• カート

1/

28

ヘイニ リータフフタ

マイスオミのハンナさんの家に続き ヘイニのお家でも撮影をしました。 なんかメチャクチャですよね。 ハハハハハ。 でも、やりたい事はやりたいように 思いついたままに聞いてみるです。 おっいいね! やろうやろう って事になれば、それはそれでいいわけで。 最近、無理だよなって思うぐらいの発想が最も大事であり 誰でも思いつく事はやらなくていいんじゃないかって思う。 つまらいなもん。やってても。そして、きっと、見てても。 あっ、面白い事もあるかもしれないけど刺激的じゃぁない。 ちょっと飾りにくい!?Aaltoベ―スも チューリップをどっかんと飾ればシャレオツです。 へイ二の家に来ると、壁紙がいいなって思う。 あとは撮り忘れたんだけどカーペット。 多くがArtekのみたい。もうあんま作ってない。 スコー 続きを読む

1/

27

アルテックの吉田さんとTIGER & PUTTE

artekでデザイナーとして働いてる吉田さん。 ツイッターで連絡をとって ヘルシンキへ行くと一緒にご飯へいったりしてます。 で、なんでか毎回ココに来てる気が。 Artekのショップの上にある中華料理のTiger。 ここ、なかなか美味しいです。 ただ、麻婆豆腐は激烈辛くて口が爆死するので セレクトしない方がいいと注意報を流しておきます。 ちなみにPUTTEはクラウス・ハーパニエミが飼ってる 黒猫の名前なんですよ。ってちょっと小話。 場所は中央駅から近くて市の中心だからヘルシンキを 訪れて、なんかザーピー食べたくなったらいって みてください。週末の夜は結構混んでて激しめです。 遅い時間はピザ食べる感じじゃぁーない(笑) アンットも来るからっていってたんだけど フラッとあらわれてピザの大量オーダー 続きを読む

1/

27

資料収集という名のビンテージハンティングゥ!

資料集めという名のもとに 美術館級といわれるような quite rareなアイテムを集めるのは 非常に、非常に刺激的で一番楽しい。 いわゆる5つ星に近いような そんな極めて珍しいアイテムがいい。 今、僕の中でかーなーり ホットなアイテムがAino Aaltoタンブラーの 一番古いバージョン。ビバンダムみたいだよね。 これは超珍しい。ここには沢山ありましたが このお店?が特別であって、そんなに見るものではありません。 なんでもそうだけど、ずっとプロダクションが続いている アイテムのスタートってのは最も価値がありますよね。 当たり前なんだけど。最初をみることができるというのは 非常に刺激的で、それを手にして毎日使うというのは 更にハッピーバレンタインであります。 そして和食器のような雰囲気を醸し 続きを読む

1/

26

マイスオミ

今回のフィンランド出張は約2週間の予定なのですが 当初はほとんど予定がなかったわけです。 でも何故2週間もの長期出張になったかといえば 「オイバと一緒にヌータヤルビで  スコープオリジナルバードの試作をする。」 が最大目的でして、その日程がずっと決まらない。 で、やっと2週間の間のどこかというのが決まった。 それで2週間になった。だけの話なんです。 が、流石に撮影スタッフ3名が2週間のうち 予定があるのは2日だけってのは宜しくない。 そこで、マイスオミのハンナさんに協力してもらって フィンランドで写真撮影をしたらどうだろうか? という事になり、超過密な撮影スケジュールが ドサッと詰め込まれたわけであります。 スコープアパートメントだけじゃなく フィンランドでも撮影を行う。 リアルなフィンラン 続きを読む

1/

25

FUJIWO ISHIMOTO

オイバ先生の家に石本先生も来てくれて 一緒にブリニを作って食べてた時に 石本先生が自宅へ誘ってくださいましたぁ。 お食事は生のソーセージから作る フィンランドのソーセージ料理 SISKON MAKKARA KEITTO!! 前と同じになっちゃうけど~ って言ってくれたのですが それこそ何をおっしゃいますやら!です。 正直!超美味しいですもん。 長い間、北欧に身をおいている僕にとっては あの味は非常にホッとします。 近くのレストランで食べる事ができるのであれば 通っちゃう系です。間違いなく!!! みんなキャーナーリー リラックスした雰囲気ですが それはそのはず。 なにせ男4人でサウナに入ってきた後であります。 サウナ入って、ビールも各自2本ほど既に決めてますから!(笑) この生ソーセージという 続きを読む

