• カート

すごいブランケット。

すごいブランケットを近々販売開始します。 ここ数日、会う人、会う人にこのブランケットの話をしてしまいます。 ちょっと興奮気味なわけ(笑)
ポルトガル、マンテイガスという 12世紀から毛織物が行われてきた山合いの小さな村。 そこで19世紀末から3代に渡って毛織物続けている メーカーのブランケット。 (ManteigasってGoogle Mapに入れてみればどんなところか  なんとなくわかりますよ!) 驚くべきことに。 自分たちで使う羊毛は羊を飼うところから 始めているんです。 びびる。 除草剤などを使わない牧草地で育てた自社の羊の毛を刈り その羊毛の50%程の良質な部分を、化学染料を使わず 自然の色合いのまま織物に仕上げ製品にする。 羊毛の洗浄などにも山の湧水を使い 製品に仕上がるまでに化学物質は一切使われていない。 ちょっとその背景を聞いただけでしびれ、惹かれ そしてオーダーをいれてしまいました。 で、入荷完了。 僕たちも実際にブランケットを見たのは最近です。 そして。 実物を見た感想は。。。。 とんでもなく良かった。 それが正直なところです。 スタッフも超盛り上がりました。 スタッフは買えないんですか? 買えないなら絶対来年は沢山入れて下さい。 そんなリクエストがあるぐらい。 驚きました。 興奮しました。 ざっくりした感じですがナチュラル感抜群で 全体から漂ってくる何もかもがイイのです。 ちょっとした混入物なんかもよく見るとあるの ですが、それすら良く見えてきます。 輸入元の担当者さんが今年3枚買ったって言うのが リアルにわかりました。 数があれば僕も家族分買いたいもん。 特にあおるわけじゃないのですが これはね、実物を見たら盛り上がると思います。 あと、もうひとつ、驚くべきポイントがある。 それはプライスです。いくらだと思いますか? 答えはメルマガや販売ページで。 今伝えると面白くないから(笑)
今回は実物見ないでのオーダーだったから 入ってきた数量も少なくて各柄10枚程度で終わり。 本格的に取り扱うのは来年からってことで。 今年、このブランケットをゲッツしようと思ってる方がいたら 今週末あたりに配信予定のメルマガチェックは必須ですよ~。 あと!!! これはまだ入荷は先なアイテムですが 嬉しかったのでご紹介します。 僕の愛するClaydiesの新作のサンプルが とどきました。
True Feelingのキャンドルホルダー。 True Feelingをノーマンが製品化するというのは昨年聞いてて 個人的に楽しみにしてました。 でも僕の予想は食器だったから ちょっとハズレ。 キャンドルホルダーでした。 でも、このキャンドルホルダーも凄くカワイイ。 これから色々広がっていくといいなぁー って思ってます。 ClaydiesのTrue Feelingのページへレッツラゴー 値段は1個2000円ぐらいになったらいいなぁと思ってます。 クリスマスとかに間に合えばよかったのにと思う日々です。 色々盛りだくさんのスコープですが みんなのお気に入りが1つでも見つかって この冬、クリスマス、年末が楽しく盛り上がったり 気持ちよく過ごせたりしたらいいなぁーって思ってます。 全部に手を出すと危険ですから これは!って物を選んで是非ゲッツして行って下さいませ~。

text:シャチョウ