ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

10/

28

打出しフライパン

木屋

その鉄フライパンは焦げないのかい?

朝食の撮影で使った 木屋のフライパン、 目玉焼きのフチがカリカリになる! と、スタッフ成戸が大絶賛。 いやいや、 鉄は焦げるんだって。 ウチの鉄フライパンなんて、 一人前のチャーハンが、 なぜか半チャーハンになって 出来上がるマジックフライパン。 えー、えー、半分はフライパンに 持っていかれてるって話ですわ。 だから使い始めてすぐの段階で、 目玉焼きが美味しく焼けるし、 そんなに焦げないよ~!と、 嬉しそうに話していた成戸を 薄ら目で斜め後ろから見ていたのです。 信じるべきはテフロン加工。 ティファールなんだって。 と、ここまで反鉄フライパンを アピールした私ですが、 「つかってみ!」と、 身長が向井理似のシャチョウから 手渡されたため、せっかくなので、 自宅に持ち帰り、使ってみた。 目玉焼 続きを読む

10/

22

シエッポを見て、オイバがどれもいいじゃないかと言う理由。

シエッポってのは、どうも他のバードと違う。加えて復刻シエッポとも少し違うものを感じるから、最初のシエッポは独特だ。スコーププレゼンツ、4度目のシエッポは、その初期シエッポと同じ匂いにしたくて、形だとか大きさだとか、考えに考えて、あれやこれやと調整し、修正しまくってきたのだけれど、結局のところ、多少の形の枠組みは必要にしても、あとは口を出さずに素直に作る事こそが、シエッポの魅力を最も高めるのだという事に気付いた。シエッポにはこれという理想形があるわけではなく、生産工程の積み上げ、つまりその作り方がシエッポなのだ。信頼する腕の良い職人が勢いよく作るからこそできる物。だから別の場所で作るとおかしな事になる。プッと膨らませ、ハサミでチョキンと切り込みを入れ、片方は丸く整え頭にし、片方は潰して尾を作る 続きを読む

10/

20

Lucky Bats

FLENSTED MOBILES

安心してください!キモくないですよ!

コウモリなんで、 日の目はみたくないとは思うけど、 ハロウィーンという季節行事もあって、 今月はラッキーバットモビールが 日の目を見ています。 ロックな感じと思っていたのに、 寝室に吊ってみると よく眠れそうでなかなか雰囲気良し。 クラウス・ハーパニエミの ブランケットと合わせると以外にも上品。 影がすごくいい感じだったよー。 と、撮影した画像を選びながら 花井が得意げに言うので、 「えー、どんなどんな?」と、 パソコン画面を覗き込むと、 「それは撮ってない。」と そっけなく言われました。 なんやそれそれなんやそれ。 続きを読む

10/

17

10月17日(土)晴れ。ソーシャルタワーマーケット

ソーシャルタワーマーケット 1日目無事終了ー。 雨予報にも関わらず、 朝から長い時間並んで お待ちいただいた皆様、 本当にありがとうございました! 遠方から来て下さった皆様、 ありがとうございました! 皆さんのご協力があり、 私達も楽しい一日になりました。 お天気も良くて良かったぁー。 ソーシャルタワー主催者側からも、 ワケありアイテムのワケあり理由を ちゃんと説明しつつの販売が良かったと、 好評価いただきましたよ。ドヤ顔。 シャチョウと北欧家具taloさんの 「スツール60年代判別講座」も いい感の人だかりができました。 レスポンスがいいなぁー! というのが講座を終えた太郎さんの感想。 そうでしょう、 スコープのオーディエンスは ナイスレスポンスでしょう。ドヤ顔。 ↑スツール60年代別講座 続きを読む

10/

10

400mlジャグ、朝使ってますの報告。

毎朝、子どもが飲み物を必ず おかわりするので IAジャグの小さい方を先日購入。 容量が多いと、 「まだこんなに飲める!」と 思われてしまうので、 あえての400ml。 飲みきって毎回すぐに洗える容量で、 残っても冷蔵庫に入るサイズ、 というのも欲しかった理由です。 これでも小さめのグラスに 2杯+0.5杯分程度ですが、 自分でおかわりができて 子ども達は、満足している様子。 一緒にお迎えしたチーズナイフも、 バナナを一口サイズに切ったり、 姉弟でパンを分けっこしたい などの細かい要望にも、 自分比で優しい気持ちで 応えられるようになりました。 続きを読む

10/

9

巻いて巻いて!ミナ ペルホネン

スタッフ成戸が、ミナ ペルホネンの ストールを首に集中的に巻いていた。 巻いて、巻いて、 マフラーみたいに使うといいんだな。 私は巻モノをオシャレに巻くのが 苦手だから、大抵は肩にかけるか、 回してもせいぜい一回転。 まてよ、最近はフィギュアだって 三回転は当たり前じゃないか。 もっと積極的に巻いてかないと。 が、これだけは悠長にしてられない。 ミナのショールはいつ発売ですかー? と、問い合わせも多いと聞いたから 販売開始までに柄を選んでおこう。 そして今年は、首集中巻きデビュー してみようじゃない。 あっ、私の場合、 むちうちか?って言われる可能性も あるなー。それあるわー。 続きを読む

