• カート

2/

1

合宿日記 マーロウのプリンを食べるときは

ビーカーのまま食べるのかと思っていた、 葉山と言えば~の、マーロウプリン。 よく見たら箱の中に「美味しい食べ方」 なるカードが入っており、 ナイフでぐるり一周させて抜いて、 お皿に自立させて食べると、より一層 美味しく召し上がれると書いてあるから もちろん葉山のしきたりに従う、 我らは名古屋市民。 ということで、 マーロウビーカー抜きチャレンジ。 一番左、プリン残留率が少ないのが 数度の葉山を経験している、 プリン抜きパイセン、 マーロウ花井のビーカー。 ビーカーは美しいが、 きれいにはがれすぎて、 勢い良く皿にスライディング。 不覚にも着地失敗。 その後、 シャチョウ→ 満面の笑みで成功。 若木さん→ 迎え皿をせずに男らしく成功。 と、成功者が続くが、 2人とも気づいていただろうか。 大の 続きを読む

1/

30

バターケース・バターナイフ

東屋

合宿日記 バター薄斬り名人

バターが超・薄く切れる、 東屋のバターナイフ。 スタッフ野田は、毎朝家族のパンに バターを乗せる担当なんだそうで、 日々のお手伝い成果なのか、 バターを素晴らしくまっすぐ均等に、 1mm~2mmの薄さで切ることができる。 焼けたパンの上にナイフを 少し置いて温めておくといいよ。 と、もっと美しく切るための探求心は まだまだ止まない様子。 私の家のバターというと、 断面が常にナナメ。四方八方から ナイフを入れるから超多角形。 こんなところにも人となりが現れるような…。 四角い箱に四角いバターが 納まっている様子は美しかった。 バターとの向き合い方を考え直した朝。 2016年1月30日 佐島撮影合宿にて。 続きを読む

1/

27

フクロウの群れに、ちぃフクロウ

2年前、フェイスブックで紹介した スタッフが枕元に飾っているという フクロウ2羽、UglaとLittle Barn Owlが 印象的でずっと忘れられなかった。 ↓コレ バードの群れの中にシエッポがいると バランスがよくなるように、 フクロウの群れに、ちぃフクロウは必須かも? そう思って、その後、 うちのUglaにも子分をつけてやりました。 この小さいフクロウ、目の描き方で 表情がおもしろいほど違うので もう買った後だと言うのに、 入荷のたびに全羽顔チェックしに ページを覗いてしまいます。 ハナレ目、ヨリ目、ズレ目、 バカボンの本官さんみたいなの。 今夜もまた、私が目をかけていた フクロウがまだ残っているかどうか 見にいっちゃいそうだー。 続きを読む

1/

26

日本の花、北欧の花瓶

壇香梅、御柳梅、松虫草、 貝母、馬酔木、常盤莢迷、 白文字、青文字、河原撫子、 黄梅、冬蔦、 三椏、雪柳 、 水仙、豆の花、土佐水木。 今回の花撮影はオール和花にて。 声に出して花の名前を読むだけで やんごとない気分に浸れる 日本の植物いろいろ。 ちなみに、二行目は バイモ、アセビ、トキワガマズミ と読むそうな。何回聞いても読めやしない。 さて今日は、和の花を洋の雰囲気で 生けてみようということで、 花と花瓶のページ担当成戸と 花屋さんが試行錯誤しながら いろんな花瓶に生けていくのを、 後ろでジャマになりながら見学。 洋風にしときやした!と言って まとめてブーケ風にするのだろうか。 饂飩でぺペロンチーノ作る感じ? 着物がドレスになってKIMONOになる感じ? 心配ご無用、愛用の器に生けた和の 続きを読む

1/

24

白い羊、時々、茶色い羊。

エコラの毛布の色は 羊の色そのもの。 白い羊、時々、茶色い羊、 Filete Marfimという柄は エコラのスローの中でも一番白い。 白は寝室がぱっと明るくなるし、 一緒に寝るなら茶色の羊より 白い羊と寝るほうが気持ち良さそう。 白い羊のほうが優しそうだし。 葉山の和邸宅の寝室で使ったときの 雰囲気もとても良くて、 こうしてお披露目したくなるくらい Filete Marfim ラブ。 ちなみに、もっと寒くなると 後で買った一番濃い色のNordを 追いスローとして足元に掛け、 さらに寒くなると、スローに変わり、 温かさ最強のブランケットが登場する。 そして今日のような大寒波の夜は もう、全部のっけで。 いろいろだけれど、 うちの寝具毛布は全部エコラ。 とても、満ち足りている。 スコープ 酒井 続きを読む

