を確実に予約しておかないと。 マンテイガスに大きなタクシーはこれ一台のみって 聞いているので。 マンテイガスヘ140kmで疾走中! でも、丁寧な運転だから気持ち良い。 高 続きを読む

間違っておりた駅とコケポーズ.JPG

5/

12

【1日目】 なぜかドイツでルービー

フランクフルトで一泊して 翌日の朝一でポルトガルのポルトへ。 空港近く泊なんだけど せっかくフランクフルトに一晩いるので ソーセージ的な夕食を街中へ出て~と思い 電車に乗って中央駅へレッツラGO! はりきって出発したら完全に逆向きでした。 即下車。 すると降りた駅の前には テラス席のあるビールが飲めそうな 素敵な店があるじゃないですか。 ぶらり途中下車じゃないんだけど 中央駅近辺ではなく!あえて! ここで食事したらワイルド!ということで 立ち寄る事に。ワイルド―! 客もどんどん入っていく人気店。 期待がペプシマックスに到達したところで わかったこと。そこはイタリアンでした。 やっぱやめる。 やめて中央駅を目指す。 するとポルトガルのエコラから電話が。 ポルトの空港が今日、明日とストライキで 続きを読む

0203_00.jpg

2/

3

ユハニ レメッティ

これで会うのが3回目ながら 妙に長い間知り合いのような感覚のあるユハニさん。 ヘルシンキにあるショップAERO DESIGNの元オーナーで ILMARI TAPIOVAARAの再生産なんかを手がけた 有名なビンテージのディーラーでありコレクターです。 いつもartekの2nd Cicleで会って 主にartekのビンテージについて教えて貰ってます。 で、今日はヨハニさんの自宅に来ないか?って 誘ってくれたのでみんなでゾロゾロといってきました。 感想は・・・ちょっと想像を遥かに超える凄さです。 ここまで突き抜けていると本当に凄いです。 写真をガンガンとってきましたから是非ご覧ください~。 このAaltoベースはなんと200万ぐらいするそうな。 ギガントであります。 そもそも、こういう物が 家に 続きを読む

1 2