ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

ピルッカをドムスラウンジのオットマンとして使う場合、高さは44cmのほうがよいのでしょうか、それとも35cmでしょうか?

Q&A

ドムスラウンジチェアに深く腰掛けて、スツールに足をまっすぐ投げ出してみるというスタイルを試したところ、35cm・44cmの高さ、どちらも悪くない!という印象でした。足をあげるとくつろぎ感がかなり増します。ただ、ラウンジチェア座面の一番高いところで高さ41cm。お尻が乗っかる部分はそこよりも5cmほど低くなっていますので、44cmのスツールを合わせると若干足が上がり気味の体勢になります。オットマンという用途メインで使われるご予定ならば、35cmが良いのかなと感じました。スタッフ花井・酒井も35cmピルッカスツールの愛用者なのですが、2人とも自宅でオットマンとしてラウンジチェアやソファと合わせて使っています。『高すぎないので足も上げやすいし、35cmなら体操座りなど足を崩して座ることもできる!オットマンとして使うならば、35cmが良いと思います』とのことです。ただ、来客が多いときにダイニングテーブル周りでイスとしても使いたい。という場合は、44cmの方が良いのは確実です。もしスツール60をお持ちでしたらこちらも高さが44cmとなりますので、ドムスラウンジがやってきた後に代用して一度お試しいただくというのも手かもしれません。