ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻! しちゃうよしちゃうよ。

えーっと、突然ですが
シエッポを復刻します。

そんでもって、シエッポは布で包まれ
皆様のお手元に届く予定ですが
その布は石本藤雄先生が新たにデザイン
してくれます。というかしてくれました。

僕はシエッポを復刻したかった。
そしてオイバと石本先生はとても仲良く
されていて、よく二人並んでいる。
そんな光景が僕の頭によく浮かびます。
それらが混ざり2015年スコープ最大企画
シエッポ復刻が組みあがっていきます。

シエッポ復刻が大体決まり、その発売時
に、何か特別な事をできないだろうか?
そんな事を考え続けていた2014年12月の
ヘルシンキ出張中に、あっ!と閃きました。
復刻するシエッポをフローラのように
布で包もう、その布を石本先生にデザイン
して貰おう。そうキラッときたわけです。

まぁ、これは途方もなく無茶な発案でして
無理過ぎて誰も思い付きもしない。
でも、僕は絶対に実現させたかったから、
まずオイバに話してみた。
で、これがオイバの反応。

『それができたら素晴らしいが
フイ(石本先生の事)はテキスタイル
のデザインは、もうしないだろう。』

よくよく考えればマリメッコでの仕事が
終わってから、布の仕事をしていない
石本先生ですから、そんなのは所詮無理
な話というわけです。

それでも、まぁ、言ってみようと
その日の夜にオイバと石本先生、そして
イッタラの人々と大勢で夕食に行く機会
があったので、話してみました、すると。

『デザインするのは凄い力がいるんです。
これで正月休みがなくなりましたね。』

えっ?やってくれるって事?
サクッと一発返事でお受け頂きました。
凄い流れだなって我ながら思います。
流石のオイバも少し驚いてました。

『フイがやるのか?ブラボー!』

という事で、スコープはSieppoを復刻し
そのSieppoはは石本先生が新たにデザインした
布に包まれまして、皆様のお手元に届く事と
なりました。

2015年スコープ最大企画 シエッポ復刻!
以下の写真に写ってる3人でお届けします。
あっ、僕は余計か。シャシャリでないで
脂肪の断捨離しろって感じですね。謝。

さて、シエッポの事も少し話します。

オイバ・トイッカのバードといえば
その始まりはSIEPPOです。
それはどうやって生まれてきたのか?
そんな事をオイバに聞いてみた所、
それは、そうだな、パァーっと出てきたんだ。
と言ってました。予想通りのお返事です。

そのシエッポをもう一度作りたい。
というのが僕の中にずっとありまして
それがようやく実現というわけです。

ビンテージはなかなか見つからないし
高いし誰もが手にできる状況ではない。
でも皆欲しい。シエッポ作って下さい!
それは皆さんから頂く最多リクエスト。
だからやろうと、それだけの事です。

でもどうせやるのなら徹底的に行こう。
僕が作りたいのは2000年前後に
再生産された綺麗に形の揃った
少し大きなSieppoではなく
(オイバのバード本のSieppoはこの新物)
個性豊かな形をした小さなシエッポ。
それも裏面は綺麗に研磨されていて
サインも手彫りでという
まさに1972年から1978年に生産された
発売当初のシエッポが理想です。

凄い個体差になるから
どう売るのか?今から頭が痛い所ですが
とりあえずは、その事は忘れておきます。
進まなくなっちゃうから。

シエッポを今作るってだけでも大変な事
ではありますが、更にその形や加工まで細かな
希望だらけだから、不可能な領域だと思って
いたのですが、色々な好材料が重なりまして
いよいよ本格的に実現とあいなりました。

ただ、当時の色が全て使える訳ではない
ので、オイバのご助言を仰ぎながら
近い色を組み合わせてます。中には
新しい色もありバリエーションに富みます。
結局ですね、ファーストプラン13色でした
が、オイバと話していく中で2色追加の
15色バリエーション作りたくなってます。
それはこれからまたイッタラに話さないと
いけないのでうが、月曜に話します。

まぁ、途方もない事になってきてますが
イッタラと直で取引する事になった
身軽なスコープの挨拶的新企画という事で、
今後もスコープをご贔屓にして頂けますと
僕らも新しい事にチャレンジできますから、
なによりどこより
イッタラとアラビアはスコープで!!!!
と皆様のご支援を心からお願い致します。
どうかーどうかー。

そして今回復刻するのは脚無しのみ。
これがうまく行ったら脚付きに突入します。

text:シャチョウ