1/

25

Artek 2nd cycle

Artekの「2nd Cycle(セカンドサイクル)」 もともとは古いスツール60と新しいスツール60を交換して 古いスツール60を集め、そこにチップを組み込み そのチップに今まで使われてきた場所などなどの歴史を 刻んでいくという所からスタートしています。 今も全てのアイテムにチップが組み込まれているわけでは ないのですが、Artek自身が古いArtekの製品も集め 再度販売している。そいうったお店を持っているというのは 素晴らしいことだと僕は思うわけです。車なんかは中古車も 扱ってて、分野によっては当たり前なんだけど このインテリアに関して言えばまだまだですよね。 家具は大きいから使い捨て感覚はそろそろ禁呪化しないと いけないような気が僕は非常にしております。 数年でゴミなってしまいそうな 続きを読む

1/

24

Atelje Finne 【ヘルシンキ】

僕と秘書課の玉ちゃんコンビに加え 今回はヌータヤルヴィでの撮影もあるから 撮影スタッフ3名がヘルシンキで合流。 総勢5名のツアーメンバーとなりました。 もちろん旅費は全てスタッフ負担! なぁんて、それはアフリカンジョーク(笑)   クラウス・ハーパニエミの友達の輪! で仲良くなったレストランオーナー兼シェフの アンットのレストランで初ディナーはキメ! 全員で行ってきました。 彼が持つ3件のレストランのうちの一つ。 Atelje Finne 営業日: Tue-Sat: 17:00 – 24:00 Arkadiankatu 14, Helsinki 電話: +358 9 493 110 メール: info@ateljefinne.fi 前回、ヘルシンキへ来た時 artekのディナー会 続きを読む

1/

23

ハッリ コスキネン

ヘルシンキ到着して一番最初にあったのは ハッリ・コスキネンでした。 最近かなり仲良くなれてる気がします。 とっても忙しいようで(当たり前か) ミラノに行ってストックホルムへ行ってと スケジュール聞いてるだけでも倒れそう。 そんなハードな日程の中で この日は午前中ならOK、この日はヘルシンキに夕方 帰ってくるから夜ならOKって、即空いてる時間をしら せてくれ、僕らとのミーティング時間を作ってくれる のは非常に嬉しい。 と非常にリラックスな感じをうけるかもしれないけど ハッリはスターですから。僕も最初の頃のような凄い 強烈な緊張感はないんだけど、常にある程度の緊張感 はやっぱあって僕のHPの減りはまだ早い(笑) 出来上がってきたデザインに意見を出すのは非常に 大変な状況でして、そこはクリアしない 続きを読む

1/

23

オイバ トイッカ (風はふいている 僕はテンパってる【12.01】)

オイバの家に到着すると 既に石本先生も一緒に待っててくれた。 晩御飯はどこへ食べに行こうか?が段々と変化して オイバが冷蔵庫に魚卵があるからマーケットでブリニ でも買ってきて、ここで温めて食べるかって事に(笑) この突然の予期せぬ方向は刺激的で非常に楽しい。 で みんなで買い出しにいって みんなで準備をした。 僕と玉ちゃんは 主にキッチンを片づけたり ブリニを温めて 石本先生が食器を出して オイバは玉ねぎを刻んだ。 ちょっとオイバ家の台所はかなり把握してきました。 経験値があがった。タラララッタラァ~です。 ブリニは一人二枚。 濃いオレンジ(いくらの小さいのみたいな感じ)の魚卵は オイバの家にあったヤツを食べて 白っぽいオレンジでもっと細かい魚卵は買ってきた。 皆は白っぽい方のが上品で好きだ 続きを読む

1/

22

コペンハーゲン → ヘルシンキ

朝5時に起きて夜11時過ぎに帰ってくるとか かなりHGなコペンハーゲンライフも終了。 ここでコペンライフを復讐! キャッチ&リリースです。 今回宿泊したホテルは ファーストホテル サンクトペトリ。 一番安い部屋はいっぱいで予約とれなかったから 二番目に安いSuperior Roomsにしてみたところ バスタブもあり、広さも29平米と大きめで凄く快適でした。   ラウンドタワーがすぐ近くに見えます。 やすいホテルではない。ないんだけど コペンのホテルは基本的にどこも高いから なんか割安な気がしてしまう。 バスタブのリクエストも出しておきましたが このクラスの部屋はほとんどバスタブあるから 心配なし的回答があった。 Superior Roomsいいと思います。   朝食は種類も豊富でオーガニック 続きを読む

