お正月に使う時が一番盛り上がる。 だって名前が、重箱。

年中使ってる器だけど、
お正月に使う時が一番盛り上がる。
だって名前が、重箱。

重箱を使い出してから、
数回の正月を迎えて、
だんだんと自分なりの
正月使いが定番化してきた。

大きい重箱には、
海老とか卵焼きとか蒲鉾とか、
隣に影響を及ぼさないおせち。

小さい重箱には
汁々している黒豆やイクラ、
補充必至の栗きんとん。
食事の度に洗えるので清潔でいい。

と、偉そうに詰め方を語ってみたけど、
肝心のおせちを作るのは実家の母で、
私は出来上がったものを
お裾分けしてもらい重箱に詰めるだけ。

いかんいかん、こんなんじゃ
将来、嫁いだ娘にふじっ子の黒豆を送る
おばあちゃんになってしまう。

今年こそは、母に黒豆の煮方を
教えて貰おうと決意したけど、
そういえば、錆びた鉄釘って
今時どこにあるのだ?という
どうでもいいことの方が気になっている。

スコープ 酒井

TIME & STYLE / 重箱
https://www.scope.ne.jp/time_and_style/jyubako/

text:シャチョウ