• カート

Exhibitionの案内状

Exhibitionの案内状が届きました。 それもフィンランドから。ちょっとビックリです。 2月に行ったリーヒマキのガラス美術館からでした。 Exhibition:2007/5/11~2007/8/26 Opening:2007/5/10 19:00~ Welcome! って書いてあるから、 僕もこのオープニングに参加できるって事? 何かすげーなー。オレ。 やっぱ、長生きに目覚めたから違うのかな。 昨日も肝臓病のテレビ、猛チェックしたし。 きっと神の思し召しだよ。 『頑張れよ!ダイエット!』って。 さて。話は戻りますが。  Finns at VENINI  Tapio Wirkkala Timo Sarpaneva Harri Koskinen VENININ suomalaiset って書いてあります。 いったいどんな展示会なのか全くわからないんだけど とにかくスゲーんですよ。ゴイスーにゴイスーなんですよ。 (何の根拠もなし) コスキネン様の名前があるし。 そう!コスキネンの名前があるんです。  (↑もちろん何の面識もないです。   友達になりたいだけです。   一緒にPS3でガンダム無双をやりたいです) って事はOPENINGには彼は来る確率大の字。 オイバも来るのかな。来そうだな。 そしたら僕の事を憶えててくれて、コスキネンに紹介してくれ るんじゃないのかなぁ!なんて思うんですよ。 『彼は日本で唯一のパーマを許可されたスモーレスラーだ』って。 そしたらコスキネンに『永谷園のあさげ・ひるげ・ゆうげ』を 100食ぐらいプレゼントして味噌汁なしでは生きられない体にして、 そこですかさず、『御碗を一緒に作りましょう!』ってリクエスト! コスキネンがデザインした御碗はきっとTeemaとも相性がよいはず だって直感働いてるんで、これでまた1つ僕の穴が埋まるんでござい ます。 いいなぁー。行きたいなー。 『よよい!ちょっと展示会行ってくるよ』 なんて明後日の展示会OPENINGに行ける感じ。 どんなミラクルが起きても無理だけど、いいね~。 カレー食べにインド行こうぜ~って言ってる小学生の冗談レベルで スンマセン。ちなみに僕35歳です。 そんなこんなで、妄想膨らむも行く事はできず。 残念ではございますが、こんなに楽しい妄想を膨らませる切欠を ご丁寧に郵送してくれたリーヒマキの美術館に感謝です。 また行きたいです。 そうそう。珍しく今週金曜日に東京へ行く事にしました。 grafさんとflameさんがリビング・モティーフで展示会をやってる んで見に行こうと思っております。約1年ぶりのトンキンです。 狩られないように注意します。

text:シャチョウ