1/

8

茶箱

東屋

茶箱《深》の使い処 台所にて。

去年の夏の終わりに、 熱波ならぬ湿波みたいなのが来て、 腰から下の位置に収納していた 乾物のストックが、全滅。 干し椎茸って、 干してるのにカビるんだー。 海苔って乾燥剤入れてても ヘナヘナになるんだー。 地味なのに買うと結構高い乾物類が ダメになってしまってショック。 自宅の乾物保管について 新たな対策を考えていた正月。 そこで候補に挙がったのが 湿気、匂い、そして虫からも 食べ物を守ってくれる《茶箱》。 お茶屋や海苔屋で使われるくらいだから 食物保管は間違いない。 乾物が取り出しやすい深型タイプが 追加ラインナップされので ひとつキッチンに置きたいと思ってた。 次の梅雨までに買えばいいやと のんびり考えていたけど、 茶箱は1月15日から結構な値上がりに なると知ってしまったから、 今こう 続きを読む

1/

8

house towel バスマット

SCOPE

house towel バスマット発売までの道のり。

バスマットの大きさ検証中。2015.8.4 そういえば、バスマットを作るのを 忘れてた事に気がつきまして。 今日は、スタッフそれぞれ 自分が欲しいマットサイズを持ち寄り、 乗りくらべてタオルサーフィンしてました。 皆の考えるサイズを集約していくと、 以外にも、ミニバス半分くらいのサイズと フェイス半分くらいのサイズに分かれた。 「くらい」のサイズなら、いっそのこと ハウスタオルのグリッドに合わせれば 畳んだ時の収まりが美しいよね。 ということで、 第一回目のタオルサーフィンを終え、 ミニバスハーフとフェイスハーフのサイズで、 試作へGO!する事になりました。 一人だけ新聞紙を豪快に広げて オレこのくらい。 だってボッタボタで風呂から出てくるし! と大物感を出していたシャチョウも、 固体が大き 続きを読む

1/

8

Sieppo

Birds by Oiva Toikka

Sieppo復刻の第二弾

2015年は久しぶりにオイバ・トイッカと スコープのオリジナルバード製作再開の年となり、 スロ&ソルヤも復刻させたし、 新作キューヒューも作ったし、 何より僕がずっとやりたかった新色を含む シエッポ新章をスタートさせる事もできた。 オイバ・トイッカのアートワークス代表作、 ポムポムの魅力は色合わせにあり、 そのコンビネーションに美しさが 詰まっているのだけれども、 その要素をシエッポは引き継いでいて、 本体とクチバシの独特な色合わせ、 そしてそれらがまた小さくカラフルに 何匹も集まった様が、 まさにポムポム装飾のようであり、 オイバワールドであり、 シエッポ最大の魅力だから、 いつになく気合を入れまして 15色展開としてみちゃいました。 この超展開の目的は超色数を 増やす事だけでなく、 シエ 続きを読む

1/

5

ツノ付き、めちゃかけコートハンガー

このコートハンガーといいますか、 掛けるヤツ、サンプルを愛用する事、 既に3年は経過しておりまして お試し期間が妙に長くなってしまった のは僕が気に入っていない訳ではなく、 気に入り取扱いしようと思った時には 輸入元さんが取扱をやめていたから どうしようかな?ってだけでして、 今や僕の生活には無くてはならない。 僕は素晴らしく気に入ってます。 どーです?これ、あんまですかね? で、輸入する事にしたから 間もなく入ってくるんですけど、 一つ気になってる事があります。 僕の愛用歴が長いからスコープの写真 にチョイチョイ登場してるんですけど 全くもって問い合わせなし。 引越しの時には業者さんから 最も注目を集めたピカイチ家具なのに どうも、どうも、問い合わせがない。 誰にも気にされていない。実はそ 続きを読む

1/

4

ベージュか新色グレーか、やっぱりブルーか。

ベージュのタオルを使って一年半。 そろそろ総入れ替えしたい。 その前はブルーのタオルを一年半。 だいたい同じくらいのサイクルで 買い替えたくなるみたい。 で、次は何色で揃えるかなんだけど、 秋はベージュが特別価格だから、 もう一度ベージュに駆け込む。 かと思いきや、 あと数日後に発売される スコープバージョンのグレーを待ち、 発売と同時に特別価格にするぞ とシャチョウが言ってたのを信じて 新色グレーをお得に揃える。 かと思いきや、 初心に帰ってもう一度ブルー。 また、ブルーで揃えるぞと決めました。 スコープのタオルお得企画の波長と 完全にズレてしまっているけど、 でもやっぱりブルーが好きなんだから いーじゃなーい。 中トロ祭りの回転寿司に入って、 好物のカッパ巻きを3皿連続で取る娘を見て、 続きを読む

