ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

350ml缶を一本、美味しく美しく飲めるのは、レッドワイン or ビアグラス、どちらがオススメ?

Q&A

350ml缶を一本、一番美味しく美しく飲めるのは?そのズバリは見てる所によるんじゃないかと思います。缶ビールがピッタリ入って気持ちいい!、缶酎ハイみたいなアルコール類を氷も入れてスッキリ入れたい!容量的なズバリとなれば、ビールには泡、他酒類には氷を入れたくなるので、350mlに対してかなり余裕ある容量のビアグラスがいいと思います。これなら泡や氷を含めても非常に良いバランスで、気持ちよく注ぎ切る事ができるでしょう。タイム&スタイルのYAEが350ml缶を泡までうまく注げるように作られてまして、容量が470mlです。対してROYALビアグラスは460mlですから、容量的にはほぼ同等で、同じように泡までスッキリ注げるでしょう。そして加えて形的にも口が広がっているのでジュースを出したりにも使え用途は広いと思います。でもYAEをお持ちであり、別の使い方をしたいわけでもないのであれば、既に容量的なスッキリを求める必要もない気がします。容量的なスッキリを目指すとそれはビアグラスを作る時に誰もが考えるポイントだから結果どれも似た所に向かい、普段から見慣れた容量なわけですから、使った時の新鮮さという部分に欠けます。ステムグラスでビールを飲むというのは、それなりに新鮮ではありますけれど。ただレッドワインの方が新鮮です。それで、僕はROYALのレッドワインが容量多めだからビアグラスにいいじゃないとなりました。獅子文六先生の好食つれづれ草の「ビールと女」という文章の中で、

女がビールを飲んだって、何も驚くことはない。犬がビールを飲んだのではあるまいし、少しも異とするに足りない。それを奇とする私が、時代遅れなのであって、ドイツの女は、水のごとくビールを飲む。家庭で飲み、ビア・ホールで飲む。イギリスの女も、軽ビールをよく飲む。もっとも、いわゆるパブなぞで、立ち飲みをしているのは、あまり体裁のいいことにはなっていないらしい。フランスの女も、ビア・ホールのない国だから、大ジョッキを抱え込む風体は見られないが、ちょっとキャフェで休んだ時に、一杯のボックを注文するのは、極めて普通の現象である。ボックというのは、大型ワイン・グラス一杯の量で、ご婦人向きともいえる。

ってのがあって、文章では量の話をしてるんだけど、そこからワイングラスでビールを飲むというのはいいかもしれないという所に至ったわけです。容量370mlだから350ml缶がスッキリ入りますか?という質問も良くいただくのですが、そんなスッキリ入る事は大事にしなくてもいいという見方もできます。使っていて洒落ていて気分がいい。それというのは美味しく美しく飲めるに近い気がします。370ml容量に350mlを入れるのだから、泡がほぼほぼ無い具合に注がないと入らないのは数字見ただけでもイメージできます。でも、いい具合に注いで余ったら、その場で飲んでしまえばいいんじゃない?とかそんな風に考えると物を選んだり使ったりにも幅が出来て良いですよ。そして僕はそんな方向がカッコいいと思います。何もかも完璧だと、それは実は普通でつまらないんじゃないかな?コメントを読んで気分を上げたいという所のみをピックアップすると、求める所は新鮮さであったり、雰囲気であったり、独自の飲み方というかスタイルであったりするんだろうから、僕はレッドワインの方がいいんじゃないかと、そんな事を思います。あとワインを飲むっていうのなら、なおさらレッドワインな気がします。