• カート
P1080604-001.JPG

5/

27

【12日目】 オイバ・トイッカの展示会

“Techniques always inspire me; I don’t have any beautiful forms in my head that I realize.” 2012年5月 ヘルシンキのギャラリーにて 久々に開催されたオイバ・トイッカの展示会は バードを生産する ヌータヤルヴィ工場の職人による作品に加え ムラーノ島のスーパーマエストロ(ガラス職人界の神的存在) Pino Signorettoにより形づくられた作品が多数ならびます。 特に、Oiva Toikka , Pino Signoretto 2人の名前が刻まれた作品は これまでのオイバ作品とは違った魅力があり 僕自身が会場を訪れた際には 相当な価格ながらも ほぼ完売状態となっ 続きを読む

5/

25

ストックマン150周年限定

北欧最大のデパート、フィンランドのストックマン。 2012年に創業150周年を迎え、カルティオのライトグリーン復刻、 マリメッコのkestitシリーズ、パラティッシの特別色パープル等、 さまざまな記念アイテムを発売して話題を集めました。 ギフト用のラッピングペーパーには1950年代、トーベ・ヤンソンが ストックマンのために描いたムーミンたちが再登場! 同じ絵をアレンジしたコースター、トレイ、コーヒー缶、紅茶缶なども 「どれもカワイイ!」と大人気で売り切れ続出でした。 そんななか、当初、25000個限定で売り出されたのがこのマグです。 買えるのはストックマンの実店舗と基本的には国内向けの通販のみ。 すぐになくなることはないだろうと思っていたら…… 店頭販売開始を待たずに先行通販分が完売! 店頭 続きを読む

5/

24

ムーミンアドベンチャー (MOOMIN ADVENTURE)

原作小説のモノクロ原画を生かし、冒険物語を表現したシリーズ。 ピンク色の「LOVE」と並んで、毛色の違うこのマグは 「ムーミンアドベンチャー」というラインのもの。 マグ以外に19センチプレート、ボウル大小、ピッチャー、トレイ、 カトラリー、ジャー(蓋付き容器)時計がありましたが、すべて廃盤。 新たに「MOVE」というシリーズに生まれ変わりました。 アドベンチャーのカトラリー以外の全アイテムに共通する 走るムーミンの絵の出典は、コミックス『黄金のしっぽ』 (筑摩書房)。 ムーミンが走っているのには驚きのワケがあります。 しっぽが黄金に光りだし、一躍、有名人になったムーミン。 しっぽの管理をマネージャーに任せることに。 そのマネージャーが連絡を取りたがっていると聞き、 「ハリウッドから手紙がきた 続きを読む

5/

23

フレー!(Hurray!)

「ばんざい!」 「めでたしめでたし!」 「フレー!」という言葉は日本語だと「がんばれ!」みたいなニュアンスで 応援するときなどに使われますが、 フィンランド語で「Hurraa!」 英語で「Hurray!」を直訳すると 「ばんざい」「めでたしめでたし」といった感じでしょうか。 2012年、WDC(World Design Capital)のモデル都市に選ばれた フィンランドの首都ヘルシンキ。 このマグは、WDCヘルシンキ2012のオフィシャルパートナーである アラビアから発売された関連商品のひとつです。 底のバックスタンプはムーミンですが、これまでのムーミンマグと かなり印象が違います。 それもそのはず。 実はこのマグの元絵はムーミン童話ではないんです。 トーベ・ヤンソンが描いた絵本『さびしが 続きを読む

5/

23

ワイングラスのAYE と ビアグラスのYAE (NEWアイテム)

日の強い暖かい日に 外でビールやワインを飲みながら 午後を楽しくのんびりと過ごす事は なんとも気持ちよい。 昼飲み。 夜とことんまで飲んで酔って 深夜にヘロヘロと寝るよりも 昼の早い時間から飲みはじめて 爽やかで楽しい時間をゆっくり過ごし 軽く晩御飯を食べて早く眠りにつく。 ポルトガル マンテイガスの 羊飼いの人達も 日中良く飲んで、食べて そして、楽しそうに働いてた。 僕らは仕事中には飲めないけど 休みの日にゆっくり昼飲みするのは 心身供に健康的でいいんじゃないか? 猿山さんがデザインした 品のあるグラスと出会い ポルトガルに来て 羊飼いのみんなと出会い ふたつが合わさって そんな事を思いながら ホテルで昼飲みしてみると 非常に気持ちが良かった。 ワイングラスのAYE ビアグラスのYAE 続きを読む

