ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

石本藤雄先生宅訪問

石本藤雄大先生お手製の
SISKON MAKKARA KEITTOを
(フィンランドのソーセージスープ)
石本先生のご自宅で
ご馳走して貰っちゃいました。

そして
フィンランドのサウナにも入りたかったので
石本先生にお願いしてご自宅の共用サウナへも
はいらせて頂きました。先生も一緒に。
すみません。何から何まで。

流石にサウナの部分は写真ないんですけどね(笑)

フィンランドのサウナと日本のお風呂は
通じる部分があるなぁと思うわけです。
一緒にサウナに入り、ゆっくり話してすごす。
サウナから出て、ビールを飲んで、また入って。
なんとなく、温泉旅行にいってる時みたいな
リラックス感と楽しさがあります。

いつか石本先生オススメの
サウナ→湖へドボーン!をやってみたい。
真冬はそのまま天国へ旅立つといけないので
夏にレッツチャレンジです!

1 ここまでMIXした事ない自分の未熟さを痛感。.JPG

2 東屋の井戸碗にエビちゃん。.JPG

3 オイヴァのIglu.JPG

石本先生のテーブルセットです。

テーブルクロスも素敵なので(僕もゲッツしよう)
色々なジャンルの食器をミックスしていても
全体はまとまっていて、とても美しいです。
僕だともっと系統を揃えてしまいますもん。
この領域はまだ無理。自信ないです。

Omaガラスプレート、OivaのCobolti、中国のお皿
そしてグラスはOivaのIgluです。印判もあります。
エビが入っているのは東屋の井戸碗(松灰)です。
石本先生は東屋の伊賀シリーズを凄く気に入って
使ってくれていて、飯碗も愛用してくれていたのですが
最近割ってしまったそうな。
次のお土産は東屋の飯碗で決まりだなーっしゅ。

そして。
東屋の物作りは凄いなと改めて思うのです。
やっぱ。東屋の熊田さんは偉大です。
彼が作る物は凄い人たちにも認められる。
ポイ物を作り、風な仕事をしてたら
石本先生みたいな人には使って貰えないもん。
って人の事を感心してばかりいないで
僕も頑張れよって感じですよね。ハハハハ。
僕は人間が小さいから、なかなか難しい(笑)

でも、いい物をいっぱい見て、いい物に触れて
経験を積んでいけば、自分なりに好きな物が
ジャンルに囚われないで集まっていくだろうし
大事に使い続けて、物も感覚も蓄積されていく先に
こういった自由なテーブルセットがあるんだろうと
思うのです。いい加減な物選びはできないですね。

4 何から何まですみません。.JPG

5 SISKO MAKKARA KEITO.JPG

6 マッカラ1kg以上のボリューム.JPG

お食事は生のソーセージから作る
フィンランドのソーセージ料理
SISKON MAKKARA KEITTO
いつか、これをスコープレシピに載せたいなぁ。
生のソーセージは簡単に手に入らないだろうから
普通にポトフっぽくなっちゃうかもしれないんで
すけどね。

そして、このARABIAの直火OKなポットが
SISKON MAKKARA KEITTOを美味しく作るのに重要。
なかなか見つからないって話なんだけど
つい最近、再生産されたそうな。スコープでも
石本先生のレシピアップと一緒に
取扱開始できたらいいのになぁ。
あー、それいいかも!相談してみようかな。

7 石本先生は.JPG

8 このオイバの横顔、好きです。.JPG

そして
このお食事会はオイヴァ先生も来てくれました。
石本先生とオイバ先生は凄く仲がいい。
よく食事に二人で出かけたりするそうですよ。
お二人の過去話はとても楽しいです。

9 やはり貴重な作品がたくさんあるのですよ。.JPG

10 Suuri Taiga.JPG

11 家具のストライプもイカシています。.JPG

自宅は、やはり皆さま
それぞれのカラーが色濃くでますよね。
石本先生宅の家具は、先生オリジナルだったり
先生オリジナルペイントだったりする。
その置き方、使い方も素敵でありました。

12 oivaはこの席がお気に入り。.JPG

13 楽しくお茶を飲みながら沢山お話をしました。.JPG

気付けば11時近くになっていて
あっという間に時は過ぎるです。

かなりハードな北欧出張の最後の夜。
こんな事をいったら怒られちゃいそうですが
友達の家に遊びに行ったみたいに
非常にノンビリして、リラックスしまくって
しまいました。サウナも入っちゃったしね!

石本先生とオイバ先生に
いつか名古屋に遊びに来てもらえたらなぁ。

そしてスコープで石本先生お手製のFlowerと
OivaのスコープオリジナルBirdを取り扱う事が
できたら、なんかこのお食事会がスコープへ
移築されたみたいで楽しげだなぁと妙な角度で
妄想をしておりました。

text:シャチョウ