• カート

Artek 2nd cycle

Artekの「2nd Cycle(セカンドサイクル)」 もともとは古いスツール60と新しいスツール60を交換して 古いスツール60を集め、そこにチップを組み込み そのチップに今まで使われてきた場所などなどの歴史を 刻んでいくという所からスタートしています。 今も全てのアイテムにチップが組み込まれているわけでは ないのですが、Artek自身が古いArtekの製品も集め 再度販売している。そいうったお店を持っているというのは 素晴らしいことだと僕は思うわけです。車なんかは中古車も 扱ってて、分野によっては当たり前なんだけど このインテリアに関して言えばまだまだですよね。 家具は大きいから使い捨て感覚はそろそろ禁呪化しないと いけないような気が僕は非常にしております。 数年でゴミなってしまいそうな家具が大量に積まれている 売り場を見てしまうと、「これがゴミになる事を考えると・・・」 って頭をよぎり、背筋がゾッゾッとします。 ちょっと最近そういうお店に入れない。重症です。僕。
↑この人はかなり有名なコレクターでディーラーでもあるヨハニさん。 ↑最近とても気が合っております。 さて、僕らがここにくる理由は 資料収集という名目で 欲しいビンテージをゲッツするためであります。 今の興味は圧倒的にStool60とChair69。 Chair66の方が69より人気高し!みたいですけど 僕的にはChair69が非常に魅力的であります。 で、多くのビンテージディーラーさんやコレクターの人に 教えて貰いながららStool60の変遷といいますか 生産年代別の特色を調べようとチャレンジしているのですが みんな僕らが質問を開始すると閉口気味(笑) でも、少しづつ情報を集めながら、整理してシルスコープ としてアップできたらなって思っています。 誰もそんな事をやろうとした事が実はないみたいで 正直非常に苦労してますが、なんとか完成させますね。 お楽しみに。全面協力は北欧家具taloの太郎さんです。 さっきアクセスしたら1940年代のChair69が4台売られている! 値段も新品と変わらないぐらい。凄くイイと思いますYO!!!
1935年ぐらいに作られたスツールが 今でもガンガン現役で使われてるわけです。 当たり前のようだけど、なかなかないことだと思う。 脚も接着してるわけじゃなくてネジ止めだから 脚だけ交換したり、飽きてきたらペンキで塗ってみたり。 色々なStool60があるのが一番の魅力です。
こんなビニールシートを貼りこんだ ホッチキスうちのタイプ。 これも1940年代後半~1950年代前半だって人もいれば 1960年台後半~1970年代後半だって話もある。 それぞれにちゃんとした理由もある。そこが面白い。 でも、僕がいろいろ調べて聞いた感じでだと これは多分1940年代後半~1950年代前半だなって思う。 凄く面白い世界なのでみんなで知っちゃいましょうね~。
とにかく! 僕らが生まれるずっと前に作られた物が 今でもゴミになっていなくて 価値を失わずに使われ続けているのは素晴らしい。 誰かがゴミに出しても、誰かが拾っていく世界。 物を作るなら、そんな風になる物を作らないと。 その後ゴミになるかどうかは買った瞬間にわかるもんね。正直。 ビバ!Artek! もちろん他にもいい家具のブランドは沢山あるんだけど あんまネットショップだけだと取引してくれないんだよね。 だから、まずは門戸を開いてくれたArtekを全力で頑張ってみる!! オッス、オラ悟空!です。

text:シャチョウ