1/

2

お節詰め直しまして、一月二日。

今年は、母と私の二人だけだっていうのに、注文したお節が大きすぎた。二日かかってやっとここまで。重箱に詰め直したら、気持ちを新たにえいやぁ!と最後のラストスパート。お節が減るのと同時にお正月気分も少しずつ薄れてだんだんいつもの生活に戻っていくよう。さてゆるみきったこの体、仕事始めまでに、戻るかどうか。

1/

1

あけましておめでとうございます。

実家へ帰る車の中から、フと外をみると 野生の猿が三匹遊んでました。 こりゃー、縁起がいいぞ!と そう思ったのですが、よく考えてみると 12月31日の事だから、いいのかどうか よくわからない。でも、まぁ、 ニュアンス的に悪い事はないでしょう。 昨日の夕飯はすき焼きでした。 肉はフィンランドのアラビア、 アピラプレート26センチに盛られてました。 同じくフィンランドのイッタラ、 アイノ・アアルトタンブラーで酒を飲み、 コーヒーは廃番柄のムーミンマグにて。 この15年間、食器はもういらないって 若干キレ感含みのギブアップ宣言を親から 直接言い渡されるまでスコープの取扱食器を 手土産し続けた結果なのですが、 両親はそれをずっと気に入って使い続けてて、 そのモノ自体の価値もなんだか買った時より 高くな 続きを読む

12/

31

除菌 消臭剤

A2Care

大晦日、神社の焚き火臭にエーツー

子供の頃、大晦日から新年にかけて 深夜に出かける初詣は特別な日だった。 紅白歌合戦が終わり一転、 厳かすぎるゆく年くる年に 母親のテンションがゴーンと落ちて、 子供にとって最大のNGワード 「お母さんもう寝よかな。」が発される前に、 すぐさま上着を羽織り玄関を出る。 そして神社で甘酒を振舞ってもらい、 子供なのにお酒飲んじゃったわぁ。と、 年一度の未成年飲酒を喜ぶ。(甘酒には お酒が入っていない事は知らない。) そうやって毎年家族で、近所の神社へ 出かけた年末恒例の思い出。 そこそこ大人になると、そんな思い出に 混じって悲劇的な経験が訪れる。 それは夜中の初詣が明けた元旦の昼過ぎ。 猛烈ヒマだし、コンビニでアイスでも 買ってくるかとコートを羽織った瞬間に やってくるキャンプファイヤーの臭い。 続きを読む

12/

28

ムーミン博物館へ行こう!ヘルシンキからタンペレに日帰りの旅

*********************************** この記事の情報は2015年12月のものです。 現在、タンペレのムーミン博物館は 記事とは違う場所で新規オープン しています。詳しい場所は以下のHPで ご確認ください。(日本語あり) http://muumilaakso.tampere.fi/ja/museo/ *********************************** 12月の初旬から行ってきた フィンランド出張。 その終盤に差し掛かった日曜日、 なにも予定の入っていない フリーな1日がありました。 出張では滅多に無い、珍しいこと。 シャチョウと玉木秘書は ホテルで仕事するとのこと。 独り取り残される花井。 そんなこともあろうかと ヘルシンキから日帰り出来る 続きを読む

12/

23

では、みなさん、頑張って

さてさて買い集めた 食器やキャンドル、テーブルクロスと、 手元には演出をお手伝いしてくれる 仲間が揃っているだろうから、 ここからはスコープではなく、 みなさんのパゥワァ―次第。 どんな風にどんな組み合わせで食器を使うか、 どんな料理を作るか、どんな流れにするのか。 テーブルに食器を並べ、 イメージを膨らませてみるのは とーーーーってもイイ事ですよ。 実際に置いてみると、 想像していたのとはバランスが大きく違う という現実を理解できますから。 料理する前で良かった! とにかく、食器やキャンドル、 花瓶のセットアップを実際に 組み上げてみましょう。 今回のクリスマステーブル提案組み上げて みましてーのレポートは以下の通り。 大事だなって思ったのは やり過ぎない!です。 いい道具が揃っていれば、 続きを読む

