ナウ!
twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Moomin 20Stories

story8

おませなフローレン。

フローレン(Snorkmaiden)
2001-2012

彼女の名前はノンノン or フローレン?
それともスノークの女の子?

ムーミンのガールフレンドで、姿はムーミンそっくりですが、
スノークという別の種族です。

スノーク族の特徴は感情によって体の色が変わること。
ふだんは黄色ですが、恐怖を感じると紫や緑、恋に落ちると赤といった具合。
おしゃれが大好きな彼女のご自慢はふさふさの前髪と
左足に光る金のアンクレットです。

小説の日本語訳では彼女の名前はスノークのおじょうさん、
コミックス版ではスノークの女の子と呼ばれています。
昭和アニメでの名前はノンノンで緑色の体をしていたのですが、
nonという音には否定的な響きがあるという理由で、平成アニメ版では、
ドイツ語版の名前に基づき、「おじょうさん」を意味する
フローレンに変わりました。

スノーク族にはフローレンのほかに兄のスノークがいます。
アニメ版のフローレンに親しんできた世代の方は、「お兄さまぁ~」とかわいらしい声で
スノークの世話を焼く優しい妹、というイメージが強いかもしれません。

作品によって、名前だけでなく性格の設定にも微妙な違いが。
小説とアニメは少女っぽくてコミックス版はやや大人。
『たのしいムーミン一家』(講談社)では、船首飾りの木製の女王さまに
やきもちを焼いて、魔法使いの“飛行おに”に
パッチリまつげの大きな目に変身させてくれるようおねだり、周囲を唖然とさせます。
コミックスでは、ドキドキさせてくれないムーミンに
不満を抱いて、新しい恋を探そうとする積極的な一面も。

マグに使われているのは、コミックス『ムーミン、海へいく』(筑摩書房)で、
宝石の詰まった海賊の宝箱を見て目をキラキラさせているシーン。
裏側の横たわっている絵はなんと、どこかの若い貴族が
かわいらしく頼りなげな自分に声を掛けてくれるのを待っているところなんです。

きれいなレモンイエローのマグにはすっきり透き通った紅茶やハーブティーがぴったり。
美容を気にするフローレンに倣ってローズヒップティーなどいかが?
コーヒー好きが多いことで知られるフィンランドですが、
フレーバーティーの種類も豊富。
人気紅茶メーカーNORDQVISTからはパッケージにムーミンを起用した
アロマティーも出ています。
ティーバッグ&マグなら、気分に合わせて手軽に
フレーバーをチョイスできますね。

2012年、ムーミンマグと同時に
この「Snorkmaiden」も製造中止となりました。
新しいデザインのフローレンマグの登場をどうぞお楽しみに!

text:萩原まみ(too)