5/

22

Daydreaming

うちにはアラビア社のムーミンマグがほぼすべてあります。 カイ・フランクがデザインしたteemaベースのムーミンマグは現在57種。 そのうち普通に買える現行品は21種です。 夏冬限定、店舗限定、数量限定などのイレギュラーなものを除くと、 デザインのパターンは2つ。 まずは、ベースカラーの上にモノクロ原画が数種類乗っているもの。 製作期間は1990-2002ですが、ピンク色の「LOVE」だけが唯一の例外で 1996年から今も作られています。 キャラクターをどんっと全面に押し出し、 把手を右にしたときに正面、左にしたときに後ろ姿が 描かれているのが現在のパターン。 今回紹介する「Daydreaming」は ヘルシンキのアラビアファクトリーで 2005年、「Moomins at Arabia展」が開 続きを読む

5/

21

【5日目】 マンテイガス最終日 試作

防水効果のある毛織物があって (中世から作られているそうな!) その素材は薄くて丈夫だから マントや帽子を作ってるって聞いた時に! とーきーにー! ピピーンと閃きました。 って お客さんからリクエストを貰ってたから なんですけどね(笑) その素材を使ってピクニックシートを つくればいいじゃないですか! って話したらエコラ社長も それは凄くいい!って盛り上がってくれ 早速試作が出来上がって来ちゃいました。 これを持ち帰って使い倒してみて いけそうならディテール詰めて製品化しよう! あとはサイズとかも決めないといけないしね。 ちなみに試作は140cm×180cmとかなり大き目。 で、このボリューム感なら コンパクトでいいんじゃないか? と思うんですよね~。 持ち易いようにブラウンのハンドルも 縫 続きを読む

IMG_1402-001.JPG

5/

20

【4日目】 羊飼いのジョゼ

13歳からずっと羊飼いをしてるジョゼが言ってた。 「日本には羊いないのか? もしいないなら連れていってみせてあげたい。」 いつも羊たちと一緒にいる。 この時も家の中でみんなワインを飲んでたんだけど、 ジョゼだけは羊たちの近くにいる事が多かった。 とっても表現がストレート。よく笑う。 エコラの社長とジョゼ。 エコラの社長と羊飼いの間には強い信頼関係があるって実感。 取引っていうより、仲間だよね。 この時もエコラの社長が持ち込んだワインで盛り上がった。 エコラみたいな会社はそう簡単には作れないだろうな。 ジョゼのお母さんとジョゼのお兄さん。 家族3人。ポートフォリオ。 日本に帰ったら額装して送ってあげようと思う。 木の皮を丸めて色々な音を出していた。 羊飼いは色々な音と声を出して羊と話すことがで 続きを読む

私の番ですか?

5/

19

【3日目/前半】ECOLA 羊の刈取り

羊の毛を刈る現場を見に行ってきました。 冗談でINTO THE WILDなんてタイトルを付けたら 本当にワイルドな流れになってきた。 1年経つと、↑これぐらいの毛の量になるので、 5月頃の晴れて乾燥した日に刈取りされます。 刈取りは1年に1回。オオカミに噛まれたり 病気してたりする羊の毛は刈らない事もあって その場合は2年後に。でも2年すると毛が固く なるから、使えないそうなんだけど。 ちょっとかわいそうにも見えるんだけど、 脚を縛るのは羊が暴れて怪我をしないためだそうです。 とっても重要で、縛らないと死ぬ時もある って言ってました。 実際、刈る側も怪我するかもしれないですしね。 そして、これは超重労働。 薬を注射して羊の毛を簡単に抜く?方法を 採用したくなる気持ちもよくわかる。 僕の力じゃ 続きを読む