10/

6

Lantern

Holmegaard

キャンドルホルダーに垂れたロウを取る方法

長時間キャンドルを灯したあと、 思い切り吹き消して、あっ! 移動させようとして、あっ! 飛び散ったり、垂れてしまったロウを スプーンでゴリゴリやる前に、 キズの付かないお手入れ法を試してみてください。 ① 60℃のお湯を注ぐ キャンドルのロウが溶け出すのが、約60℃。沸騰したお湯を同量の水で割ると、だいたい60℃になるのでそれでOK!寒い時期や、繊細なキャンドルホルダーは2段階(ぬるま湯→60℃)で温めると安心。 ② 手早く剥がして捨てる ロウが浮きはじめたら、割り箸などでつついて剥がし、手早く引き上げる。シンクの詰まりの原因になるので、ロウは流さずに捨てます。 ③ 磨きながら拭く キッチンペーパーでざっと拭いたら、乾いた布で仕上げ拭き。MQクロス(テックスがおすすめ)を使うとピカピカ。 お 続きを読む

10/

6

柿ピーでローカライズ

友人が遊びに来る。 やばい、たいしたものが家にない。 まずは掃除だ、と 掃除機をかけているうちに ピンポーンってなって あー、ウチ何もないよ。ごめん。 って事になる。 そういう時に最近よく使っているのが フローラボウル 100mmと80mm。 甘いもの、しょっぱいもの、微妙なもの などなど、家にある定番のお菓子や ナッツを入れて、2.3コ並べれば、 友人が持ってきてくれた、 可愛いパッケージのお菓子にも 負けない見栄えになる。 特に、6袋入りの亀田の柿の種1袋を フローラ80mmにあけるとちょうどいい。 セビリアオレンジなのもちょうどいい。 家でもスコープでも、 フローラボウルには柿の種。 海苔ピーパックもいいけどね。 続きを読む

10/

5

若木信吾さん、スコープに現る。

型吹きBarグラスの撮影日。 昼間っから飲むのが仕事という日。 辛いわー。ほんと辛い。 まあ、そんな、 たまに訪れるラッキーデーに なんと、写真家の若木信吾さんが 来てくださるという、 更なるラッキー重なる。 若木さんは撮影に来られたわけではなく、 シャチョウと何やらミーティング。 何か新しいことがスタートしそうな? 気になるワードを小耳に挟みつつ、 こちらはこちらでBarシリーズの撮影準備。 で、若木信吾さんの前で 撮影する事態となった 撮影担当の花井が弱音を吐く。 「全くいい写真が撮れる気がしない。」 そりゃそうだ。同情する。 料理担当の成戸は手元が狂い マッシュポテトに水分を入れすぎて ドロドロパニックになる。 あーそりゃそうだ。 普段とはちがうスタッフの表情に キンチョー?キンチョー 続きを読む

9/

30

Flora ベース

Holmegaard

雑然たるキッチンに8センチメートルのゆとりを。

日曜の夕方。 ピクニックに行って帰ってくれば、 お弁当箱に水筒数個、 コーヒー道具にカトラリー。 5人家族の洗い物でカゴはすぐに満杯。 本当は洗ってすぐ拭いて仕舞えば、 カゴなんていらないし、 すっきりするだろうに。とは思うものの、 何しろ、洗うのは僕ではないのが実情。 そんなことを口にすれば、 洗い物は僕の分担になってしまうのは 目に見えている。 そんな、せこい心の持ち主にでも できることといったら、 花をいけることくらいか。 花を飾れば少しは、 気分も風景も変わるだろうかと、 チャリにて花屋へ向かう。 僕の好みで適当に選んで、 Floraにいけてみる。 狭いアパートの、しかも食器や 道具で溢れている、窮屈なキッチン、 そんな場所でもFloraを置くスペース くらいは作れるもんで、 超逆光 続きを読む

9/

28

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

黄色のシエッポ

太陽光では紫、 蛍光灯では青、 色が変わるクチバシをもつ 黄色のシエッポが 子供の心をつかんだようで、 庭の花を横に飾ってもらえるという 特別待遇を受けています。 続きを読む

9/

22

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

食器棚にシエッポ

シルバーウイーク中に食器を1/3に減らした。すっきりした食器棚の中にシエッポを混ぜてみたら開けるたびに気分が良くてとても気に入っている。

9/

16

スロー、ブランケット

ECOLÃ

ブランケットをいろんな特徴で比べてみました。

ブランケット、いろんな種類があるけど、実際どれがいいの??という疑問を持っている人は少なくないはず。しかし、どれにもそれぞれの特徴があるし、人によって気になるところも色々。ひとえにこれがいい!というのはとても難しいから、いろんな特徴で比べてみました、4種類。自分に合いそうな一枚はどれか…ぜひ参考にしてみてください。 ECOLÃ SINGLE : COB TRICOLOR 化学染料を使わず羊毛そのままの色を使用、洗浄も自然の湧水を使うという最も純粋な毛布。どのブランケットよりも素材に近いECOLAは、とにかくなにより暖かい。ただしチクチクや羊の臭いもあるし、使っていると毛玉もできてくるから、人によって合う合わないはあります。だけどほんとにあったかい。 約1350×1800mm 約1550g 原 続きを読む