1/

21

PLAYTYPE

2年前にデンマークへ来た時 友達の紹介で知り合いになったオシャレ人間の イェンスから連絡があって 彼が最近オープンしたというお店へいってきた。 「2年前に一度会ってるんだけど  覚えていてくれるかい?」by イェンス って、確実に覚えてますし(笑) もともと彼はコペンハーゲンでも 大手のグラフィックデザイン会社を経営していて そちらが超本業だから、今回オープンしたお店は 僕がオープンさせようと準備している(いるのか?) スコープ趣味の店みたいなもんなのかな? って感じていて、特に興味がわいたんですよね。 タカさーん、チェーック! はぁ~? タイポグラフィが好きな彼ですから 店は文字だらけ。そして店は小さ目。 やっぱそうだよなって思う。 大きなお店は、その面積埋めるの大変だから 微妙なラインを 続きを読む

1/

20

noma 【コペンハーゲン】 上

エル・ア・ターブル編集部の方とメールをしていて 「コペンハーゲンでしたら、世界のベストレストラン  で2年連続1位に輝くnomaがありますね。」 って教えてくれたので即予約して翌日行ってきました。 なっかなか予約取れないレストランみたいなんだけど 僕がどーーーーしても行ってみたいと 駄々をこねたので秘書課の玉ちゃんが頑張ってくれました。 Mission accomplished!   お店に入ると椅子の背には羊の毛皮がかけてある。 僕がデンマークで見つけた毛皮を半分にカットしたサイズ。 あー、こういうサイズで椅子の背にかけるのもいい。 作ってしまいたい。あぁ、作ってしまいたい。作ろう!!! この羊の毛皮、全席にはかけてはなく2人席だと片方だけ。 これは勝手な推測なんだけど 僕の席から見える範 続きを読む

1/

20

noma 【コペンハーゲン】 中

さて、ここまでで既に11皿の料理が運ばれてきたわけですが 実は全部アミューズでしてメインのコースはまだ始まっていないのです。 フィンガーフード。手でつまんでちょちょいと食べる。全部それ。 そしてココからスタートであります。 ブログの文字数制限の都合でnomaレポートは3部作となります。   パン オリーブオイル、豚のラードにフライドオニオン、酸味の残ったフレッシュサワーバター フェルトで包まれた焼き立てのパン。 あけると湯気がふわっと立ち上がってとんでもなく美味しい。 豚のラード、爽やかなバターをつけて食べる。最高であります。 玉ちゃんようにオリーブオイルも出てきました。 ただ、このパン。凄く美味しいのですが調子に乗って全部食べてしまい 後半は相当後悔しました。 とりあえず1つでストップ! 続きを読む

1/

20

noma 【コペンハーゲン】 下

ここまでに20皿あって、時間は3時間ぐらい。 皿数も多いから超ユッタリって感じではないけど 慌ただしいわけでもなくて、調度良い感じでした。 あと、食事にあわせたジュースのコースもあるんだけど エルダーフラワーとキャロットジュース以外はちょっとアレかなぁ。 ネタになっちゃうかなぁ~的な(笑) キュウリのジュースとか朝を感じたな。ハハハ。 でも、そう何度も行ける場所でもないから ワインのコースやジュースのコースも一緒に頼んでしまうと より何も考えずに楽しめて僕はいいかな?って思います。 あっ、以上がメインコースだって中で書いたんだけど デザートがありますた。すんません。   NO.21 デンマークのお酒が入ったアイスクリームにディルのソース デザートもディル、ハーブです。 でも、これはさっぱりし 続きを読む

1/

20

BANG&OLUFSEN

デンマークで仲良くしてる数少ない友達の1人 マイケル(元ノーマンのスタッフ)がバングへ転職し 今は、新しい企画の「 B&O PLAY 」の仕事をしてて 時間があったら見学しにくれば?って誘ってくれたので なんのビジネス上の関係もないのにお邪魔してきました。 いいのか!(笑) これがバング&オウルフセンのNEWアイテム。 セシリエ・マンツのデザインです。 超男なバングワールドよりもかなりソフトな方向です。 ハンドルも革ですし、取り外しもできて 革のベルトを止めているのもボタンみたいだし。 全面と違いサイドは全て穴が開いてるわけではない。 そこがポイントで、作るのも凄く大変! こんな事は誰もやろうなんて思わないよ~ って教えてくれたんだけど、そんなに難しいのね。 素人目には超簡単そうに見えちゃう 続きを読む

