#バード試作

2/

5

どーしても気になってしまってイッタラ工場へ(シエッポ製作四日目最終日)

さて、帰国の当日、ヘルシンキ経由で レンタカーを飛ばして空港へいけば それにて今回の出張は終わりなんだけど どーしても気になってしまって イッタラ工場へ寄り道して 午前中はシエッポチェーック! そして日本へ帰る事にしました。 (僕の作ったシエッポの極意書見ててくれております。) これにて4日連続イッタラ工場。 それも朝からずっといる(笑) こんな人は他にいないよねってイッタラ の人に話したら、まーそうだけど、 デザイナーはみんなこんな感じで、 オイバは君ほど細かくなかったみたいな 言葉が聞こえてきて何か笑えました。 でも、こんな風に物を作るのは面白い。 オイバがどんな風に考えて どこを大事にしてシエッポを作っていたのか、 それが現場に立って今少しわかった様な気が しています。実によい勉強にな 続きを読む

2/

4

今日はシエッポのできるまで解説しつつ(シエッポ製作三日目)

シエッポ製作三日目。 はい、なんとかうまく行きました。 多分、もう大丈夫です。 本日は、シエッポ製作工程を写真で 流しつつ、一日を振り返りましょう。 アッソーレ、ヨイショっと! (職人サンA:吹き竿にガラスをとりまーす) まさか、ここまで 苦労するとは思ってなかったです。 シエッポみたいに職人の手作業、 感覚が突出して完成形に影響する物で 更に古い物なら、研究しまくらないと うまくいかない。身に染みました。 サンプルがあるぐらいじゃー、無理ね。 (職人さんA:一度形を整えます) ここまでフリーな手法で作られている バードも今では少なくて、製作の機会も 少ないというのも今回難関化した ポイントだとも思います。 スコープオリジナルのラカティに近い 作り方。そして小さいとガラスが すぐに固まるから 続きを読む

2/

3

前のめりで下向き(シエッポ製作二日目)

シエッポ。難しすぎる。 その後の更新が途絶えたから 何事もなく無事進んでいると そう思われていたかもしれないけど、 実は完全にテンパってしまい、 胆力が極端に低い僕は そこから逃げ出したい そんな衝動に駆られていました。 あまりのストレスとプレッシャーに 強烈な胃痛と吐気がブッシャー!な程で、 正直二度と経験したくない、悲惨な二日目。 製作の方向的には前のめり下向きの二日目。 僕の姿勢は常に前のめり、 でも結果は超下向きな、そんな酷い二日目。 初日作った物の中から良い物を数個選び、 それを基準にして、実際の生産に入る。 その目論見は見事撃沈!!!!!ヒィイ。 初日良いと思った形も 完全に同じ物はできないから ある程度そこから幅がある物が 出来あがってくるのですが 初日オッケーした物を基準に作 続きを読む

2/

3

シエッポ復刻!そんな簡単な事ではないわな。人生山あり谷啓だ。がっ、頑張るわぁ。

イッタラでシエッポを作り始めたから 形がこれでOKかどうか?のチェックをしつつ 製作現場を撮影しようとイッタラへ行ったら ちょっと冷や汗マックスマーラー、 脇汗タランティーノな状況でございました。 会議テーブルの上に30個ぐらいの クリアシエッポ。横の木箱に更に50個ほど。 さー、この中からOKなのとダメなのとを わけて欲しい。品質の基準を作ろうと そう言われたけれど、こっ、これ全ボツ。 僕がOKをだしたサンプルと全く違う(涙) これ本当に焦ります。 文字でみたらインパクトあんまですが その現場にいたら本当泣きたくなります。 マジか。。もう作らないで。 他は全部キャンセルします。。。。。。 って諦めたくなる気持ち3000%です。 これを沢山仕入れないといけないのは 辛すぎます。 このままでは 続きを読む

1/

31

2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻! しちゃうよしちゃうよ。

えーっと、突然ですが シエッポを復刻します。 そんでもって、シエッポは布で包まれ 皆様のお手元に届く予定ですが その布は石本藤雄先生が新たにデザイン してくれます。というかしてくれました。 僕はシエッポを復刻したかった。 そしてオイバと石本先生はとても仲良く されていて、よく二人並んでいる。 そんな光景が僕の頭によく浮かびます。 それらが混ざり2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻が組みあがっていきます。 シエッポ復刻が大体決まり、その発売時 に、何か特別な事をできないだろうか? そんな事を考え続けていた2014年12月の ヘルシンキ出張中に、あっ!と閃きました。 復刻するシエッポをフローラのように 布で包もう、その布を石本先生にデザイン して貰おう。そうキラッときたわけです。 まぁ、これ 続きを読む