食べ放題

5/

19

【3日目/後半】ECOLA 羊の放牧

草をただのんびり食べてる羊の皆々さま。 羊飼いと犬に連れられ、 場所移動しているところ。 団体行動はお得意な模様。 非常にまとまりがあります。 移動した先は色々な花が咲く、 めちゃんこ綺麗なお花畑的場所でありました。 くーるー! 最高に気持ちいい! 本当に気持ちい! 知らない人間からは逃げる羊&ヤギですが、 こいつだけは僕に近づいてきました。 ちょっと変わってます。 続きを読む

ほっ。

5/

18

【2日目】 取材に来て取材されるぅ~の巻

ストライキの影響で飛ばないかも? と聞いていたポルト行便ですが なんの問題もなく予定通りに飛んでくれました。 セーフ!です。良かった。 空港に到着するとエコラのアントニオさんが 待っててくれて一緒にタクシーでマンテイガスへ。 今回は取材なのでスコープチームは総勢4名! スーツケース6個に手荷物4個という超大所帯!! で、アントニオさんとタクシーの運転手さんだから 凄い密度!(笑)窮屈ではありますが 乗れてよかったの気持ちの方が圧倒的に強い。 どうしようもなく乗れなかったら どうなったんであろうか(笑) 帰りのタクシーは同じ車を確実に予約しておかないと。 マンテイガスに大きなタクシーはこれ一台のみって 聞いているので。 マンテイガスヘ140kmで疾走中! でも、丁寧な運転だから気持ち良い。 高 続きを読む

5/

17

鹿児島 睦さんの木版のハンカチ (NEWアイテム)

ガーゼのようなふんわり感と優しい色合い、 それに、絵柄の素朴さが魅力の 鹿児島睦さんの木版ハンカチ。 陶芸作家として活躍する鹿児島さん、 製作活動のかたわら、普段は大好きな 園芸のために過ごしている時間が とても多いんだそうです。 今回のハンカチの絵柄にも 鹿児島さんの生活に寄り添う身近な 花や鳥が、ごく自然に描かれています。 最近では、人気すぎて なかなか手に入りませんが、 植物や動物というモチーフが 鹿児島さんの陶芸作品と通じています。 その鹿児島さんの絵柄を 更に引き立てているのが ひとつひとつの木版ブロックを 職人さんが一押し一押していく、 インドの手工芸「ブロックプリント」。 スクリーンプリントじゃないんです。 言ってみれば、ハンコなんです! 私達の感覚からいくと、 気の遠くなる作 続きを読む

5/

15

豆皿無地バージョンアップ (NEWアイテム)

ひとつひとつの形や絵柄が違って、 集める楽しさもある豆皿ジャンル。 絵柄も楽しめる印判シリーズも 人気者なのですが、 この度リニューアルした無地シリーズ、 表情があってすごくいいんです。 印判豆皿と同じ磁器なのに、 温かい表情が生まれるのは どうしてかな?と思って、 東屋さんに聞いてみたところ、 印判豆皿と同じベースに、 「土灰」という釉薬をかけた後 窯で焼く工程で、 小さな黒点や、白いプツプツが 現れてくるんですよ。 と教えていただけました。 ほくろやソバカスのように 愛嬌のある黒点や、 手触りに陶器ような温かみを 感じさせてくれる白いプツプツは、 まさに愛すべき個性! 我家では、印判豆皿もすでに愛用中。 今回の無地は、スタッキングの事も 考えて丸に近い形の 桃・梅・たんぽぽ、を選びました 続きを読む

5/

13

料理をはじめてみた。

6月からスコープアパートメント1人合宿をはじめ 料理を思いっきり頑張ってみようと思っています。 で、嫁様がアップしようかと準備していた ファミリアウォームDEパエリャのレシピを見つつ ご指導を賜りつつ、料理をした。しました。 こんなんドーン。 言われるがまま作ってみたんだけど 結構僕って出来る子なのね。フフフ。 スライスしたポテトと玉ねぎをいれた 玉子焼きトルティージャ。 なにかを添える料理でもない気もするけど モコを見習って即興アレンジで 勝手にトマトソースを準備してみたらうまかった。 結果良好です。 最後にドボドボーっと オリーブオイルを~はしなかったけどね(笑) アボガド切ってアンチョビとトマト乗せた。 これ結構簡単でオイシイです。 サラダは只今アパートメントでお試し中の ホルムガード 続きを読む