1/

19

アイスランディックシープ (風はふいている 僕はテンパってる【12.01】)

なんとなーく。 こんなん欲しいなぁとか こんなんあったらなぁって思ってると 偶然出会うことができる能力が 僕にはあるようです。 人はそれをミラコーとよぶ。 なんちって。 ちょっと前から 羊の毛そのままの(織っていない) クッションカバーを作れないかなぁって思ってて 椅子に敷く羊の毛もいいとか思ってて 完全に羊の毛が頭に詰まった状態であります。 そんで今年に入って スコープのオリジナルアイテムの企画 について打ち合わせをしている時に アイスランディックシープっていう 毛の長い羊が資料に登場したんですよね。 その時。 あ~!!!!! 毛が長いクッションとか凄くカワイイ んじゃないかってイメージが膨らみ その気分盛り上がりまくっている このナイスなタイミング! 日曜にいったデンマークのローカルな 続きを読む

1/

19

ジャズ クラブ モンマルトル

今日はじめて会った人に ジャズ好き?って聞かれたから 詳しくはないけどハイって答えたら ジャズライブに招待してくれた。 コペンハーゲンのジャズクラブ モンマルトルってお店。 その招待してくれた人は そこでミュージカルダイレクター?を していると言っていた。 ライブをするアーティストは僕が決めてるんだ っていってたから、きっと偉い人ですね。 僕らも気軽に招待してたし。   店内に入ってビールを片手に 変顔したら、うっ上に同じ顔があった。 写真みてビビりました。   この写真を隣に座ってるオッチャンに 見せたら、チャーチで撮った写真かい? って聞かれ、ココだよって答えたら 大いにうけてました。   生ライブ。いいですね。 新鮮で楽しかったです。 最近ちょっとジャズ方向に道が開けていて スコープ趣 続きを読む

1/

18

Normann COPENHAGEN (風はふいている 僕はテンパってる【12.01】)

コペンハーゲンのイルムスを訪れると こんなお店が日本にあったらなぁって思う。 それはラインナップの豊富さに加えて 価格が特に大きい。 どれもいい値段なんですよね。 見てるといくつも欲しい物が出てきます。 それをみると やっぱ日本の価格は高すぎちゃうと 思うわけです。 メーカーや輸入元からすれば コストが余計にかかるから日本売価は 上がって当たり前。なんだけど そこをクリアして現地と同じ価格に より近づけていかないと売れない。 やっぱ現地の価格って メーカーも考えて適正価格をつけてるわけだし それが日本では1.5倍とか2倍照明なんかは3倍 とかある。そこまで高くなってたら厳しい。 割高な日本売価をつけてるメーカーに この値段であなたの国で売れますか? って聞くと売れないよ!って笑いながら みん 続きを読む

1/

17

ピーターとマイケル

ノーフレンド、ノーホビーな僕にとって デンマークにいるピーターとマイケルは 少し特別な感じがしてます。 二人はノーマンのスタッフだったから 仕事で知り合ったのですが 今は二人ともノーマンを離れ 別の仕事をしていてスコープとは全く関係がない。 無いのですが、コペンハーゲンにいく事を伝えると 二人で時間をとって食事につれていってくれる。 色々手助けしてくれる。ちょっとジーンときます。 よくよく考えれば。 スコープが大きく成長したっていうか 個性的な活動をしだしたのはピーターと 出合った頃なんだよなって思う。 もともと 僕は大風呂敷で突拍子もない事を考える。 考えるんだけど、なかなか実行には移せない。 それを実行できるようになったのは ピーターのお蔭なのかなって思う時があります。 ピーターに褒めら 続きを読む

1/

17

ホットドッグはココが一番美味しい。って。

デンマークといえば! 僕にとってはホットドッグであります。 毎日1回は食べる感じ。食べ過ぎですが。 で、ホットドッグが好きだというと 大体はどこどこが美味しいってオススメ してくれる。それが皆一緒なんですよね。 コペンハーゲン市内 ランドタワーの真横   ↓このお店です。 オーガニックなホットドッグ なわけです。なんとなくパンの感じが 体に良さげです。美味しいです。 コペンハーゲンを訪れた際には 是非食べてみてくださーい。 飲み物はチョコレートミルクがいいです! 続きを読む

1 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 47