9/

16

スロー、ブランケット

ECOLÃ

毛布のお手入れ

お手入れの基本は陰干しなり ブランケット等の毛布はそれ独自の油分で表面が撥水されており、さらに純毛は化学繊維よりも静電気が起きにくい為、埃やチリなどは付着しづらい素材といえます。ですので、私たちが思っているほど実際には汚れていません。ただ、就寝時にかいた汗で湿気がたまると、カビの発生のもとになるので、だいたい一週間に一度くらい、天気のいい日に2時間くらい陰干しして風を通しましょう。太陽の日を当てると、ふかふかで気持ちいいですが、変色の原因となるのであまりおすすめしません。また、お届け前は密閉されたパッケージ内で、保管されているため、開けた瞬間臭いがきつく感じられる場合があります。この場合も一度風に通すと、湿気が蒸発して、随分と臭いも和らぎます。そして、そんなブランケットにもA2をシュッとすれ 続きを読む

9/

16

1930年代 stool60の、 座面ファブリックを ひっぺがしてみっぺ。

stool60の事なら、なんでも知っている。 おそらく日本で一番stool60が分かる人物、 「北欧家具 talo」のオーナー、 太郎さんが、来スコ。 シャチョウが資料として買い集めた、 1930年代から 第二次世界大戦を経て 1970年代までのスツール約170脚を 太郎さん&シャチョウの2人で、 レッツ年代別グループ分け。 ↑これだけあれば、分かるっぺ。 太郎さんの知る定説に沿って グループ分け&時代を解明。 これはどうなの?という物が出てきたり、 定説自体に疑問を抱くような部分が あったようですが、最終的には、 解明した!!と言ってました。 太郎さん&シャチョウ見解の 『stool60の見分け方』、 そのうち伝授してくれるはずです。 で、その解明がひと段落した後、 「後で被せたファブリッ 続きを読む

9/

11

FAROUGE(ファルーシ)

スコープのお気に入り ヘルシンキ編 旅の中盤に行きたくなるレバノン料理 FAROUGE(ファルーシ)。 最初にこのお店を紹介してくれたのは スコープでアートワークを扱っている ヤーッコ・マッティラ。 その時に食べた、ラム肉のタルタル、 ラム肉のソーセージ、フムスが、 衝撃的に美味しくて美味しくて、 中東料理に目覚めたスコープ一行。 それからシャチョウが出張の度に 全メニューを制覇。全て食べた後、 美味しかったメニューだけを ファルーシ初参加のスタッフに おススメしてくれるのであります。 だから、ここで紹介するメニューは 選ばれし美味しいものだけ。 香草を使った普段食べ慣れない分野の 料理ながら、なかなかこんなに口に合う 中東料理に出会う機会なんてないから、 ヘルシンキ出張の中盤あたり、 フィ 続きを読む

9/

10

2015 アニュアルバード

2015年のアニュアルバードが 今日発売なんだけれども、 今年を8ヶ月振り返ってみて、 記念にするような 出来事はさっぱり起こらなかった。 ここ数年起こってない。 まぁ、それはそれで良いとして、 興味があるのは、スコープで 今年このアニュアルバードを もらえるのは誰か?ってこと。  説明しよう。スコープでは、  スタッフに子供が生まれると  生まれ年のアニュアルバードを  皆からプレゼントしてもらえる  ありがたい風習があるのだ。  何人でも、何度でも。 で、今年めでたく該当するのは 受注チームのキムさん。 春生まれの男の子だから グリーンのバードで なんかちょうど良かったんじゃない? って、勝手に人のアニュアルバードで 楽しませてもらっている。 私も残り4ヶ月で 何かしらのミラコー起こすか 続きを読む

9/

9

丁度よかったのは蓋だった。

出張から帰ってきた日。 荷物をやっと片付け終わったら すごくお腹がすいてる事に気付いた。 家には何もない。動く気力もない。 仕方無く、買い置きの カップめんでしのぐ事にした。 もはや手を抜く事しか考えていない 私の視界の中にキラリと光るものが! バターウォーマー、蓋付。 1個分のお湯沸かすのに丁度いいんじゃ? という思い付きに盛り上がりつつ 試してみたところ、おそろしく注ぎにくく 台がビタビタになった。 しかも熱湯なのでなかなかの恐怖。 3分間待ちながら 「やかんで普通にやればよかった」 と普通の事に気付きました。 蓋がカップめんのフタに丁度よかったのを ひとつの収穫という事にしよう。 続きを読む

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 24