間違っておりた駅とコケポーズ.JPG

5/

12

【1日目】 なぜかドイツでルービー

フランクフルトで一泊して 翌日の朝一でポルトガルのポルトへ。 空港近く泊なんだけど せっかくフランクフルトに一晩いるので ソーセージ的な夕食を街中へ出て~と思い 電車に乗って中央駅へレッツラGO! はりきって出発したら完全に逆向きでした。 即下車。 すると降りた駅の前には テラス席のあるビールが飲めそうな 素敵な店があるじゃないですか。 ぶらり途中下車じゃないんだけど 中央駅近辺ではなく!あえて! ここで食事したらワイルド!ということで 立ち寄る事に。ワイルド―! 客もどんどん入っていく人気店。 期待がペプシマックスに到達したところで わかったこと。そこはイタリアンでした。 やっぱやめる。 やめて中央駅を目指す。 するとポルトガルのエコラから電話が。 ポルトの空港が今日、明日とストライキで 続きを読む

5/

11

ムーミン夏季限定マグ&ボウル販売開始! (NEWアイテム)

「あなたがプリマドンナ?」 「いいえわたしはプリマドンナの馬です。」 今回の2012年バージョンの絵柄は、 ムーミンコミックス「恋するムーミン」の中の、 こんな不思議な会話のワンシーン。 ムーミンが 洪水にのまれたサーカスの プリマドンナを探しに出かけ、 助け出してみたところ、 それはプリマドンナではなく、 プリマドンナの馬だった。 ってシーンです。 名前もつけてもらってない、 「プリマドンナの馬」が今年の夏の 主役に堂々抜擢! ちなみに、その後ムーミンは フローレンがやきもちを焼くほど プリマドンナに 夢中になってしまうのですが、 その夢中っぷりは、タンブラーセット 「Club Life & Falling in Love」 のFalling in Loveのシーンに続きます。 続きを読む

5/

10

マサルさんのハンカチに新柄が追加! (NEWアイテム)

Marimekkoのデザイナーとしても活躍中の 鈴木マサルさんが描く、OTTAIPNUハンカチに 鳥・カバ・ヒヒの絵柄が増えました! 鈴木マサルさんご本人のブログ 「テキスタイル獣道」に、 新しい3枚のハンカチについて こんな面白いエピソードが書かれていました。 ……………………… 「tsukiakari」 鳥っていつ寝るんだろ? やっぱ夜よね。 って思いから描いた柄。 木にとまったまま寝るって 聞いた事があるんだけど、、、、 目が開いてるけどね。 まあ、お休み前ってことで、、、、 「akubi」 テレビで見た、水面から顔半分だけ 出しているカバの画像が 何て間抜けなんだろうと、、、 さらに、そこに鳥がとまってても知らん顔で こういう、色々細かい事を気にしない 大物になりたいものです。 「h 続きを読む

5/

8

artek STOOL60

artekのSTOOL 60は iittalaのKartioと 似た香りがします。 非常にシンプルで スツールやグラスをサッと描くと それになってしまいそうな 超スタンダードな形状。 周りからは 他に安くて似たような物が沢山ある。 ってよく言われるんだけど 色々な日用品を買って、使って 自分のベストアイテムを絞っていくと STOOL 60やKartio、こういう物が ずっと残っていくんですよね。 素材もフェイクではなく デザインもコピーではなく 立派に見せようとしてる部分もなく。 どちらかというと素材に近い そんなシンプルな道具達は 飽きることもないし ともとの用途を失ったとしても 新たな用途をみつける事ができる。 スコープ的生活では ずっと使い続ける事ができる物を 選んでいきたいです。 そ 続きを読む

1 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 91