12/

22

西川きよしこの夜

キャンドルを灯すという習慣は、 フィンランドのような北欧の国と比べると まだまだ日本では浸透しているものでは ないんだけど、やってみると 大の大人でもテンションが上がる 素敵な演出だから、そこは一つ、 キャンドル先進国の皆さんに習い、 火を灯すことをしてみましょう。 辺りが真暗になってからではなく、 まだ明るいうちから火を点けて、 日が暮れはじめる黄昏時を、 いい雰囲気にするのだ。 クリスマスはこうした新鮮で暖かな 演出が効くよ。普段はガラスの キャンドルホルダーを使う事が多いけれど、 色々なキャンドルを取り入れてみよう。 PROOF OF GUILDの Art Worksキャンドルスタンド、 こうした特別な物が其処にあったなら、 それはそれは素敵な演出になるでしょう。 一本の太い桜の木を、 続きを読む

12/

22

干す男2015 総清算

今年一年は使った花や植物をできる限りドライにしてみよう。 そうすれば、使った花が長く楽しめる。 そして、一年の最後には、ドライになった植物を使って クリスマスリースが出来たらいいな。 そんな気持ちで始めた「干す男」シリーズ。 12月も中盤に差し掛かったある日、衝撃の書き込みが掲示板に! 「干す男2015…まさか本当に干されましたか?」 確かに、ページを見たら、最終更新日は6月。 だいぶ音沙汰なしでございましたが、安心してください。生きていますよ。 忙しさにかまけてそーっとしておいた感 満載ですが、2015年の最後くらい何とかせねば!と。 せっかくだから、年初めに考えていたリースを実現しよう。 そう決めたのが12月11日。 花屋さんにも急いでもらって、ばたばたの17日撮影の本日アップ。 何とか 続きを読む

12/

21

エッグノッグとエッグ

風邪をひくと母親が 酒抜きの玉子酒をいつも作ってくれた。 酒抜きの玉子酒、砂糖と卵をお湯で 濃いめに溶いただけの甘い玉子湯。 それを寝しなに飲みたくて 風邪をひいたようだってチョイチョイ 嘘をついていた事を、 思いっきり欧米気取りで飲んだ エッグノッグで思い出した。 エッグノッグってのは、 僕が昔に好んで飲んでいた玉子酒を 少しミルキーにしただけのものなんだな。 お湯が牛乳に変わっただけ? これもなかなか、甘くておいしい。 欧米ではクリスマスシーズンに 広く飲まれているそうだから、 寒い冬は何処に住んでる人であっても、 こってりとした甘い飲み物が 飲みたくなるのカナ。それも玉子かぶり。 大人になったので、 砂糖をちょっと控えめにして、 ウィスキーやブランデーを入れよう。 マデイラ酒でもいいと 続きを読む

12/

19

座れる、頼れる、床上収納

可燃ゴミ袋、不燃ゴミ袋、 資源ゴミ袋、溢れるレジ袋。 三角コーナーネット、キッチンタオル アルミホイル、ラップの買い置き、 重たい2Lの水とお茶。 キッチンの必須アイテムなのに、 収納スペースから溢れがちなものが、 キッチンテーブルの真下、 ファティーに収納されていています。 そして時々引っ張り出して、 イスとして座ったりもしています。 口が半開きなのは、 何度も開けたり閉めたりするので、 とうとうロックするのが面倒になり、 さらに調子にのっていろいろと 詰め込み過ぎたから、の結果図。 バッチンとロックされていると もっとカッコ良いんですけどねぇ。 Schmidinger module / Fatty Containers https://www.scope.ne.jp/schmidinge 続きを読む

12/

18

ジャグにはローズマリー

最近いり浸り気味、 そんなお気に入りのカフェで注文した ケーキを待ちながら、口にした水が とっても爽やかで美味しかったから、 店員さんの動向をしばらく眺めていると、 手にしているピッチャーの中に ローズマリーとライムが浮かんでいた。 ローズマリー、肉料理によく入っている 独特な香りを放つあれか。 入れすぎるとちょっと苦手なあれだ。 しかし水に沈めると良い具合に 上品な香りを含ませ、いつもの水が こんな特別な一杯に変わるのかと少し驚く。 さすが話題のカフェーは水の味も違うのだと、 その洒落た取り合わせに感心した。 それで僕の生活に早速取り入れまして、 クリスマスのテーブルへ。 ローズマリーとライム入りの 炭酸水を常備し、ワインの合間や ノンアルコール派ののどの渇きを いやすのに一役買うことにな 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10