• カート

父親の肖像

なんだか忙しい日が続いていて
久しぶりに子供達とゆっくり話をした気がする。

子供達(小6の娘と中3の息子)が僕の絵を書いてくれた。
そして、完成した絵は妙な方向へいってしまっていた。
大笑いした。
 
娘のは完全にモーホーくさい。
懐かしい表現をすると保毛尾田保毛男である。

そして、息子の絵は。
何故かコロコロである。

コロコロコミック。
僕の小学生時代はコロコロ一色だったわけなんだけど
(ボンボン派ではなかった。でもプラモ狂四郎だけ読んでた。)
息子はほとんど読んだ経験はないはずである。

ないんだけど、コロコロくさい絵なんです。
わかる人にはわかるはずです。

なんでだろー。僕の記憶が息子に遺伝したのか?(笑)


息子が絵を書きながら

『あーしまった!ハナクソを鼻より大きく書いちゃった!
 あっ間違えた。ホクロ。』

といって大笑いした。

僕は怒るわけでもなく、ただ頭の中に
吐息でネットを歌う南野陽子の映像が流れ
息子の頭にも彼が未だ見ぬ
ナンノ映像が同じタイミングで流れたかもしれない
なんて事を考えていたりした。

そして何故か
毎週月曜日は仕事を早く終えて映画を必ず見に行こう
そう決心したのである。
 

text:シャチョウ