• カート

マニラ フィリピン 2

二泊三日でマニラへやってきましてー 初日を終えー、ブログをアップしようとー パーソナルコンピーピーの前にいるのですがー 恐ろしい事に デジタルキャメラとPCをつなぐ コードを お家に忘れてきたようです。 まぁサクっと諦め 数枚の携帯画像でお届けします。
↓空港からホテルへ向かうタクシーの中にいるメガネ ↑初めての時ほどではないにしても、やはり、少し、緊張します。 僕がマニラへ行くというと 怪しまれるのもわからないでもないんですけど 実際、あんま怪しい事はなく、なくなくなく! 単に、物探しです。 ハンドメイドな いい物が見つかるかな? って思って来てみました。 これからオリジナルも作るし いい物を作ってくれる所が 僕らには一番大事なので これから作ってくれる所探しを強化していこう! そう思っているわけであります。 といっても アジアに方向転換するってわけじゃなく いや、そもそも、 あんま国とかのククリは考えてないので 何にも縛られず非常に自由にやっていきたい! と思っているのですが物の匂いっていうか 方向としてはクラウスのショールみたいな事かなー って思って貰えるとわかりやすいかも。 あれも クラウスがデザインしてるけど 生産はインド。いい物です。 即決めたい事もありましたし。 前にマニラに来た時に出逢って 気になり続けているクッションカバーを ちこっとサンプル含みでオーダーしてみました。 2年越しなので、やっと!って感じ。 工場があるのは少々?ドキドキエリアっぽいけど いつか生産現場の取材にもいってみたい。 どーんとスコープで取り扱う時にはさ。 で、他は、まぁー 僕的にはアレ、ピンと来なかった?んだけど ふと立ち寄ったブースで見た コットンブランケットに思いっきり 惹かれてしまいました。
フィリピンの田舎の方で織られている コットンブランケット。 昔からずーーっと作られている物なんだけど あまり広く販売された事はないって説明を受けました。 実際良く調べて見てみないとわかんないんだけどね。 でも、1人で45日間かけて1枚を織る。 途方もない作業量で完成しています。 ステッキも刺繍(あれば)オール手仕事です。 こういう物はなかなか見る機会ないですよね。 とんでもなく高いですが。 これ見た時、あーあの、あの柄を織ったら どんなに素晴らしいだろうって興奮したわけ であります。実際に作るかもしれないから まだ内緒ですけどね。セコ! でも、これだけでも来て良かったかな? って思う。いい素材発見!です。
今回のホテルはお友達のカリスマバイヤーさんに 教えて貰ったソフィテル。前に泊まったホテルより 格段によかった。もっとゆっくりスケジュールに しておけば・・・よ・・・かっ・・た(笑) 夕食はフィリピン料理のカマヤンへ。 セレクト理由は地球の歩き方にドーンと出てたから。 ホテルのディナーが4000円以上して高かったから。 もっと老舗的な雰囲気かと思えば 非常にオープンなファミレスオーラあり。 で、フィリピン料理のビュッフェがあって それが僕のような初体験者にはよかった。 子豚を丸焼きにしちゃったレチョンもありましたし! これは2人じゃオーダーできましぇんもんね。
料理の種類も30種類ぐらいあり 地球の歩き方にでてた 代表的なフィリピン料理は ほぼ全部試すことができちゃいました。
デザートもいくつかあって 自分で好きにハロハロ作れて 美味しかったし楽しかった。
で、一人385PHP 1PHP20円ぐらいとすると 770円!!!なーいす。 来年もまたこよーっと!

text:シャチョウ